FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

以前同じ職場で働いていた女性から飲みに誘われた

昔の職場での話。

販売業をしていた時に退職した女性から連絡があった。

彼女の現職の同僚(年上女性)からうちの品を頼まれたらしく、商品を安く買えるか聞かれた。

在庫は無いが、週末に入ってから社員割引で構わないと返事をしておいた。

その週末金曜日に電話があり、

「今日仕事上がりで買いに行くけど、閉店間際になるからそのまま飲みに行かない?」

と誘われた。

【PR】結婚してるのに旦那とはセックスレス。だからここに登録しました

閉店後に指定した店で合流し、終電近くまで飲んでいた。(後輩を連れて行って2対2にしておいた)

帰りの電車は途中のターミナルまで4人一緒だが、そこからは元同僚女性と後輩はJR、俺と彼女は私鉄になるのでそこで別れた。

それからしばらく2人で歩いていると、冷静にお礼を言われ、手を握ってきて、

「あと少し飲みに行きたい。時間はないけどお願いします」

と言われ、そのまま最寄りの居酒屋に駆け込んだ。

彼女(以後ケイさん)は酒が強いので、普段は我慢して外では飲まないと決めていたが、

「今日はハメを外したいから」

と誘われた。

そのまま趣味の話やお互い好きな音楽の話などしてかなり(ボトル1本以上)飲んでいたが、当然電車は無い。

翌日は休みだから飲み明かすか?ラブホに泊まるか?とふざけて聞いたら、真面目な顔で

「泊まりたい。何かしたくなければかまわないけど私は・・・」

もうすぐに居酒屋を出て最寄りのラブホに向かうが週末だから満室ばかりだった。

少し古い作りのラブホに入ると部屋が空いたばかりだと言われたので、泊まりになると伝えるとケイさんが何も言わずに支払ってくれて部屋に入る。(居酒屋を俺が出してた)

荷物を置き、浴槽にお湯を溜める間に酒飲みの2人は冷蔵庫のビールを飲みながら笑う。

「これは二人の秘密にしておこう」

ビールを飲み終わる頃に2人はベッドに向かい、キスしていた。

身体の汗流す?みたいに話したが、スイッチが入った2人は全裸になり、お互いに舐めたりしながらいきなり始めた。

ケイさんが

「私は久しぶりだから優しくね・・・」

とだけ言うが、フェラは貪るようにされて俺は爆発直前だった。

逝きたいのをこらえ、69にしてクリを舐めたりするとケイさんは声にならない叫びを出し、感じてびしょ濡れになりガクガク痙攣して軽く何度かいった様子。

正常位にして舌を絡ませたキスをしながらゆっくり生で挿入したら驚かれたので

「絶対中には出さない」

と言い、奥まで突き刺した。

「すごく気持ちいいけど中は危険日近いからダメ」

とケイさんは言いながら自分も動いていた。

久々なのは本当だったかもしれないが濡れ方と腰使いは凄かった。

ゆっくり動いてるが我慢できなくなった時にケイさんが先に突然逝った。

腰を激しく使い、限界まで動かしてからゆっくり抜き、ケイさんの腹に出した。

「約束守ってくれたんだ。嬉しい」

と言いながらキスしてきた。

ティッシュで拭き取って2人でまたビールを飲むが、スイッチが入ったケイさんは俺のを握り、勃起させるとゴムを装着するためにフェラする。

我慢できずにケイさんを抱き上げ、四つん這いにさせバックから入れて激しく突きまくる。

ケイさんは

「感じるっ!もっと!バックで感じる私はいやらしい??こんなになるの初めてっ!私は淫乱じゃないよ」

と言いながら腰を振る。ケイさんに軽く言葉責めで

「不倫してるでしょ?ケイさんは美人だし上司としてるよね?」

ケイさんは

「したけどこんなに逝かないし感じない、俺さんのが上手」

そう言い終わると絶叫して身体が痙攣していた。そのまま抱き締めベッドで寝てしまった。

朝方にシャワーの音で起きるとケイさんがシャワー浴びてベッドに潜り込んできた。

「俺さんも中に出して勝手に終わらすかな?と思ったら違った」

「俺さん出してないよね?」

笑顔でフェラを始め、またカチカチにしてからゴムを装着されて

「ゴムだけど中で出して一番深くまで入れて・・・」

「私は俺さんのを逝かせたい」

騎乗位で自ら入れて激しく腰を振る。

座位に変えて乳首を舐めたりしながら下から突き上げるとケイさんは絶叫するが中は絡み付く。

「俺さんもっと・・・感じるの私こんなになったことない」

俺が腰を振ると合わせて腰を振り胸を揉む。

「ケイさん、ここも?」

指でクリを弄らせる。たぶん何回もケイさんは逝った。

俺も限界だから聞いた。

「ケイさん俺も限界・・・逝くよ」

聞いたケイさんはまた逝った。奥まで突き上げゴムだが中に出した。

「あぁ・・・熱いのがわかる」

抜いてAVのように胸にかけたらそのままお掃除フェラをしてくれた。

また少し寝た2人は慌ててシャワーを浴びて部屋を出た。

そこからしばらく付き合ったが、俺は既婚者でケイさんは不倫相手とまだ続いてた複雑な関係だったな。

もっとエッチな体験談を探す   FC2 ブログランキング

「秘密のH体験談」では読者様のエロエロな体験談を募集しています。
読者様の体験談投稿、閲覧はこちらから
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。