FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

バイト先での乱交エッチ体験談

当時のバイト先の女の子たちと王様ゲーム、乱交みたいな流れになったことがあった。

そのときのバイトは特に仲がよかったんだけど、今回の登場人物は以下の4人。

「木村」24、イケメンでバンドやってた。こいつは、モテる。
「真紀」19、専門学生。チビで色白。髪も巻いててギャルっぽい。
「チカ」15、JK。さらにチビだがめちゃくちゃスタイルがいい、そしてエロい。顔はあんまりかわいくない。
「小百合」16、JK。ちょい背が高めで色白細身系。

僕と木村と真紀が同じバイトで。

真紀が唯一の夜勤だった。

真紀はちょっとお嬢様っぽくてなかなかエロい話もできないくらいだった。

【PR】結婚してるのに旦那とはセックスレス。だからここに登録しました

僕と木村でなんとか彼氏とのエロイ話(ってもフェラで飲むとかそのレベル)にもっていけるまでになった。

チカは夜勤が無理だったんだが、木村の弟がチカと同い年なのもあって僕たちとも仲はよかった。

んで夜勤明けで4人でメシ食ってたときに、また今度4人でオールで飲もう、という話になった。

僕と木村は知り合いの子とかなりエロい話ができる!ぐらいに考えてたんだが、冗談で真紀に「ラブホのパーティルーム借りようか!」と誘ってみると、以外と真紀が「楽しそう!」とノリ気に。

その意外なノリに一番キャラ的にエロいチカも驚いてた。

僕と木村は解散の後早速作戦会議。

一応飲み会は一週間後だけど、それまでに会場を確保しなくちゃいけない。

僕たちはめっちゃ必死だったw そしてネットでラブホを探して電話で複数泊まれることを確認wし、当日wktkしながら当日を迎えることになる。

真紀が彼氏と会うだか学校だかで合流は深夜近くになるとのこと。

しょうがいないので早めにスタンバッてたw僕と木村は、早めにチカを呼び出して3人で飲むことに。

チカはかなりエロキャラで、正直3人で真紀をどう扱おうかって考えてた。

もちろんそのときはチカもHはする気はないんだがw真紀があまりにノリ気なので、お嬢様キャラには似合わない、途中で引いたらどうしよう、というビビり丸出しの会話だった。

そこで突然、チカが「あたし絶対エロいことできないよ」と言い出す。

理由を聞くと、なんとバイト先の別の人と付き合うことになったらしい。

おいおい・・・空気読めよ。

とテンションダダ下がりの二人。

彼氏が知らない男ならともかく、知ってる男じゃ手は出しずらい。

今日は終わったな・・・と木村と二人で落ち込んでるところへ真紀からメールが。

テンションダウンのまま、3人で駅へ向かう。

真紀は彼氏との泊まり以外のオールは未経験とのことでやたらテンションが高い。

チカも新しい彼氏ができた直後でテンション高めで、僕ら二人は、女子に合わせて無理やりテンションをあげてラブホへ入る。

ラブホの複数人使用は色々面倒で、部屋を移ったりなんやらで色々やってやっと落ち着いたかと思ったころに、チカが泊まりは無理だから帰ると言いだした。

僕たちはさらにテンションが下がり、しょうがないので木村が車で送っていくことに。

チカは真紀に相談もあるから翌朝(っても数時間後だが)また来ると言って出て行った。

僕はもうヤケで真紀にガンガン酒をすすめた。

真紀も一気に酒がまわり、妙にテンションが高くなってバカ騒ぎしだした。

いつものお嬢様キャラとはずいぶん違って驚いたが、これはこれでありだった。

やたら酔ってるのに真紀は風呂に入ると言いだし、危ないからやめろというのも聞かずフラフラになりながらバスルームへ行った。

真紀「のぞくなよーーー!!!」 といつの間にか完全に敬語で無くなった真紀はバスルームで着替え、下着にガウンの姿でカバンを取りに戻ってきた。

足元がフラフラでガウンも前が開いてるため、ピンクのブラが丸見えだったが気にもしない様子で楽しそうに風呂へ消えていった。

風呂からは楽しそうな歌声が聞こえてきて、やがてキャハハと笑いながら真紀は出てきた。

下着はつけたようで、ガウンをはおって出てくるとまた酒をあおった。

元々酒は強くないようだが、「木村くん遅いよねー」「木村くんかっこいいよねー」とか言われると正直ムッとした。

やがて木村が帰ってくるとやたらテンションのあがって、しかも風呂あがりの真紀を見て若干引きつつも、「飲もう!飲もう!」と言って真紀をあおりはじめた。

(木村は酒が強い。) これはマズい流れだなぁ・・・と木村と顔を見合わせていると突然真紀が「王様ゲームしよう!」と言いだした。

二人には晴天の霹靂だった。

絶対ダメだと思ってた流れを、真紀が急に自分で呼び込んだからだ。

真紀は「電気消して電気ー!」と言うと、自らベッドの上に座り込んだ。

僕らも酒やらつまみやらを持ってベッドに移動した。

主導権は完全に真紀が握ってた。

なんかドロンボー一味みたいだったw ベッドの読書灯(?)だけにしてると真紀が「王様ゲームやりかたわかんなーい!」と寝転んだ。

そのときに真紀の下着がモロ見えになったが、もう気にはしていないようだ。

木村が用意していたw紙とペンで3つのくじをつくり、3人にまわす。

当然、僕と木村にはどれが王様、A、Bかわかるようにしていた。

「王様だーれだ!!」の掛け声も真紀が言いだした。

彼女が一番ノリノリだった。

王様は木村だった。

酔ってフラフラになってる真紀に見えないように僕は自分の「A」のくじを見せた。

木村「じゃー、Bが王様にチュー!」 賭けだった。

いきなりのキスだったが、このノリならいける気がした。

真紀は「えー!!」とベッドの上を転がりまわったが、「しょうがないなぁ・・・」と言いながら四つんばで木村に近づき、そのまま覆いかぶさるようにキスをした。

ちゅぷっ、ぴちゃ、くちゃ、という音がしばらく響いた。

舌を入れてる! いきなりにちょっと驚いた。

しばらくピチャピチャとエロい音が響いたあと、「ぷはっ!」と言って真紀のほうから木村から離れ、真紀はビールを飲んだあとのように自分の口をぬぐった。

木村が「えーっ」というような目で僕を見た。

舌も真紀から入れたようだ。

僕たちは完全に真紀のペースにのまれていた。

真紀「王様だーれだ!!」 つぎは僕が王様だった。

「えーズルーい!」といって真紀が転がった隙に木村のくじを見た。

「B」だった。

「じゃぁAが王様にチュー!」 真紀「えー!また真紀だよぅ!」 と言いながら、また四つんばで今度は僕にせまってきた。

ガウンの隙間から垂れ下がったピンクのブラと真っ白い胸が見える。

真紀「キスしてほしい?」 聞こえるか聞こえないかの小さな声でそういうと、僕に唇を重ねて舌を入れてきた。

正直、すごく酒臭かったが舌はやわらかくて気持ちよかった。

木村のときと負けないくらい音を立てて真紀はキスをした。

「やったー!あたしが王様だー!」 次は真紀が王様だった。

これは、僕たちがA、Bどちらかを持っているということだ。

僕たちはお互いがキスさせられる覚悟を決めた。

真紀「Bの人がハダカになってー!」 えええええーーーー!!?? まさかそうくるとは思わなかった。

Bは僕だった。

まさか一番最初に脱がされるとは思わなかった。

シャツを脱ぎすてると、 真紀「なんでパンツはいてんのー?パンツ脱いでー!」 といってパンツを脱ぐよう命令された。

もはや僕と木村は若干引いていたw 僕は全裸になるとシーツへもぐりこんだ。

よくある体験談のように、全裸でチンポを出す勇気は無かった。

そのあとキスやらなんやらが続き、真紀が脱がされることになった。

真紀は「えー、もーー」とか言いながらシーツの中でゴソゴソと脱ぎ、ガウン、ブラ、パンツを次々と遠くの床へ投げていった。

これで真紀は全裸でなければシーツから出れない。

しかも自分からその状態にしたのだ。

そのあと、「なんでたっくんだけ着てんのーー!!」と木村のシャツをはぎとりはじめた。

真紀は確かにお嬢様だが、わがまま放題のお嬢様だった。

そのあと、僕が真紀の耳を舐めたり、木村が胸を揉んだりした。

声は出さなかったが、明らかに感じているようだった。

木村のときのほうが感じてるようだった。

僕が真紀の乳首を舐めることになった。

さっきから乳首は見えていたが、まじまじと見るのは初めてだった。

乳首を指でころがしたり、揉んだりしながら、乳首を口にふくんだ。

体中もぞもぞと動いたが声はださなかった。

ガマンできたようだ。

次に木村が乳首を舐めることになった。

体制をかえ、僕が真紀の横になり、木村が真紀におおいかぶさっていった。

真紀「声ガマンできないかも・・・」 と言って真紀は僕の手をギュッと握った。

なんか悔しかった。

木村が乳首を舐めると、「んんっ!!」と初めて声を出した。

そのあとは僕の手を痛いくらい握りしめ、「はあぁあっ!んはあぁあっ!」と声を荒げた。

僕は悔しくなって、真紀にキスをした。

真紀はあえぎながらも舌をエロくからませた。

プチ3Pのようなかたちになったあと、真紀が「次しよう・・・」と息たえだえに言ってきた。

真紀が王様になると、木村の乳首を舐めだした。

正直、そんなことをするようなタイプに見えなかったからちょっと驚いた。

木村は乳首はあまり感じないようで、今度は僕が真紀に乳首を舐めさせた。

真紀は舌を大きくだして乳首を舐めた。

真紀のCくらいのおっぱいと乳首が僕の体をこすって、それが気持ちよかった。

それから、真紀が僕らの耳や乳首を舐めたり、Dキスしたりさせたりした。

どうやら真紀はキス(舌で舐める)が好きなようだ。

真紀は「二人の大きくなったアソコが見たい」と言いだした。

今から考えれば最大のチャンスだったのだが、先にそれを言われ、複数プレイ未経験でヘタレの僕らは完全に引いてしまった。

「一度大きくしたら出すまでは小さくならない」とか適当にごまかして先にチンポを直視されるのは回避した。

僕らは今度は真紀のマンコへ攻撃目標を移したが、王様の命令は絶対!と言っても、チンポを見せなかった僕らのように、真紀は固く足を閉じて僕の指の侵入を拒んだ。

それは木村も同じようだった。

ここで終わりかなぁ・・・という雰囲気のとき、切り開いたのはまたも真紀だった。

真紀「二人でぇ、王様をぉ、気持ちよくする!!!」 そう叫んで、シーツに文字通り飛び込んでしまった。

僕らはお互いに目を合わせて、シーツをはぎとった。

僕は真紀の手を押さえて乳首を舐めまわした。

下を見ると、木村が真紀の足を広げようとしていた。

真紀は「イヤーーー!!!やっぱりイヤーーー!!!ダメーーー!!!」と本気の抵抗を見せた。

二人で結構な時間押さえたり愛撫したりしたが、抵抗は収まらなかったので諦めた。

3人でハァハァ言ってると、「二人に犯されるのかと思った」とわけのわからんことを言いだした。

そのつもりじゃなかったのか、とw それからは何を言っても、「王様ゲームは終了」だった。

二人がかりで押さえつけて犯すこともできたんだろうけど、僕らはそれはしなかった。

真紀は「あとでチカちゃんも来てから、女の子二人で攻められたいでしょ?w」と言われた。

正直、チカは今日は無理だと思いますw そのあとは真紀も木村も眠いといいだし二人とも寝る。

僕は興奮からか眠れず、ラブホのチャーリーズエンジェル2を観てたw そして5時頃になり、チカを迎えに行く時間になった。

シーツをのぞくと二人は寝てるんだが真紀が木村に抱きつくように寝てる。

なんかすごい悔しかったがしょうがない。

二人を起こし、木村にチカを迎えに行くように言う。

木村が迎えに行ってる間も真紀はシーツにくるまって眠り続けてた。

小一時間もすると木村はチカを連れてやってきた。

チカもちょっと寝た程度で、まだシャワーも浴びていないらしい。

先にシャワーを浴びたいと言って、一人で風呂に入っていってしまった。

帰ってきた木村は早速全裸にガウンに着替え、シーツの中に潜りこんだ。

だが、真紀に「かずくん(僕)はちょっと出てて!」などと言われてしまった。

なにその差別!とか思ったが、そこで強引に入って今後の空気を壊してもいけないので、黙ってテレビを見てた。

テレビでは戦隊ものをやってたと思う。

「んぁっ!」 突然後ろから声が聞こえた。

え!?と言って振り向くと、なんとなくシーツがもぞもぞ動いてる。

ベッドへ向かうと、シーツの中から木村と真紀が並んで僕を見ている。

「なんかしてる?」 と聞くと、二人で 「いいや」 ととぼける。

もやもやしながらソファーに戻るとロボットが合体してた。

つまんないなぁ・・・チカ早くあがってこないかなぁ、と思ってるとまた後ろから 「はぁあんっ!」 って甘い声が聞こえてきた。

僕は飛び起きてベッドへ向かい、 「今絶対なんかしてるだろ!」 と言ったが、木村は「なにも」と言った。

真紀は赤い顔をしていた。

それからはテレビを見る振りをしてずっとベッドの様子を伺ってた。

ベッドは小さくもぞもぞ動いていた。

ベッドから小さな声が聞こえていたけど、何を話しているのかは聞こえなかった。

しばらくしてチカがバスローブを巻いて出てきた。

天の恵みかと思った。

チカは僕が一人でソファーにいて、木村と真紀がベッドに二人でいるのを見て、「今イチャイチャしてたー!?」とケラケラと言ったが、真紀が「そんなことするはずないじゃん!」と顔を赤くしながら言った。

冷静に考えれば今この個室には、全員別の彼氏、彼女がいる全裸でローブだけの男女が4人いるのだ。

こんな異常な状況はない。

さて今からどうしようとなったときに、口火を切ったのはチカだった。

「真紀に相談がある」と。

そう、チカは全員同じバイト先でつい先日彼氏ができたのだ。

その報告と相談がまだだったのだ。

二人で話したいというチカに、じゃぁ二人だけになれるところ、ってことで真紀とチカは二人で一緒に風呂に入っていった。

真紀はデカい声で「ともちゃんめっちゃスタイルいいー!!」とか言ってた。

確かにスタイルはよさそうだが、本当にいいかどうかはそのときはわからなかった。

二人がはいって結構な時間がたってから、木村が「俺らも一緒に風呂に入ろうぜ!」と言い出した。

こういうときイケメンは強い。

二人で全裸になり突入すると、泡風呂に真紀とチカがつかっていた。

二人とも胸までつかっていたのでチカの胸も見れなかった。

チカに「今まじめな話してるからちょっと出てって!」と言われて、おとなしくすごすごと出ていった。

本当に僕らはヘタレだw 二人は風呂を出てきた。

報告と相談は終わったらしい。

真紀は割と深刻な顔をしていた。

そらそうだろう。

つい最近彼氏ができた16歳のJKが全裸にバスローブだけで男たちと一緒にいるんだ。

冷静になるとおかしな状況だ。

だがここで能天気なチカは「王様ゲームしよう!」と言いだした。

真紀は「ともちゃんはダメでしょう!」とちょっと真剣に怒ってた。

完全に流れは終了した。

全員彼氏彼女持ちで全裸で個室に4人という異常なシチュエーションは、何もできずに終了だった。

・・・のはずだった。

真紀はまだ若干酒が残っていた。

二日酔いだったのだ。

チカも少し口にして、王様ゲームをするでもなく、ダラダラとした空気が流れていたが、真紀はまだ酒が残ってて、おそらく木村がいれたスイッチがまだ入っていた。

僕はとてもモヤモヤした気持ちで、彼女と会ってセックスしようと思ったが彼女は予定で会えない(というかこの日のために僕が予定をキャンセルした)ので、そのときバイトで別に狙ってた小百合という子に連絡をとって、このモヤモヤした気持ちをはらしてやろうと思ってた。

昼過ぎに会う約束をメールでとりつけたときに、「かず!かず!」と木村が呼ぶ声がした。

後ろを振り向くと、真紀が木村にフェラしてた、 いや、ちがってた。

パンツをはいた木村のふともも、あと5cmでチンポって内股を、仁王立ちになった木村の前でしゃがんで舐めていた。

そこにある木村のほくろを舐めれるか、と聞いたら舐めたらしい。

後ろでそれを見てチカがすごーい!とはしゃいでた。

なんかもうカチンときた。

僕には朝ベッドを出ろと言ったのに、木村には擬似フェラみたいなことをする。

僕は本当にイライラしてきていたが、そのときにチカが突然叫んだ。

チカ「なにこれなにこれー!」 チカはベッドの脇にあった袋入りの使い捨てローションを手にひろげていた。

ローションを見るのは初めてだったらしい。

ローション大好きな木村が、チカにコップに水をいれてくるように言って、手にローションを広げはじめた。

木村はまるで子どもが遊ぶようにチカの腕にローションをつけて遊びだした。

チカも腕にローションをひろげてはしゃいでる。

真紀は酔って気分が悪いのかベッドで横になっていた。

木村は「ひゃっほー!」と言いながら、横になってる真紀にもローションを塗りまじめた。

最初は腕や首のあたり。

だが真紀が 真紀「ひゃうっ!あん!」 と感じはじめたのをいいことに、ガウンをはだけさせ真っ白い胸にローションを塗りはじめた。

真紀「やめ・・・!っはっ!んっ!あああっ!」 真紀は身をよじって抵抗するが、酔ってるからか力が入らないようだ。

風呂に入ったせいか、余計に悪く酒がまわってるようだ。

チカ「真紀ちゃんかわいー!」 と言いながら、チカもローションまみれの真紀の胸を揉みはじめた。

真紀「ともちゃ・・・やめ、ダメだっ・・・んあぁっ!」 真紀にイラついていた僕もそれに混ざった。

僕とかわるように木村がどいたので、僕に気をつかったのかもしれない。

真紀「かずくん、やめ、あぁあんっ、イヤっ!」 やはり木村やチカに比べると抵抗の感が強い。

余計にイラついてきた。

真紀「ダメっ!ほんっ・・・や、めっ・・・だめっ!」 真紀の肌は白くてキレイだった。

昨日は暗くてよくわからなかったが、本当に白くて肌がすべすべしていた。

僕は両手で真紀の胸を強く揉んだ。

いつの間にか僕だけが真紀をイジっていた。

真紀「ダメっ!ダメェッ!」 真紀はベッドをシーツごところがって、ベッドから落ちた。

シーツにくるまって動こうとしないので、諦めて手を洗いにいった。

手を洗ってるときに木村が「ごめんかずさん、このまま、真紀とヤレそうだから先に帰ってくんない?」と耳打ちした。

僕はあれだけ拒否られてはどうしようもないので、約束もあったしチカを連れて帰ることにした。

帰り際、チラっと見ると真紀は完全に潰れたように床で転がってた。

チカ「たっくんさん、真紀ちゃんヤッちゃうんですかね?」 と木村の耳打ちを聞いていないチカがケロッとした笑顔で聞いてた。

僕は今日はチカと何もしてないし、何も見れてないよな、と思った。

それから睡魔に襲われながら小百合と遊んでると木村から電話があった。

僕に気をつかったのか「最悪だった」と言った。

僕らが帰ったあと、延長のため部屋を移動するときもほとんど自分で動かず、荷物も着替えも全部木村がやったらしい。

で、一通り終わって落ち着いてベッドにもぐりこむと、今まで寝てたのがウソみたいにキスしてきたらしい。

唇やほほや首の辺りも舐めまわしてきたんだが、フェラを頼むと「彼氏じゃないからイヤ。

親指ならしゃぶる」とのこと。

全く意味がわからんと、早く入れようと前戯しようとすると 真紀「さっきのしてほしい・・・」 とローションプレイを要求してきた。

風呂に移動し、据え置きのマットを引いてローションを垂らし体中を撫でまわすと 真紀「んああああぁぁぁっっ!!!!」 と体を痙攣させて感じてたらしい。

もはや遠慮もなく声もデカかったとのこと。

もう一度フェラを要求するもまた拒否られ、木村のテンションは更に下がる。

挿入のときにゴムをつけようとすると、「いやーーー!!!」と断ってきたらしい。

木村は絶対ゴム派だったので、なんとしてもつけようとするとゴムを持って遠くへ投げてしまった。

しょうがないので生で挿入。

真紀「あああぁぁあああぁぁっっっ!!!」 とただでさえ声が響く浴室内でスゴい声をあげたらしい。

マットの上で木村にしがみつき、キスをせがみ、首や耳を舐めまわしたらしい。

なんでそこまでするのにフェラはイヤなんだろうと思うんだが、フェラを拒否られたのと、生が平気だってので木村のテンションが下がり、中折れしたらしい。

結局そのままグダグダのまま解散し、今帰途についている、ということだった。

「あんなワガママな女いねぇよ。

マジ疲れた」 木村はそう言ったが、僕は真紀の声が耳から離れなかった。

真紀の色白な感じやキスの仕方、それに乳を揉んだときの感触とアヘ顔が僕のストライクだったからだ。

それにテレビを見ながら後ろから聞いた 「はぁあんっ!」 と言う声が耳から離れなかった。

その日の夜は興奮して寝れなかった。

そして約1ヵ月後、僕はリベンジを果たすことになる。

もっとエッチな体験談を探す   FC2 ブログランキング

「秘密のH体験談」では読者様のエロエロな体験談を募集しています。
読者様の体験談投稿、閲覧はこちらから
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。