FC2ブログ

イヤラシイ人妻とのイキまくりエッチ体験談

2ちゃんねるなど、ネットに投稿されたエッチ体験談まとめブログ。姉・妹との近親相姦体験、不倫・浮気でのエッチ、人妻とのSEX(セックス)、ナースとのエロ体験、乱交etc、エロい体験談満載です。
もう随分昔のことになりますが、忘れられない人妻との体験を聞いてください。

私が40代のころ、出張先で知り合った人妻と仲良くなりました。

何度か食事や映画に付き合ってもらう内にある時、私の宿泊してるホテルが偶然ツインしか取れなかったので、「今夜は、僕の部屋、一つベッドが空いてるよ」と云ったら、「あら、それじゃ私行っちゃおうかしら」なんて明るい返事が返ってきた。

これは絶好のチャンスと思い「じゃあ、そうしよう」と云って、彼女にスキを与えずさっさとホテルに連れ込 んだ。

部屋に入って直ぐに彼女を抱きしめてキスをした。

キスをしながら舌入れようとしたら彼女から舌を絡ませてきた。
これならいけると私は確信してキスをしながら彼女の着てるものを一つずつ脱がしていった。

スリップの肩紐を肩から外すとスルッと床に落ちショーツとブラだけに。

背中にまわした手でブラのホックを外し、その手を前にまわして小振りなオッパイを拙むと「ウムッ」と少し嫌がるように身体を引いた。

それでも離さず首筋、耳元にキスをしながら、オッパイを揉みしだき、乳首を摘むと「イヤーン、くすぐったい」と甘い声を発した。

オッパイを揉んでるうちに乳首が硬くなってきた。

彼女は裸身をくねらせながら私の愛撫を受けて次第に歓喜が高ぶるのが判ったので、耳元で「シャワー浴びようか」と云ってシャワールームへ向かった。

一緒にシャワールームに入ってからは、彼女は自分の身体をボディーシャンプーの泡で包むと今度は私の身体に泡をつけて丁寧に洗ってくれた。

首から胸へ、抱き合う様に背中から尻へ、そのまま脚先から太股へと撫で廻しながら、まだ下を向いてる肉棒を手にとってきれいにしてもらうとしだいに大きくなってしまった。

それから互いの裸身を愛撫し、体中にキスをしながら私は彼女の秘部を手で弄り、彼女は私の肉棒をしごいて行く。

彼女の秘部が充分潤んで私の肉棒が屹立したころ、彼女を後ろから抱きしめて両手でオッパイを揉み、腰を少し引いて彼女の秘部に屹立した肉棒を当ててグイッと腰を進めると、肉棒の先端が彼女の秘部にめり込んでそのまま根元まで挿入。

「アアーッ、イイーッ」と善がり声を発して身体を捩らせた。

それから肉棒を出し入れして突きあげる度に「アッアッ」とリズミカルに喘いで、充分に突き入れた肉棒が膨張の限界に近づいたころに激しく腰を振り、射精寸前に男汁を彼女の背中に噴出させて果てた。
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://htaiken7.blog.fc2.com/tb.php/3989-5a10312d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック