FC2ブログ

童貞君、可愛い男の子との体験談

たまたま彼が帰郷するっていうことで、
その間、彼が家庭教師でみていた中学3年生の男の子、2週間だけ見ることになったの。
この前初めて行ってきたんだけど、テニス部やってる子で、ジャニーズ系で、
目がくりっとしてて、かわいい男の子なの。
名前はジュン君。
ジュン君、やっぱり女の家庭教師だと、緊張しちゃうみたい。
ときどき質問する声が上ずったり、
ときどきポーっと上の空になったりなんかして、超かわいい。
だからね、今日ちょっぴり、からかって見ちゃった。

【PR】結婚してるのに旦那とはセックスレス。だからここに登録しました

今日着て行ったのは、ノースリーブ。それも肩口が大きく開いているやつ。
首周りも、ゆったりしているの。
それで、お気に入りの薄青色のブラをしていったの。
もちろん、横に座ったら肩口からブラが丸見えだし、
ジュン君に教えてあげようと前かがみになったら、周りのところから、ブラ見えちゃう。
わたし、Cカップなんだけど、ブラ見せるためにわざと胸寄せて、谷間も作っちゃった。
スカートは膝上15センチのミニ。もちろんストッキングなんて、はいてない。
さすがに20歳こえて素足で歩くのも恥ずかしかったけど、鏡みて、我ながらセクシー、
なんて思っちゃったりして。。。。。。
もう、ジュン君、すっごくかわいいの。私のこと、正視できないの。
でもね、ときどき、ちらっちらって、私のこと、見るの。
きっとね、脇からのぞくブラ、 盗み見してた。
なんだか、ジュン君の視線が、とっても気持ちよかった。
教えるときも、わざと前かがみになって、胸の谷間とブラ、のぞかせちゃうの。
ジュン君、ごくりって、生唾飲む音させちゃって。
ジュン君、真っ赤なの。
日焼けしているからあんまりわかんないかな、なんて思ってたけど、耳が真っ赤。
私が脚を組みかえると、今度は私の太もも、ちらっちらって、見るんだよー。
もう、悪い子!
私もジュン君のズボン、ちらってみたら、悪い子なんだよ。
ピンって、三角になってるの! すごく、悪い子。
私、何度か脚組み替えた。
多分、ショーツ見えてないと思うんだけど、結構きわどかったかな。
薄いブルーの、お気に入り。
お茶の時間になって、お母さんがお茶を持ってきたとき、私、あわててカーディガン
羽織った。だって、お母さんにはそんな格好、見せられないでしょ?
ジュン君の視線にすっかり感じちゃったから、私、もっと大胆なことしちゃった。
わざとね、自分の足元に、アイスコーヒーの入ったコップ、落っことしちゃった。
きゃって、私声だして、どうしよう、こぼしちゃった、どうしようって。
そしたらジュン君、あわててティッシュで、私の足元にこぼれたコーヒー拭きだした。
私、足元のコーヒーよけるふりして、ジュン君の顔の前で、脚45度くらいに広げてた。
ジュン君、気づいたみたい。
じっと、私のスカートの奥、のぞいてる。じっと、くりくりの目を見開いて。
わたし、ジュン君の視線、感じちゃって、あそこが、ジンジンうずいちゃった。
じわって、あったかくなって、濡れてきちゃった。染みになってジュン君に見られたらどうしよう
っておもったら、どんどん、気持ちよくなっちゃった。
やっぱり中3くらいの男の子って、生で女のブラとかショーツ、見たことないのかな?
それとも、もっと刺激的に胸とか見せないと、興奮しないのかな?
ジュン君、私のスカートの奥、じいってのぞきながら、
はあはあ言って硬直してたんだけど。。。。。。
やっぱり、ジュン君も感じてたんだね。
私、ジュン君がじっとスカートの奥見てるんで、もうキュンキュン感じちゃって、
このままじゃまずいって、思って、急に「やだぁっ」っていって、脚閉じたの。
で、ジュン君のことキッてニラんで、「エッチ」って、言ったの。
そしたらジュン君、 しょぼんとして「ごめんなさい」ですって。もう、かわいいー!
私、怒った振りして、「あん、足首にもコーヒーついてる」って、言ったの。
拭いてよ、見たいなこといって、ふくらはぎのあたり、触らせてあげちゃった。
でも、ジュン君の手がふくらはぎに触れた瞬間、ぴくんって、しちゃった。
今日はね、そんな感じだったの。
でも、乳首が固くなっちゃって、歩くとブラがすれてちょっぴり痛かった。
家に帰ってみたら、やっぱりショーツに、エッチなしみが、ついてたの。
私、ジュン君に見られながら、彼に愛されてるシーン思い浮かべて一人エッチしちゃった。
すごく、気持ちよくって。。。まだ身体が火照ってる。


もっとエッチな体験談を探す   FC2 ブログランキング

「秘密のH体験談」では読者様のエロエロな体験談を募集しています。
読者様の体験談投稿、閲覧はこちらから
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top