FC2ブログ

【エッチ体験談】女子大生と旅行に行ったら最悪の事態に遭遇しつつHな展開へ・・・

昨年の夏、俺(××)は女子大生のN子と2人で旅行に行った時の事。




N子とは塾のバイトで知り合い、就職の内定祝いとして旅行に誘った。




レンタカーで2泊3日の旅。




初日は旅館で宿泊した。




俺は今彼女はいないしN子も彼氏はいないが、2人で宿泊旅行はお互いドキドキだった。




N子とは特に肉体関係もなく、2日目。




その日は山奥のロッジで宿泊した。




周辺は何もなく、雑木林に囲まれた自然豊かで静かな一軒宿。




夜になると真っ暗になり、夜空には満天の星空が見える所だ。




夕食の買い出しにコンビニまで30分ほど車を走らせ、ロッジに戻ってきた。



N子と2人でこんな山奥のロッジに宿泊なんて夢のようだ。




ロッジの居間で、2人でテレビを見ながら買ってきたパンやデザートなど食べ、楽しく過ごした。




俺の頭の中はN子とのエッチで一杯だった。


【PR】結婚してるのに旦那とはセックスレス。だからここに登録しました

ちなみに、N子は黒髪ショートヘア、体格はスレンダー、貧乳でAカップかな?



普段は黒ブチ眼鏡をかけていて、真面目でウブな清純女子大生という感じ。




しかし、就活中のリクルートスーツ姿を見た時は眼鏡をしてなかったので大人っぽく見えてセクシーだった。




今日はチェックのブラウスとデニムショートパンツ姿でスラッとした白い素足が色っぽく見えた。




「シャワー浴びてくるね」



夜も20時頃、先にN子が浴室へ。




俺はN子の裸を想像しながら居間でテレビを見ていた。




居間の隣にドアがあり、中には洗面室、浴室とトイレがある。




浴室からシャワーの水の音がする。




俺はドキドキしていた。




しばらくしてバスタオルを頭に巻いたN子がドアを開けて俺のいる居間にきた。




「お先に。

××もシャワー浴びてきたら?」




N子に勧められ次に俺がシャワーを浴びに浴室の横で服を脱ぎ浴室に入った。




…しばらくシャワーを浴びて浴室のドアを開けると、俺は驚いた!



なんと、先ほど脱いだ服がない!



Tシャツとトランクス、短パンが。




ロッジにはN子と2人だけだ。




N子が隠した?



浴室に繋がるドアの鍵を掛けるのを忘れたのが俺の不注意だったが…しかしN子がそんな悪戯するはずがない!



俺はすぐ辺りを探したがバスタオルすらない!



小さなプチタオルが置いてあるだけだ。




俺はその場で居間にいるN子に向かって大声で叫んだ!



「Nちゃん、俺の服隠した?服もバスタオルもないんだ!」



N子から返事がない。




テレビの音だけが聞こえる。




何度も呼んだが…俺は、これはおかしいと思い、とりあえず濡れた身体を傍にあったプチタオルで拭いて、股間を隠しながら居間のドアを開けた。




N子に全裸の姿を見られるなど恥ずかしく…ドアから顔だけ出して覗いた。




すると、その光景に驚き、俺は身体が凍りついた。




なんと、N子は手足を縛られ、口は布で塞がれ横になってもがいているではないか!



「Nちゃん!」



さらにその奥から見知らぬ男が2人と女が1人立っていた。




…強盗か?ヤバい。




「うぐぐ!」



N子が必死で俺に助けを求めているのが分かった。




3人は俺の存在に気づくと、男達は身動き出来ないN子を押さえつけた。




「おい、暴れると怪我するぞ!」



1人が暴れるN子の腕を掴み、もう1人の男がナイフをちらつかせた。




俺は恐怖で動けなかった。






…これはヤバい!N子が危ない!



全裸で仁王立ちしている事を忘れて。




すると女が俺に近寄ってきた。




黒髪のロングヘアで背が高く、スタイルもよくてセクシーな女だ。




Tシャツに可愛いフリルスカート姿。




とてもこんな行為をするSな女とは思えない。




年齢はN子と同い年くらいに見える。




「あんた、素っ裸で恥ずかしくないの?」



俺はその言葉に我に返り、思わず持っていたプチタオルで股間を隠した。




「うふふ、服は私が預かってるわよ」



「その子を離してくれ!服も返してくれ!」



すると男が言った。




「助けて欲しかったら金出せ!」



「こいつ、ほとんど金持ってねえぞ!」



2人の男は茶髪でいかにもヤンキー風の若者だった。




「おっさんは持ってるだろ?」



すると女が俺に言った。




「あんたたち親子2人で旅行?…あんたのカバンは2階ね?」



男がテレビを消すとすぐに二階へ向かう。




…ヤバい!カバンには旅行に持ってきたお金が入っている。




約8万円ほど入っているが、盗まれたら帰れない。




それよりN子を助けないと…しかも全裸はヤバい!



「彼女を自由にしてやってくれ!」



すると、女はどこからかオモチャの手錠を取り出し、



「助けたかったら抵抗しない事」



そう言いながら俺の両手首を掴むと、…ガチャン…一瞬の事だった。




俺は全裸のまま手錠を掛けられた。




「はい、ここに」



女は俺の手錠で自由を奪われた手首を掴むと、階段の柱に手錠を紐でくくりつけた。




「な、何をするつもりだ?」



俺は万歳の格好で身動き出来ない状態にされた。




全裸で。




…恥ずかしい。




女が俺の股間を見つめる。




「ハハハ、ちっちぇチンポだな!」



俺のぺニスは恐怖で縮んでいた。




N子に自分のぺニスを見られたくない。




男も俺に目を向けて



「お嬢さん、お父さんのチンポ見てみろよ」



どうやら3人は俺とN子は親子で旅行に来ていると思ったらしい。




N子は泣きながら必死で俺に助けを求めている。




「うぐうぐ」



俺の全裸姿には目を反らしているようだ。




すると女がいきなり俺の縮んだぺニスを握った。




…ムギュ…



「あぎゃ、ひいい、やめてくれ!」



女はニヤリとしながら、抵抗出来ない事をいい事に俺を弄んだ。




…シコシコ…女は俺のぺニスを包み込むように握ると、激しくしごきだした。




…アアア、か、感じてきた、気持ちいい…ヤバい!



「うふふ、チンポ、立ってきたわね。

…ほら、固いわ!」



…クチャクチャ…女の巧みな手コキに感じてきた。




ぺニスの先からガマン汁が溢れてきた。




…クチャクチャ…クチャクチャ…女の指に俺のガマン汁が絡みつき、静かなロッジ内で卑猥な音が響き渡る。




「アアア、やめてくれ!…ひいい、」



俺は女から逃れようと腰を振り、両足をばたつかせる。




両手は頭上で手首を手錠で固定されているので自由がきかない。




…ギギギ…手首が痛い!すると2階から男が降りてきた。




俺のカバンからお金の入った袋を持っていた。




「兄貴、あったぜ。

8万あるぜ!」



…畜生!見つかったか。




でも、お金よりN子の安全が第一だが。




女は気にせずぺニスの先端部を指で撫でながら、カリを包み込む。




上下に激しく、時には優しくしごく。




「ほら、ここ。

…気持ちいいだろ?」



女はぺニスの裏スジを撫で回す。




なんという女だ。




男の性感帯を熟知している恐ろしい女だ!



…クチャクチャ…クチャクチャ…



「もっと気持ちいい事してやるよ」



女は口内に唾液を大量に溜め、ぺニスに向けて唾液を垂らした。




…トロトロ…唾液は涎となって糸を引き、ぺニスと女の手に垂れ落ちた。




女は自分の唾液を絡ませながら、俺のぺニスを再びしごきだす。




…クチャクチャ…クチャクチャ…



「あうう、ひいい、ダメええ、」



「アアン、いやらしい音。

凄く固い!」



…クチャクチャ…クチャクチャ…卑猥な音が響き渡る。




「ダメええ、やめてくれ!…ひいい、」



「ほらほら、絶対チ●ポ離さないよ。

…まだイクなよ」



するとその時、テレビの横にある受話器が鳴った。




…リンリン、リンリン…



男が声を出した。




「や、ヤバいぞ。

そろそろ出るぞ!」



「管理人からだ!」



俺は女に向かって言った。




…助かったかも。




しかし、逆に彼らは動揺し、俺達に怪我を負わせるかも。




最悪は殺される?



すると、女は短パンのポケットから細い紐の付いた手錠の鍵を取り出した。




受話器の音が止まった。




「結花、早く…金持って出るぞ」



「分かったわよ。

じゃあ、あんたのチンポに鍵を結んでやるから、娘に取ってもらいな」



「な、なに?」



女は俺の前でしゃがみ、反り返ったぺニスを掴んで鍵つきの紐で根元をグルグル巻きにした。




「おい、早く、そいつは放っといて」



男たちはお金を奪い、すぐにロッジから逃げ出した。




女も追うようにロッジの出入口に向かう。




「娘は自由にしてやるよ」



女はN子の両手に縛られた紐を解くと。




「服ももらってくよ。

じゃあな、イカせなくて残念。

…あんたがしごいてやんな」



そう言って立ち去った。






N子は泣いたまま動けない。




その後は…恥ずかしく…N子に…。




■続き

3人組の強盗が逃げた後、N子は泣きながら足に縛られた紐を自分で解き、



「××、ごめんなさい…私がドア開けたから…」



全裸の俺を見るのが恥ずかしいようで、俯いたまま言った。




後でN子から聞いたが、俺がシャワーを浴びている時に女がロッジの玄関に現れて、外から



「道に迷ったから教えてほしい」



と言っているので鍵を開けて外に出たところ、いきなり3人が私を押さえて中に入ってきたと言う。




「Nちゃん、怪我ない?大丈夫?」



「私はだ、大丈夫だよ…それより××は?」



「俺は大丈夫。

心配しないで。

…」



まずは自由になりたい。




手錠を外したい。




でも、鍵が俺のぺニスに紐でくくりつけられている。




N子に紐を解いてもらうしかない。




「××、手錠、外したいから…ご、ごめんなさい」



N子は下を向いたまま俺に近寄って、向き合った状態でしゃがんだ。




ゆっくりと俺の股間に両手を伸ばす。




まだぺニスは勃起したまま。




というか、N子に触られると思うと余計興奮し、手コキされていた時以上に硬くなっている。




山奥の静かなロッジ内には俺とN子の2人だけ。




しかも運がいいのか悪いのか、全裸の俺に膝まづいてぺニスに触れようとしている。




強盗が来なかったらこんな興奮する夢のような状況になるはずはない。




幸い2人とも怪我はない。




ただ、N子の精神的ダメージと、俺のお金と服が盗まれた事がショックだった。




「Nちゃん、ゴメン」



N子は男のぺニスに触れるのは初めてのようで、緊張して手が震えている。




家族は妹が1人の母子家庭で、今まで彼氏もいないので、キスした事もないらしい。




ましてや男の裸に触れた事もないだろう。




俺は緊張するN子の姿を見下ろしながらドキドキして、ぺニスは反り返ったまま。




N子の震える手がついにぺニスの根元に触れた。




「あっ…」



N子は俺の股間から顔を背けながらぺニスの根元に縛られた紐を解いていく。




しかし、N子に触られる事で俺はますます興奮し、紐が固く根元に陰毛と絡みつきなかなか解けない。




…ひいい、痛いよ、ヤバい!N子も次第に焦る。




ぎこちない手つきで紐を解こうと必死だ。




指がぺニスや陰毛に触れる度に緊張して震える様子が伝わってくる。




「××、ごめんなさい…取れないよ…ハサミとかないか探すから、待ってて!」



N子は立ち上がり、洗面所やキッチンで探すが見つからない。




その時、俺はN子とのエッチを想像しつつ、とんでもない事を思いついた。




「Nちゃん、大丈夫。

紐を解く方法があるから、来て!」



N子は全裸の俺には恥ずかしく俯いたまま近寄る。




「チンチンを小さくすれば取れるから…そのためには…射精しちゃえば縮むんだ」



「そ、そうなの?」



男の生理現象に全く疎いN子。




…よし、Nちゃんに手コキしてもらうぞ。




興奮してきた!心臓の鼓動が高まる。




ドキドキ…



「男のオナニーって分かるよね?」



N子は下を向いたまま小声で答えた。




「な、なんとなく」



俺はN子に思いきって言った。




「し、しごいてくれる?…ダメかな?」



ぺニスはビンビンに硬く反り返ったまま上を向いている。




紐が根元に絡みつき痛い。




「××、わ、分かったわ。

このままじゃ…」



「管理人に見られたくないし。

ゴメン、頼む!」



…やった!俺は内心喜んだ。




可愛いジャージ姿のN子に手コキしてもらうなんて。




そして…N子の手コキが始まった。




最初は手が震えながらのぎこちない動きだったが、次第にN子も興奮してきたようで、…アアア、Nちゃん、感じるうう…性に目覚めた女子大生N子。




初めての手コキとは思えない指の動き。




巧みにぺニスの先端部やカリ、裏スジをなで回す。




時には激しく時には優しくしごく。




シコシコ、シコシコ…クチャクチャ…クチャクチャ…N子は興奮して息が荒い。




「ハアハア…か、硬い!××のち、ちん、ちん、熱くて硬いわ、す、凄い!」



俺はN子の手つきに快感が高まる。




…あひいい……クチャクチャ…クチャクチャ…ガマン汁がN子の指に絡みつきN子は余計興奮してきた。




「あぁ…凄いわ…わ、私…こんな興奮初めて」



「Nちゃん、上手いよ、もうダメ、イキそう!」



俺は限界に近づいていた。




「Nちゃんの精子が見たい!」



ウブな女子大生が性の虜となっていった。




続きはまた。




(本当の話しです。

ちなみに、翌日、管理人さんに服をもらい、宿泊料金はタダにしてもらい、何とか帰る事ができました)



■続き

N子が次第に性に目覚め、俺のぺニスに異常な興味を示した。




「××のおちんちん、凄く硬い…」



アアア、N子にぺニスを握られて、巧みにしごかれ、爆発寸前。




「い、痛い!」



紐が根元に食い込み、ぺニスは赤く腫れ上がり、血管が浮き上がって見えた。




反り返ったぺニスの先端からガマン汁が溢れ、N子の指に絡みつき、卑猥な音がロッジ内で響き渡る。




…クチャクチャ…クチャクチャ…N子はますます興奮し、手コキが激しくなった。




もうダメだ、限界!



「あひいい…ダメ、Nちゃん、出るよ、は、恥ずかしい!」



…ドピュッ、ドクッ…ついに俺はN子の右手の中で熱い白濁液を放出した。




ドクドクと波を打ちながら大量に発射した。




「あっ、きゃあ!」



ぺニスの根元は紐で縛られているが、射精には影響ない。




最初は勢いよく飛んでN子のジャージに降りかかった。




…ドクッ…



「Nちゃん、ご、ゴメン、」



後はまるで火山の溶岩が溢れ出すように、ぺニスの割れ目からドロドロの精液がN子の指に絡みついた。




何しろこの旅行に来る前の2週間も射精してないので、溜まりに溜まっていたようだ。




「やだぁ!!…これが…」



N子は右手に付いたヌルヌルの白濁液を鼻に近づけ、臭いを嗅いだ。




「くさ~い!」



顔をしかめるN子。




ぺニスは俺のザーメンでヌルヌルだ。




まだまだ硬直しているぺニスをじっと見つめている。




ウブなN子は男液に何もかも驚き、興奮した。






俺は精液の付いた右手を見て、さらにN子に



「舐めてみて」



と言うと、N子は恐る恐る右手を口元に持っていき、舌を出して指に絡みついた精液をチロリと舐めた。




「…苦い!」



彼女は何もかもが初体験。




俺は目の前にいる真面目で清純な女子大生N子に精液について教える事に余計興奮し、射精したにも関わらずぺニスは反り返ったまま。




紐は締め付けられるし、痛い!俺はぺニスに向かって、頼むから縮んでくれと祈った。




次に俺の頭に浮かんだのはN子のフェラ。




N子が手に付いたザーメンを傍にあるティッシュで拭き取ろうとした。




「全部舐めてみて」



イヤそうな顔をするN子。




「Nちゃん、精液は飲むと健康と美容にいいんだよ」



俺はどこかの本で読んだ事があるのでN子に言ってみた。




フェラしてくれるか?



「私も聞いた事ある」



実際は根拠のない嘘らしいが、ウブなN子も知っていた。




するとN子は舌を出し、右手に付いた精液をペロペロと舐め始めた。




「Nちゃん、チンチンもまだ付いているから舐めてくれる?」



俺は思いきって言ってみた。




N子は指を舐め回した後、俺の前でしゃがみ、いきり立ったぺニスを一気に咥えこんだ。




…カポッ…ムグムグ…ガガ…クチャクチャ…ついにフェラまで体験。




アアア、気持ちいい…ヤバい!またイキそう!



N子は無我夢中でぺニスを咥え、舌を絡ませ、ガボガボと音を立てる。




N子は初めてのフェラとは思えないほど感じて、もう限界だった。




…ドクッ…2回目の射精はN子の口内。




N子が吐き出しそうになると、



「飲み込んで…肌スベスベになるから」



俺の言葉を信じ込み、ザーメンを飲み干すN子。




「ハアハア…」



N子が俺のぺニスから口を離すと、彼女の唾液とザーメンがぺニスとN子の口元に絡まり、糸を引きながら涎となってジャージに垂れ落ちた。




相変わらずぺニスは硬直しているが、もう精液は出ないだろう。




「Nちゃん、全部吸いとって」



N子は俺に言われるまま、すぐさまぺニスを加えると、周りに付いた唾液混じりのザーメンを舌で吸い取っていく。




アアア、気持ちいい…あの純情なN子が、信じられない!



手コキとフェラしてくれた。




しかも俺の精液を飲み干すなんて。




ついでにキスしようと思いついた。




「Nちゃん、健康にいいなら俺にもちょうだい!…口移しで」



N子はもう何でも言われるまま従った。




立ち上がると躊躇いもなく俺に口づけ。




…ブチュ…N子と初めてのキス。




多分、N子はファーストキスだろう。




…クチャクチャ…クチャクチャ…お互い舌を絡ませ、ザーメン混じりの唾液交換をした。




時刻はもう夜の11時。




ようやくぺニスも小さくなり、紐を解く事ができた。




N子は鍵を取ると、手錠を外し、俺は自由になった。




すぐに管理人に連絡して事情を話した。




管理人は警察に連絡しようとしたが、恥ずかしくて連絡するのを拒んだ。




…俺にとっては最高でもあり、最低でもある思い出だ。

もっとエッチな体験談を探す   FC2 ブログランキング

「秘密のH体験談」では読者様のエロエロな体験談を募集しています。
読者様の体験談投稿、閲覧はこちらから
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top