FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

【エッチ体験談】家族が寝静まった深夜、妹が俺の布団に潜り込み、俺たちは裸のまま抱き合うのだった

誰もが深い眠りに落ちる午前2時過ぎ。
そっと布団の中へ温かな感触が訪れ、僕に絡み付く…。

「恭子…。」
「おにいちゃん…。」
二人は唇を重ねて、何度も熱い息に包まれた。

白いスリップを脱がせると、まだ膨らんでいない胸があらわになる。
猫のオッパイの様な恭子の乳首を指で摘まみ、口に含む…。

「おにいちゃん、優しくして…。」
舌先で転がし、時折口の中へ吸い込んだ。
「はぁ…。気持ちいい…。」
幼い恭子の声が漏れる。

【PR】結婚してるのに旦那とはセックスレス。だからここに登録しました

「今度は、こっちのオッパイだ…。」
僕の手は濡れた乳首に移り、それまで十分に指で摘まんだ乳首を口に含む。
「あぁ…。おにいちゃん。いい…。」
6歳の少女は、胸への愛撫にすっかり酔っている。

少し開いた恭子の唇を、僕の指がなぞる…。
すると、スポッとその指を口に咥えて、舌で舐め始めた。

指をゆっくり出し入れすると、中で舌が絡み付いて来る。
「恭子、違うものが舐めたくないかい?」
僕の指をしゃぶりながら、ゆっくりと頷く。
「何を舐めたいの?」
「う…ん?」

僕の悪戯っぽく笑う顔を見ながら、恥ずかしそうな顔の恭子。
「言ってごらん。」
それには応えず、僕のペニスを握る恭子。
「何が欲しいの?」
「おにいちゃんの…、これ…。」
僕のトランクスの上から擦り始めた…。

「これって、何?」
トランクスのゴムを少し上げて、中に手が入って来る。
「いじわる…。」
もう、すっかり背伸びをしていたものが、小さな手で擦られる。

「恭子…。おにいちゃんの、いっぱい舐めてね。」
「…うん。」
恭子は、僕の上に乗った。


トランクスが脱がされ、僕は甘い時間を深く感じていた。
そして、湿った空気を感じ、ゆっくりと吸い込まれて行く。
長い髪が上下に揺れ、目の前では白いパンティが揺れる。

快感に酔いながら、僕の両手が恭子の小さなお尻を引き寄せる。
目の前に純白が広がり、甘酸っぱい香りにすっかり包まれた…。

「恭子の匂いだ…。」
可愛い妹の香りを嗅ぎながら、その妹に愛されている…。
恭子の動きが段々と速くなり、舐める音、吸い込む音も大きくなる。

「恭子…、いいよ。」
僕は我慢出来なくなり、腰が震え始めた。
「おにいちゃん、出して…。」
一瞬、恭子の声が聞こえ、白いパンティが顔に押し当てられた。
快感に匂いが加わり、僕は絶頂に達した…。

「恭子…、イクッ!」
そして、恭子の喉元深くにペニスが吸い込まれた。
「うんぐっ、うんぐっ、うんぐっ…。」
放たれたものは、即飲み込まれていった。

「はぁー、はぁー。」
僕の手は、恭子の小さなお尻をグッと掴んで離さなかった…。
「恭子、良かったよ…。」
余韻が続いた。

「おにいちゃん…。」
耳元に、恭子の優しい声。
「うん?」
目を擦ると、そこには恭子のすねた様な顔。
「恭子、ひとりぼっちになっちゃった。」
果てた後、僕は眠りへ入ってしまった様だ。

「ごめん…。」
「いいのよ。」
恭子が、僕の胸に飛び込んで来る。

「明日は、恭子にしてね…。」
とても温かい恭子の体だった。
「分かった…。」
僕は、恭子を強く抱きしめた。

もっとエッチな体験談を探す   FC2 ブログランキング

「秘密のH体験談」では読者様のエロエロな体験談を募集しています。
読者様の体験談投稿、閲覧はこちらから
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。