FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

私は主婦で知合いの喫茶店でバイトをしています

私は主婦で知合いの喫茶店でバイトをしています。その喫茶店の常連さんに年齢不詳(多分40代半ばくらい)だけど、ちょっとステキなオジ様がいます。マスターはその人を「先生」って呼んでるんで、何をしてる人か聞いたら、店から5分程の所で整体院をやっていると言うことでした。腰痛や下半身のムクミなどで悩んでいる私は、マスターから相談してみたら?と言われて、ある日その先生に話を聞いてもらいました。すると、先生は腰痛のほかに膝にも痛みがあるだろう、と言うんです。そのことはマスターにも言ってなかったけど、確かに腰痛ほどじゃないけど、時々膝に痛みを感じていて、何故分かったのか聞いたところ、先生は仕事柄、人の立ち姿や歩き方を見て、大体の不調が分かるとのことでした。(この人は信用できるな)って思った私は、次のお休みに予約を入れ、でも整体は初めてなので、期待と少しの不安を持って先生の所へ行きました。

【PR】結婚してるのに旦那とはセックスレス。だからここに登録しました

私は流行のスキニージーンズを穿いていたので、治療着(シルクのパジャマですが)に着替えると、ドキドキしながらベッドに寝ました。先生は足を片方ずつ持ち上げて膝や足首を探ったりしてきますが、その手の平はホワンッて感じ!
で温かく、心地良いものでした。そして、痛い方の左足がやや短いことと外側に傾いていること、それで体が傾くので腰痛と膝痛になるとのことでした。「つまりは軽いO脚なんだよね。で、膝と股関節に負担がかかるから、腰にも来るし、むくみ易くなる」と言われ、私はドキッとしました。(私は仕事中、動き易いのでジーンズかパンツで、足を見せたことはないし、ムクミのことは話してなかったのに・・・)「じゃ、O脚の矯正から行きましょうか。下半身が安定すれば腰痛の方も自然と改善されるからね」と先生。私は同意するしかありません。O脚は股関節や膝、足首の問題と言うことで、足首の施術が始まりました。先生はタオルをかけて手が直接、肌に触れることはないのですが、その温もりだけは伝わってきてすごく気持ちいいんです。そして、片膝を立てて横に開き、膝から内ももを手の平でグ、グッと押し付け根近くまで来ると(あっ、そこは・・)私の弱い所なので、思わずアソコに力が入りますが、フッと手が離れます。私は安心したのと同時に、少しだけガッカリしている自分に気がつくと、それからは先生の手の動きが気になって仕方ありません。左右の足を同じ様!
にされると、私の下半身は火照っていて、アソコが湿っている気がし!
て心配で
したが、先生は淡々と施術を続けてきます。そして、うつ伏せになってから、腰から骨盤に沿って臀部(お尻ですね)をマッサージされると、少し痛い時もあるけど、とても気持ちよくて、(アッ、ン、ン、、)と、小さい声が出てしまいます。先生の手が臀部から太ももの外側、膝、足首へ押し回しながら、滑るように移動すると、もう下半身がゾクゾクして、思わず腰が動いてしまいます。すると、今度は先生の手は内側にきて、今度は足首から膝、内ももへと同じように押し回しながらアソコぎりぎりの所まで・・・ジュンッ、アソコから愛液が湧くのを感じ、唇を噛みしめます。それからの数分間は体がほぐれる心地良さと、別の快感とが混ざり合ったような不思議な世界にいました。そして、施術が終わると、先生は「まあ、着替えると、分かるから」と言うと、部屋を出ました(更衣室がないので、着替えの時は先生が外に出ます)。パジャマを脱いで、恥ずかしいけど、ショーツの上からアソコを触るとやはり湿っていました。思えば、主人との夜の生活も少なくなっているし、これまでに経験したことのない不思議な快感でしたから。そんなことを考えながら、ジーンズを穿くと、!
iアレ??)朝、きつくて無理矢理押し込んだ太ももが楽に入るし、ジッパーを締めてもお尻がきつくありません。そのことを先生に言うと「まあ、体重は変わってないけどね」と笑っていましたが、私はすごく嬉しくて、次の予約も入れました。それからは月に1~2回、不思議な快感を味わっています。最近は、家に帰ってから、先生の手がもっと太ももの奥まで来ることを想像しながら、自分で・・・してしまうことがあります。

もっとエッチな体験談を探す   FC2 ブログランキング

「秘密のH体験談」では読者様のエロエロな体験談を募集しています。
読者様の体験談投稿、閲覧はこちらから
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。