FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

花火大会の帰りに巨乳の女友達2人と3Pセックス

数年前の夏の日に同じ学校の女の子とその子の友達と俺で花火大会に行って、その帰りに俺んちで初めて3Pしたよ。スタイルは結構良いけど決して美人ではない。三人とも恋人と別れたばかりからたぶん人肌が恋しかったんだろうなw

その日は九時くらいに花火大会が終わって、一番近い俺んちへ行く事に自然に向かった。女二人は「別れたばっかりだからカップル見たら凹むよね~」とか「あたしはそうでもないけど~」とか話してた。

【PR】結婚してるのに旦那とはセックスレス。だからここに登録しました

俺んちで交代でシャワー浴びて、ビール飲みながら恋バナ(笑)。流れ的にセックスの話になって、知り合いの方のM美の乳にタッチしたり、M美にGパンの上からチンポを握らせたりしてた。

もう片方のT子も話を聞いてると、結構エロくて、M美がノってくると一緒にチンコをさすってきたりして、もう冗談では住まない後には引けないような雰囲気になってきた。

俺は逆にもう堂々と無言でGパンとパンツを脱いで、ギンギンに勃起したチンコを二人に披露したw M美が「おぉーっ!」とか言いながらチンコを握ってきた。もうギンギン。

「もぅ~、堅い~(笑)」って言って俺のチンコの亀頭を口に含みだした。T子もM美に促されて、俺のシャツをまくりあげて、乳首を触ってきた。最初は遠慮がちだったけど、徐々に玉も同時に激しく撫でてきた。

M美のフェラチオも激しくなり、もう発射寸前。パッとM美がフェラチオを止めてチンコの先をT子の方に向けると、次はT子がフェラチオをし始めた。意外にもM美より激しく顔を上下させていた。

俺はベッドに寝かされて、チンポはT子に、乳首はM美に攻められてまさに天国みたいな気持ちよさ。そろそろこっちからも仕掛けようと、M美の服を脱がせて乳首を舐めたり、おっぱいを揉んだりした。

M美のおっぱいはなかなかの巨乳で、感度も良くて「んっ・・・うんっ・・!」っていう喘ぎ声が可愛くて、生まれて初めて女友達とディープキスまでしてしまった。

T子の方をチラっと見たら、こっちの様子を気にしてたみたいなので、「T子ちゃんもこっちおいで」と言いT子も脱がせて、M美と並べて交互に乳を吸ってやった。

T子も胸は大きめで、乳首が感じるらしくて、声を出していた。4つのおっぱいに挟まれて、男の夢の正義パフパフもさせてもらったw 次に二人を四つん這いにさせて、後ろからお尻をなめたり、軽く叩いたり、もみくちゃにしたりした。

二人とも結構なマゾみたいで、「どうなん?気持ち良いん?」と聞くと、たまに「ん・・気持ち良いです・・」とか敬語で返事してた。これで完全に俺のS魂に火が着いた。

「二人ともデカいケツやし肛門も汚いなぁ」みたいに暴言を吐いて二人のマンコを同時に激しく手マンしてやった。・・・つもりだったけど、M美側の右手の方が激しくなり、二人の感じ方の差は歴然。

T子に悪いと思ったので、T子にはクンニ、M美には指マンで攻めた。でもやっぱり同時にやるのは素人にはなかなか難しい。どうにかこうにか二人をイカせる事が出来た。

M美はお尻から太ももにかけてマン汁でピカピカになっていたし、T子もクリでイったみたいで息が荒くなってた。しかし、この時点で一番息を荒げていたのは俺!汗も凄くて体力も限界に近い・・・。

でもチンコは依然、ビンビンだったので、四つん這いのM美の下に滑りこんで69の形になった。二人に同時に舐めさせた。口をマンコに持っていくのが辛くて、クリをさすったり、T子のお尻をさすったりとリラックスタイム。

しかし、俺のチンコはどんどん堅くなるのに対して、二人のマンコは少し濡れが足りなくなってきた。慣れないダブルフェラに気を取られすぎて感じる事に集中出来なかったみたい。

そろそろ挿入を考えてたから、このままじゃまずいと思い、M美にフェラをさせて勃起維持を任せて、俺はT子のマンコを攻めて、トロトロにして叫ぶような喘ぎ声を出すくらい感じさせた。

「もうダメやから・・・!もうっ!」と言うので、「何が?ずっとこのままでええんやな?」と言ってやると「もう入れて~!」と叫んだので、M美にゴムを着けさせて、正常位で挿入。

中はキツめで「ヤバい、すぐイクかも」と思わず口走ってしまったwあと、頭の中で「いつ二人目にいったらええんやろ?」とか「T子をイカされへんかったらどうやってM美に移行するんや?」とか色々考えた。

ただともうとにかく、お互いに気持ちよくなろうと必死で突いた。T子は、体を密着させて乳首をコリコリしながらディープキスをしてあげるとかなり感じていた。

脚をグイッと広げて深めに突くと、さっきとは段違いの声をあげたので、「これや!」とM美にT子の乳首をいじらせながら無心で突きまくった。

しばらくしたら「あぁぁぁーっ!!」と絶叫しながらガクガクと震わせながら少し浮いていたT子の腰から力が抜けてスルっとチンポが抜けた。イッたみたいだった。

T子はしばらくしたら「気持ち良すぎ・・・ヤバい・・」と言って笑顔になってた、めっちゃ汗だくなのが印象的だった。M美が「T子ちゃんめちゃエッチやったで(笑)」とT子の乳首をキュッとつねるとまだ感じてるのか、T子が「あんっ・・!」って言った。

俺はゴムを取るとM美を抱き寄せてキスして「チンチンまた堅くしてや」と言うと、M美がネットリとしゃぶり出して、T子も一緒に舐めてきた。

「こんなに大きいの入ってどうやった?」「めっちゃ奥に当たるよ~(笑)」と、なかなか嬉しい事を話しながらダブルフェラをしていた。

またビンビンになってきたのでM美が「もうそろそろ入れてくれる?」と言う。だから「どうやって入れてほしい?」と聞くと「立ちバック好きやねん・・・」と答えた。

そんな事を言うので、壁に手を付かせて、ゆっくり先っぽだけを挿入して「自分でケツ動かして奥まで入れてみ?」と挿入を促した。すると「うん・・・」と言いながらM美がぐぐっと、お尻を突き出して3分の2くらいまで入った。

M美が「ん・・・もう全部入ったやんな?」と言うけど、「まだ根元ちゃうで」と答えると「えぇー!もう奥まで当たってるのに・・」と言う。

正直、自分のチンコは17センチで、特別巨根というわけではないけれど、やはりこんな風に言わたら興奮してしまう。一気に根元まで入れてやると、マンション中に響きわたるくらいの大声で喘ぎだし始めた。

あっという間に体を震わせながらM美はへたれこんだ。俺はおっぱいを掴んでM美を支えて挿入しながらベッドに寝かせて、寝バックでまた突いてやった。

M美は「もう・・アカンから・・」とか何度も言いながらもまた喘ぎながらイッた。俺も我慢が限界ですぐに果てた。そしてT子がゴムを取って精子を拭いてくれた。

その後、タオルでお互いの汗を拭いて、ベッドだと狭いので床に布団を敷いて三人で寝た!この時は幸せ度では一番やったかも。でも、慣れない3Pセックスは交互にやっただけでとにかく疲れました。

もっとエッチな体験談を探す   FC2 ブログランキング

「秘密のH体験談」では読者様のエロエロな体験談を募集しています。
読者様の体験談投稿、閲覧はこちらから
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。