FC2ブログ

【読者様投稿体験談】同じビル勤務の変態ドMOLを調教

いつも秘密のH体験談をでお楽しみいただいてる皆様、お久しぶりです。

読者からの体験談が途絶えて数ヶ月

今年はもう無いものとあきらめておりましたところ・・・

きたーーーーーーーーーーーーー

今回は初めて投稿いただきましたこうじ様からの投稿です。

「 同じビル勤務の変態ドMOLを調教」となんともエロそうなタイトル。

期待できます!!

他所では読めない「秘密のH体験談」読者様オリジナルのエロ体験です。

こころゆくまでお楽しみくださいませ。

この体験談は読者様のご好意で「秘密のH体験談」に直接投稿していただいたものです。
他サイトへの転載は

ダメよ〜ダメダメ!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【PR】結婚してるのに旦那とはセックスレス。だからここに登録しました

今でも忘れられない少し前の出来事です。
私は普通の外資系メーカー勤務のサラリーマン(一応既婚)です。同じビルの別の外資系企業に勤めていたムチムチな身体をしているOLさんが以前から気になっていました。時々ビル1階にある喫煙所で見かけて、エロい身体してるな〜といろいろ妄想を膨らませていました。
春一番が吹き荒れるある日、いつもの喫煙所に仕事の休憩がてらタバコを吸いに行きました。すると、例のOLさんがタバコに火をつけようとして、ライターカチカチしているんですが、強風の為なかなか火がつけられず苦戦していました。これはチャンス!と思い、持っていたターボライターを差し伸べ、彼女はニッコリと笑顔で「ありがとうございます」と言ってくれました。このチャンスを逃すまいと、たわいのない会話をしつつ、「もし良かったら今度仕事帰りに飲みに行きませんか?」と連絡先のゲットに成功。
勤務中のナンパで、ドキドキしながら早速メールで飲みのアポを取り、彼女もまんざらではない感じでした。
彼女は名前が友美、年齢は29才、話し方もハキハキと男勝りな雰囲気で、見た目よくSっぽいと良く言われると言ってました。髪型はミディアムストレートで、清潔感はあるが、胸やお尻が肉感的でおいしそうな体型です。
飲み始めると、彼女は本当にお酒が強く、ワインをガブガブ飲みはじめ、初めて会う私に会社の愚痴やらいろいろな事を話してくれました。さすがに自分も相当酔っ払ってきて、話しはだんだんエロモードに。ずっと気になっていた彼女とこんな展開になるとは…と、彼女の張りのいい胸を見ながら、これからの作戦を妄想していました。
終電もぼちぼちヤバい時間になってきて、友美に手を触れるとあまり抵抗しません。思い切って、彼女に近づき、個室居酒屋だったので、周りに気づかれないようキスをしました。意外にも彼女からもいやらしく舌を絡めてきて、その時点でこれはいけるかも?と期待しました。それでも私はあえて紳士的に、「終電乗り過ごすよ」と手を取り、二人で駅に向かいました。
友美はしばらく彼氏がいなかったせいもあるのか、ふと目を見るとトローンとしたいやらしい目つきに変わってました。
そんな彼女を見て、ムラムラとこの女を犯してやろうと心に決めました。
電車を待つ間、まず人混みのプラットホームの中、壁に友美を寄っかからせ、ディープキスをしました。彼女も感じてきているらしく、かすかに喘ぎ声が聞こえました。彼女はその日、胸の谷間が見える布を重ねたような洋服を着ていたので、ムラムラした私は友美の胸を洋服の上から揉みました。彼女はそれでも抵抗するそぶりはなく、エスカレートした私は、周りの人に気づかれないよう、彼女が羽織っていたスプリングコートで周りに見えないようガードしつつ、胸の中に手を入れブラのホックを外し乳首を露わにしました。そして乳首を指でコリコリしつつ、友美の手を私のギンギンに勃起したペニスにあてがうと、友美はそれを愛おしそうに撫で始めました。友美の喘ぎ声はさすがに他人に気がつかれそうなくらい大きくなってきていました。私は友美の口に耳を当てると、とても切ない声で「あんっ、あんっ」と聞こえました。そんなシチュエーションに私も止まらなくなり、結局2、3本電車をスルーし、駅のアナウンスが、いよいよ終電との事。
帰宅方向が偶然同じだったので、このまま駅にいるわけにもいかず、とりあえず最終の混雑している電車に乗りました。
友美とドア脇の位置で密着体制になり、二人ともすでに興奮していたので、電車の中で先程の行為を再開しました。
電車の中で友美の乳首を露わにして、先程と同じく、周りに声が聞こえないよう、耳を当てて友美のいやらしい喘ぎ声を楽しんでいるうちに、電車は終点まで到着しました。
駅を出て、タクシーで帰宅方向に向かいました。タクシーの中でも、友美のオッパイを揉みながら、股の間に手を入れると、やはりじっとりと湿ってました。友美の手を引き、私の勃起したペニスに誘導しました。彼女は愛おしそうにゆっくりと上下に手を動かしています。
私はチャックを下ろし、ペニスを露わにし、生で友美に触らせ、そして、彼女を介抱する感じで横に倒し、私の股間に誘導すると、私のペニスを咥えさせました。タクシーの中にもかかわらず、友美は「ジュボッ、ジュボッ」といやらしく音をたて、私のペニスをおいしそうにしゃぶっていました。タクシーの運転手も絶対気づいていたと思います。
お互いの自宅の程よく中間の地点にある、ラブホ街で、私はタクシーを止めました。ホテルの部屋に入ると、すぐに友美を全裸にし、さっきよりより激しく愛撫をしました。初めて見る友美の裸体は想像していた通りムチムチで、オッパイも張りが良く、ますます興奮しました。
電車やタクシーの中での、友美の意外なMっぷりに、もっと責めてやろうと、「さっきは人前であんな声を出して、いやらしい女だな」などと、言葉責めすると、恥ずかしそうに、甘い声で「いやっ、いやっ」と喘ぎました。さらに責め続けると、ついに友美は私の耳元で、「私をメチャクチャにして…」と呟きました。私は、つい最近まで話した事もないが気になっていたOLを完全に落としたこの瞬間に興奮最高潮になりました。
友美の両手首をネクタイで縛り、バンザイさせ、次は愛液でしっとり濡れた股間に顔を埋めました。すごくいい甘美な匂いでした。友美は「あんっ、あんっ」と更に切ない声で喘いでいます。
最高潮に勃起したペニスを挿入すると、友美も腰を動かし、私は何度も突きまくりました。騎乗位の友美はさらにいやらしく腰を振りながら、私のペニスを味わってました。たまらず我慢できなくなり、友美のお腹に大量の精子を放出して果て、そのまま二人とも眠りにつきました。
早朝、別々に分かれて帰宅しました。それから何度か友美と飲みに行っては、何度か野外プレイや、言葉責めをしたり、友美をM奴隷のように調教して楽しみました。でも、彼女もやはり変態でそのシチュエーションに興奮していたと思います。最後は終電後の駅近くの駐車場の陰で、彼女を上半身露わにしてオッパイをしゃぶったり、私のペニスをしゃぶらせたりのプレイを楽しみました。さすがに、その時は警備員に注意されましたが(笑)
仕事が忙しくなり、しばらく放置してたら、彼女も遊ばれたと思ったのか、ギクシャクして、今はもう会っていませんが、今でも思い出すだけで、興奮する最高の体験でした。

おしまい

ずっと狙っていた女性との最初のエッチって特に興奮しますよねーー

しかも変態ちゃんなら尚更ですわ。

しかし初めて話した日に連絡先ゲットし、初飲みでやっちゃうとは・・

そのコミュ力羨ましい限りです。

引き続き体験談募集中です。

投稿は専用アドレス
htaikendan@hotmail.co.jp
までメールで送信ください。

もっとエッチな体験談を探す   FC2 ブログランキング

「秘密のH体験談」では読者様のエロエロな体験談を募集しています。
読者様の体験談投稿、閲覧はこちらから
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top