FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

元カレとバックで浮気エッチ。主人出張中に青姦

連休で 実家に帰ってきてます。主人は仕事なので子供と二人で帰ってきました。

親友のKちゃん夫婦のとこに呼ばれて一人で遊びに行くことに。

Kちゃんの旦那さんの友人のTがきてました。

そのTとは私の元彼でした。

Tとは気まずい過去があります。

私は元彼のTと付き合ってるときに同じ職場の主人と浮気していました。

【PR】結婚してるのに旦那とはセックスレス。だからここに登録しました

うすうす気づいてた元彼は、当時私が一人暮らしをしていたアパートに今の主人を夜中に呼んでセックスしてるところに、合鍵をもつ元彼Tがきて見つかりました。

元彼は何もいわずに出て行き、その後連絡もとれず自然と終わりました。初めは話せなかったけど 途中からは笑い話として話ました。

元彼が、「部屋にいったら自分の彼女がバックでしてるとこみてみろよ、衝撃をうけるぞ!」と言うと、

Kちゃんの旦那さんも「俺なら気絶するな」とか言われ、
Kちゃんも「Eちゃん(私)、それはTくんに謝らないと」と言われ

私は「ごめんね」とあやまりました。そのあと私が「帰る」というとTくんも帰るというので一緒に歩きました。

すぐにKちゃんからメールがきて見てみると、「うちの主人、Eちゃんがバックでしてたというのを聞いて興奮したみたいで、今夜はバックでするよ」と来て。

おかしくてTくんにもみせると、「人の不幸で興奮しやがって」と笑い「でも、あれから俺も付き合った子とバックばっかりするようになったよ」と言われ。



私は「Tくん、私にはほとんどしなかったよね」と言うと「しても すぐに出してたよね」と笑い

「Eとバックですると我慢できなかったんだ、でも他の子となら激しくできるし今なら大丈夫だね、俺も修行したから」と言われました。

私はKちゃん夫婦がバックですると聞いて、ちょっと変な気分になってました。

私は犯されてるような気分になるのでバックが大好きなんです。

主人はバックでもいっぱいしてくれます。

やはりなんだか変な気分です。

Tくんはアソコが大きいんです。Tくんに何度かされたバックは最高に感じてきっとかなり私も締め付けたんだと思うし、Tくんとのバックは子宮に沢山あたってTくんも気持ちよかったんだと思います。

Tくんは「俺もバックがしたいなぁ」といいだし、私も「いっぱい修行を積んだバック?」というと、

「うんうん」と私の手をとり、街灯もないくらい道路の途中でいきなり止まり、スカートをまくり下着をさげられます。

「こんなとこでする気?」と言うと、Tくんは裸になりました。

脱いだ服を道路に引き、「座って」といわれ、座ると四つん這いにされアソコをさわられると、「凄い濡れてるよ」と言われ 恥ずかしかったですが興奮しました。

「ここはこんな時間誰も通らないから」と言われ、「Eも脱ぐか」と。

「えー」とはいいましたが服を脱ぐのに協力し、私も裸になりました。

また四つん這いにされ Tくんがバックで入ってきました。アソコがいっぱいで子宮にもきつく当たってすぐにイキました。 

修行の成果なのか Tくんはいっぱい動いてくれましたが、「Eとはもたない、我慢できない」って中に出されました。

一旦ぬくと、「修行がたりないか」と言われ、「全然。良かったよ」と言うと、「そうだねイッタよね」と言われました。

ティッシュも持ってないで私はどうするか困ってると、Tくんは「俺が綺麗にするよ」と舐めたり吸い出してくれました。

私もTくんのを綺麗にしようと69になり、田舎の道路で舐めあいました。

Tくんはまた硬くなりまたバックでされました。今度は激しく凄いバックでした。

私は何度かイキましたが、Tくんはイカずに動くのが止まると、「暑くてダメだ」と汗だくで言ってたので、私が上になり腰をふりました。

Tくんはなかなかイケずにいましたが私は気持ちよく、汗だくで腰を振ってると、あたりが徐々に明るくなってきて、見ると本当に道路でしかも裸でセックスしてました。

Tくんも「イキそう」というと私をまたバックにし中にだしました。終わったときは明るくなっており、家に帰りました。

もっとエッチな体験談を探す   FC2 ブログランキング

「秘密のH体験談」では読者様のエロエロな体験談を募集しています。
読者様の体験談投稿、閲覧はこちらから
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。