FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

【読者様投稿体験談】 看護師のフ○ラと採血時に女医からナンパ

さて、今年もはやいもので4月になりました。

新年度になり進学や就職等新生活をスタートさせた方も沢山いるんではないでしょうか?

新しい環境というのは新鮮ではありますが、慣れるまでが非常に大変です。
特に自分は実家暮らしから一人暮らし、学生から社会人になったときが苦労したのを覚えてます。

そんな時期ににもかかわらず、相も変わらずエロに精を出している人物がいます。

そう、性欲KING様です。

あっというまに4本目の体験談です。

過去の体験談もあわせてどうぞ
看護師と介助入浴の時に…
看護師と介助入浴の時に…パート2
深夜の病棟で看護師と…

この体験談は読者様のご好意で「秘密のH体験談」に直接投稿していただいたものです。
他サイトへの転載はご遠慮下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



【PR】結婚してるのに旦那とはセックスレス。だからここに登録しました

またまたまたやってまいりました。今回で4回目の投稿になります。
管理者様、いつもお世話になっております。前回の投稿で管理者様もアソコを膨らませて頂いた様で幸いです。今回もご期待ください。
って、どんだけエッチ体験するんだよって思われそうですが、まだまだ出来る限りどんどんやりますよー。なんてったって名前通り性欲KINGですから。そんなことばかりしているから肝心の腰の治りが悪くなるんですけどね。
その腰の方は、相変わらず痛みが取れず歩行器を使って歩く感じで、毎日看護師に体拭きと2日おきに介助入浴をしてもらう感じです。主治医は、ある程度のことはしたから、あとは良くなるのを待つって感じのことしか言いません。
では、体験談に入りたいと思う。
SちゃんとS○Xしたり、体拭きの時にフ○ラしてもらうことを繰り返していたが、Sちゃんが非番でいない時は、Mちゃんにいたずらしたり、他の看護師に体拭いてもらったり介助入浴の時にビンビンに勃起させてみるが、やっぱり抜いてもらえない。当たり前である。だから、夜、消灯時間すぎに、オ○ニーをしている。4人部屋なので他の患者にバレない様に音を出さないようにしながらやっている。
ある日の夜、介助入浴の時に、SちゃんもMちゃんも非番で、男の看護師が担当で来た。あー最悪である。と思いながら浴室に向かっていたら、女の看護師が来てその男の看護師に、
「師長がすぐに来てって呼んでいるよ。何かやった?私が代わりに○○さんの介助入浴するよ。」
と言って男は行って女の看護師が担当になった。と同時に俺は自然と笑顔になった。
その看護師は、ギャル系で可愛くて、何度か俺の担当になってくれたMKちゃん。体拭きなどをしてもらう時に勃起して、MKちゃんの手を取りシコシコして手○キを誘導してみると、
MK「○○さん、元気ですねー。でもダメですよー。」
てな感じで、他の看護師よりは反応が良く、普段の会話もフレンドリーに話す感じで優しくてノリがいい子である。
そんな子が介助入浴してくれるとなったら興奮しないわけがない。
MK「じゃー入浴のお手伝いしますね。よろしくお願いしますね。」
俺「よろしくね。いやーMKちゃんが入浴させてくれるってなると興奮しちゃうなー。ほら。」
と言ってビンビンに勃起してテントを張った股間を見せる。
MK「もー○○さんたらー。ダメですよ、そんなに元気になっちゃ。はい、お風呂入りますよ。」
と言って自分の準備でビニール製のエプロンを付けて長靴を履いてから、俺の服を脱がしにかかる。上半身を脱がし、
MK「○○さんって、結構いい体してるんですね。マッチョじゃないですか。」
俺「そーかなー。大学までバスケやってたし、今、職人やってて体使ってるからね。体拭いてもらう時見たことなかったっけ?」
MK「見たことあるけど、改めて見るといい体してますね。」
と言ってズボンとパンツを脱がせる時、お決まりの様にビンビンのチ○コが下から上に反り返り腹にペチンと当る。MKちゃんはビックリした感じで、ちょっとのけぞった。
MK「ふっ、やっぱりデカいですね。」
俺「デカくないでしょー。普通だよ。」
MK「いやいや、結構デカいですよ。こんなにデカい人なかなかいないから見たことないですよ。」
俺「そーかなー。AV男優とかすごいデカいじゃん。あのくらいデカくなりたいじゃん。」
MK「あれは、手術してるからデカいんでしょ。○○さん、してるんですか。AV男優なんかより全然デカいですよ。」
俺「してねーし。するんだったらもっとデカくするし。」
MK「してるんじゃないかってくらいデカいですよ。こんなデカい人ほんとにいないから目が釘付けになっちゃいますよ。これ以上デカいと女の子が痛くて大変ですよ。」
俺「なになに、これが欲しくなっちゃったー。」
と言ってチ○コをMKちゃんにエプロン越しにスリスリした。
MK「あー、ちょっ、ちょっ、ちょっと。ダメですよ。」
といってチ○コをはたかれる。ちょっと気持ちよかった。
浴室に行き、イスに座り、普通に頭を洗ってもらい、体も上半身から洗い、下半身も足先から洗い、いよいよチ○コを洗ってもらう。あかすりタオルにボディーソープいっぱい付けていっぱい泡立ててチ○コに付けて洗ってもらう。泡を付けてチ○コを触られるだけで、ビンビンでMAX勃起状態である。
俺「あーー気持ちいい。もっと強くして。」
MK「ちょっとー。変なこと考えちゃだめですよー。」
俺「いやー、こんな可愛い子にこんなことされたらエッチなことも考えちゃうでしょー。ほら、こんなにビンビンに起っちゃってるもん。」
と言って、MKちゃんの手をチ○コに持って行って握らせ俺がMKちゃんの手首をつかんで前後に動かして手○キ状態にする。
MK「ちょとー、だめですよー。バレたら怒られますよ。」
俺「大丈夫だよ。バレないから。鍵掛けてるし、誰も来ないよ。だからもっと強くして。もう片方の手の平を○頭に被せてナデナデして。」
と言ってみると、MKちゃんは抵抗しないでやってくれた。やっぱりノリがいい。もしかしたらなんでもやらせてくれるんじゃないかな?って感じである。
しかし、手○キされながら○頭を撫でられるのはかなり気持ちよく、腰が砕けそうなくらいで、足がガクガクになってしまった。
俺「やばいやばい、これ、気持ち良過ぎて逝くって言うより、耐えれない。MKちゃんストップストップ。MKちゃん上手過ぎだよ。もしかして、風俗とかで働いてたことあるんじゃないのー。」
MK「えっ、…。」
俺「えっ、もしかして本当にやってたことあるの。」
MK「んーー、内緒ですよ。絶対に誰にも言わないでくださいね。実は、看護師の給料だけじゃやっていけないから、非番の時に働いてるんです。」
冗談のつもりで言ったのに凄いカミングアウトである。少し聞いたら、看護学生の時から小遣い稼ぎでやっていて、非番の時にやっていて、現役看護師ですってキャッチフレーズで結構お客が付くそうである。何処の何って言う店で働いているかとか、どんな種類かは教えてくれなかったが、電車で1時間以上離れた所でやっているからバレないと言っていた。
俺「じゃー内緒にする代わりにMKちゃんのテクニックみせて。」
と、軽く脅す感じで言ったら、シャワーで体の泡を流しだした。まさか、と思ったら、いきなりチ○コをくわえだしフ○ラを始めた。俺はさっきまでやっていた手○キのもっとすごいテクニックを見せてくれると思っていたので、しゃぶられた瞬間に我慢汁がいっぱい出るのを感じた。MKちゃんは、始めて直ぐに高速バキュームフ○ラをしてくる。さすがに長い期間現役風俗嬢やってるだけあってかなりのテクニックを持っている。SちゃんやMちゃんとは比べ物にならないくらいに気持ちいい。
俺「あー、やばい。チョー気持ちいいんだけど。マジ最高だよMKちゃん。」
と言いながら、MKちゃんのエプロンと看護服の間に手を忍ばせおっぱいを揉んだ。結構おっきく柔らかかったが、やっぱり揉まれ過ぎているせいか張りがない様に感じた。MKちゃんは抵抗することなく揉ませてくれた。しばらくフ○ラしてもらっていたら、さすがにずっと高速でやっていたから疲れたようで口から離した。
MK「硬くてビンビンだからしゃぶりやすいけど、おっきいからあごが疲れますね。○○さんのチ○チ○ほんとにデカいから看護師の間で話のネタになってますよ。体拭きに来る看護師ころころ変わってるの気付いてますか?このチ○チ○見たいからなんですよ。体拭いてもらう時いつも起ってるでしょ。みんなフ○ラしたいとかS○Xしたいって言ってますよ。」
俺「マジで。こんなチ○コでよければいつでも大歓迎だよ、って言っておいて。」
看護師の間で噂になっているのはSちゃんから聞いて知っていたがあえて知らないふりをした。今後のエッチを期待して。
MK「でも、ほんとにこんなにデカい人なかなかいないですよ。患者さんでもいなかったし、お客さんでもいないですよ。あ、100万以上かけて手術して異常なくらいデカくしたって人がお客さんでいましたけど、デカいだけで全然起たなくなっちゃったみたいで、フニャフニャでしたよ。だから、このデカさでこの硬さはすごいですよ。」
俺「そーかなー。なにーMKちゃんもS○Xしたくなった。」
MK「ふふふー今日はだめです。また今度で。」
と笑って拒否された。
MK「そろそろ逝かないと時間なくなっちゃいますね。じゃーフ○ラで逝かせますね。」
と言うと、また高速フ○ラを始めた。俺はMKちゃんのおっぱいを揉みながら気分を高めて、逝きそうになると、
俺「あー気持ちいい。気持ちいいよMKちゃん。逝っていい。このまま口に出すよ。」
と言って、MKちゃんの口の中でいつも通り、
ドクッ、ドクッ、ドクッ、…
と大量に出した。
MK「げほっ、げほっ、げほっ、…○○さん出し過ぎですよ。いくら溜まっててもこんなに出る人いないですよ。」
前日に出したばかりだからそんなに出ないと思っていたのに、MKちゃんのフ○ラテクのおかげで大量に出た。
MKちゃんはうがいをして、俺はMKちゃんの唾液と俺の精子まみれのチ○コをシャワーで流し浴室を後にした。
俺のチ○コのことだが、自分では普通の大きさだと思っていた。実際、他の人のを見ることがないから分からない。通常時は、自分では小さいくらいだと思うし真性包茎かというくらい皮を被っている。勃起するとちゃんと剥け○頭が全部露出する。通常時の2~3倍になってズボンに収めておくのが大変で、テントを張った状態になると隠すのに苦労する。でも、みんなこう言うものだと思っていた。長さと太さは正確には測ったことがないが、長さは、手を広げて親指をチ○コの付け根に当て中指をチ○コの先の方まで伸ばしてプラスもう片方の手の親指1本分くらいである。太さは、チ○コを握って親指から中指プラスもう片方の手の指2~3本分を横にして回りきる感じである。ちなみに俺はバスケをやっていたので身長もでかく手の平も普通に人よりでかい。説明が雑で伝わりにくく申し訳ない。しかし、チ○コがデカいことで数々のエッチ体験ができるので嬉しい限りである。今後もこのチ○コを使って女を虜にしたいと思う。
次に、採血時の話をしたいと思う。特にエッチな体験をしたという訳ではないが、今後に期待できる話である。
先日、血液検査をすることになって、入院している病棟ではなく、外来などがある採血室へ行くことになった。そこへは車いすで行くことになり、エレベーターに乗ったり移動が多いため看護師に押してもらいながら行った。採血室へ行くと、看護師は終わったら迎えに来ると帰っていった。採血室はベッドがいくつかあり、採血時はカーテンで仕切られる様になっている。
部屋の入り口で待っていると、
「○○さん、お待たせしました。こちらへどうぞ。」
と、赤紫色の術衣に白衣を羽織った女医が来た。採血は看護師などではなく専門の医師が行うようである。手術着のような感じの服で、濃い緑色ではなく赤紫色の術衣に白衣である。
「○○さん、それでは採血しますねー。○○MRです。よろしくねー。」
といった感じで、初対面なのにかなりフレンドリーに話してきて、口調は○―ラをまねしてる感じであった。見た目は20代後半で全盛期の○―娘の市○紗○香に似ている感じの可愛い感じで○―ラ口調なので親しみやすい感じの子であった。
MR「じゃー足の付け根の動脈から採血するからーズボン脱いでベッドに横になってねー。」
初対面からタメ口で馴れ馴れしいが、可愛いしこのキャラだからイラっとはしなかった。
言われるままにズボンを脱ごうとするが、やっぱりこんな可愛い女医を前にズボンを脱ぐとなるといくらパンツをはいたままでチ○コは出さないって言っても興奮して少し元気になってしまった。MRちゃんにバレない様にパンツの中に手を忍ばせチ○コの位置を治す。そしてベッドに横になるが、パンツがモッコリしているのがバレバレで、MRちゃんの視線が股間にいっているのが分かった。と言うのは俺の意識過剰だと思うが、足の付け根から採血するから視線がいっても当然である。
足の付け根の動脈を探すためパンツをずらして探すが見つからないようで、チ○コと○玉を手で横にずらしながら探す。俺は、ぴっちりしたボクサーパンツなのでずらしにくかったと思う。○ン毛が足の付け根の方まで生えているので余計に探しにくかったであろう。モゾモゾと探しながらチ○コを触られるので、勃起しないように我慢するのにいっぱいいっぱいだった。そうしてると、
MR「んーー、なんか探せなーい。パンツが邪魔だから脱いじゃおう。」
と平然とした感じでいう。
俺「えっ、脱ぐの。いやーこんな可愛い子の前で脱ぐの恥ずかしいなー。MRちゃんとかは見慣れてるかもしれないけど、俺はこんな可愛い子に見られ慣れてないから恥ずかしくて興奮するなー。」
MR「いいじゃんいいじゃん。気にしないで―。はい、脱いで―。じゃないと針刺せないしー。」
俺「いやー興奮して半分起っちゃってるんだけど。」
MR「別に気にしないでー。」
と言って寝た状態でパンツを脱いでチ○コを出して、パンツをMRちゃんに渡すと、ポイッと脱衣カゴに投げられた。この時点で、半分起ってると言うか、ほとんど完全に勃起している。
MR「わーーお。んふふーー。」
と笑みを浮かべている。そしてチ○コと○玉を手のひらで横にずらしながら動脈を探す。しかも普通は薄いゴム手袋などをするだろうに素手である。普段看護師に触られるときはゴム手袋をしているので、素手と言う状況と可愛い若手の女医と言う感じに興奮が高まり、モゾモゾとしながらチ○コを少し動かしているので完全にMAX勃起状態である。
俺「ごめんね。こんなんになっちゃったよ。」
MRちゃんは俺の耳元で小声で、
MR「おっきいねー。私も興奮しちゃうー。これ見たいからわざと脱いでもらっちゃったー。」
と、周りの人に聞こえないように言ってくる。
マジかー。もしかしたらこの子とエッチなことできるんじゃないか。と思いながら、チ○コに力をいれビン、ビン、ビン、とさせてみる。
MR「はーい、動かないでねー。変なところに針刺しちゃうよー。」
と言ってチ○コをつかまれ横にずらして動脈を探す。ここで俺の悪心が働き、チ○コをつかんでいるMRちゃんの手首をつかんで手○キの様に動かしてみる。
MR「あ、あったー。じゃー針刺すよ。その前に消毒―。」
といって、手○キはスルーされた。
MR「はーい、チクッとするよー。深呼吸してねー。」
と言って採血は終了して、アルコールの付いた脱脂綿で押さえて、
MR「じゃーこのままここで5分くらいここ押さえといてねー。動脈だから動いたら血が出ちゃうからねー。」
俺「えっ、どこ。ここ。」
とMRちゃんの手をチ○コにやりつかませる。
MR「こっちじゃなくてこっちでしょー。」
とチ○コをギューーっと握られる。MRちゃんは裏の方に行ってしまったので、針を刺したところを抑え付けながら起き上りパンツとズボンを膝のところまで履いてしばらく待っている。すっかりチ○コは元気がなくなりフニャっとしたところにMRちゃんが戻ってきて、
MR「そろそろ血止まったかなー。」
と言って脱脂綿を取って見る。その瞬間にチ○コが元気を取り戻して速攻で勃起する。
MR「んー。もう大丈夫―。はい、パンツとズボン履いていいよー。」
と言われ、エッチなことできず残念がりながら履いていると、
MR「本当はこういうことしちゃダメなんだけど、これ、貰ってくれる―。」
と耳元で小声で言い、渡してきたのは、携帯の番号とメアドを書いてあった小さなメモの紙であった。それを確認すると、俺もMRちゃんの耳元で小声で、
俺「ありがとう。病室戻ったらメールするね。」
と言って車いすに乗って迎えに来ていた看護師と一緒に病室に戻った。
病室に戻りすぐにメールを送ったが、MRちゃんは勤務中で連絡が来たのは夜になってからである。
その後も毎日色々とメールしたり電話したりしている。もちろんエッチな内容中心にである。
MRちゃんはかなりド変態で、エロいことが大好きな様である。俺の採血が終わった後、速攻でトイレに行ってオ○ニーをした様である。その後も、俺のチ○コが忘れられないからと、写メ撮って送ってくれと言われたので何枚か撮って送った。もちろん、MRちゃんの下着姿や、全裸、おっぱい、マ○コのアップなどエッチな写メも沢山送ってもらった。俺もそれをおかずにオ○ニーをしている。
ちなみに、いずれ歩行器などを使わずに自力である程度動けるようになったら主治医から外出許可をもらって、MRちゃんとデートしようと約束している。デートと言うよりラブホでS○Xをする約束である。それも体験したら投稿したいと思う。
今回の投稿はこんな感じです。S○Xなどはなくあまり面白くない投稿ですが、MKちゃんとの体験がすでにできているので次の投稿で書きたいと思います。
毎回ですが、読みづらい長文になってしまい申し訳ないです。次回もご期待ください。
管理者様、いつもありがとうございます。次回もよろしくお願いします。

おしまい

すでに次回予告ありですか。
この人脳みそがチ◯ポにあるんじゃなかろうかと思ってしまう今日この頃・・・

もちろん次回も期待して待ってますからね!

他の読者様も体験談募集中です。

投稿は専用アドレス
htaikendan@hotmail.co.jp
までメールで送信ください。

もっとエッチな体験談を探す   FC2 ブログランキング

「秘密のH体験談」では読者様のエロエロな体験談を募集しています。
読者様の体験談投稿、閲覧はこちらから
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。