FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

新人ナースとのエロ体験談

一昨年の職場(=病院)の忘年会の話。
一次会は温泉旅館の大広間でスタッフ全員で大宴会なんですが、
お偉い方も参加しているので、さして盛り上がるでもなく、
普通に過ぎていきました。

ほろ酔い気分で二次会です。
といっても二次会は同じ旅館のカラオケスナック。
バカ院長がおばさん事務員とチークを踊るのを横目でみて(苦笑
「うーん全然酔いたい気分じゃないなー」
と冷めていたところ
「ねぇねぇ○○先生,もう次行こー」
とお誘いの声@ナース
気分はキター!!!!ですわ!

【PR】結婚してるのに旦那とはセックスレス。だからここに登録しました

ということで三次会へ!
とりあえずドクター3人とナース4,5人で近くの行きつけのスナックに
到着しましたが、このスナックは病院御用達なので途中で他のドクターや
ナースが入れ替わり立ち替わりです。

なんだか誰を口説けばいいのかわからん状態になってしまいました
とにかく周りの子にウイスキー・ビール・カクテルをチャンポンで飲ませていると
普段から「こいつかわいいなー」と思っていた新人ナース
(ルックスをたとえるならゴマキ)がエロトーク炸裂し始めました!

「私の彼氏はタンパクだ!私はもっと激しいHがしたい!」とか
「ヒトに見られると興奮する!」とか言ってます(笑
顔を見るともう真っ赤で目が少し逝ってます
ロックオーン!

「オイオイ大丈夫かー?」
といいながらさらに酒を勧めるおれ(笑
「おいすぃー!」といってそれを全て飲み干すゴ○キ

もうこの時点で勝利を確信しました。
周りに何人もヒトがいるのにゴ○キはおれにディープキスをしてきます
(席は隅っこですがおそらく何人も目撃していたでしょう)

そんなこんなで気が付いたらもう2時過ぎ。
ゴ○キはソファーで爆睡となっていました。
「そろそろ帰ろっかー」
誰かが言い,とりあえず解散となりました。

「さてさてどうして持ち帰ったらいいかなー?家には嫁がいるし...」
と悩んでいたところに神の声が!
「先生,この子今日は○○○(一次会があった温泉旅館)で泊まりだから
送っていってあげたら!」
神キター!!

そうです。
自宅が遠い職員は一次会があった温泉旅館に宿泊となっていたのです。
速攻タクシー呼んで(まぁワンメーターなんですが)温泉旅館へ!
フロントで鍵を預かり,部屋へ!
ゴ○キはふらふらしながらもおれが手を引くとついてきます。

部屋には3人分ほど布団が引いてあったんですが
まだ誰も帰ってきてない!
「オイオイ,もう2時過ぎだぞ!他の子達は何やってんだ?」
と思いながらも
「まだ帰ってくるなーまだ帰ってくるなー」と神に祈ります。

とりあえず布団の上にゴ○キを寝かし,
さてどう攻めようか...と考えを巡らせていると
「き,きもちわるい・・・」
とゴ○キはつぶやいています!

しかし,しかし,それでもあきらめないおれは、
ゴ○キが落ち着くまで待ち続けました!
10数分後,ようやく落ち着いたゴ○キは
「ふー」
と一言いってすやすや寝始めました。これでようやく始まりです!

とりあえず布団の中にゴ○キをいれ、キスをしてみます
・・・無反応
服の中に手をそーっと差し入れ,とりあえずブラのホックをはずしてみました
・・・無反応
「あんまり反応ないのもなー・・・」
と思いながらモミモミしていると
「ぅうーん・・・」
と少し反応が!

「これは!」
と確信し,乳首を指で転がし続けると
ゴ○キのほうから今度はディープキスをしてきました!

とにかくその時点で心配なのは
ここに泊まる予定の残り2名がいつ来るかです
今この瞬間を目撃されたら明日から仕事に行けません
「どうする?行くか?引くか?」
自問自答するおれ・・しかし,結論は一つです
「行くしかなかろう!!!」
速やかにゴ○キを全裸にし,おれも全裸に!
既にゴ○キのあそこは大洪水。完全勝利です!

いつもはねちっこいおれですが,今は早く終わらせないと、
いつ他の2名が来るかわかりません
「私はもっと激しいHがしたい!」
という言葉が脳裏をかすめましたが,今回は却下させていただきました

しかしこの子は感度がよすぎる!!!
入れた瞬間周りの部屋に絶対聞こえる!っていうくらい絶叫です
しかも言葉が卑猥だったり・・・

「いつものとぜんぜんちがうー」
「わたしのがくちゅくちゅくちゅくちゅいってるー」
・・・おもわずキスで口をふさぎつづけました(苦笑

胸はもろストライクゾーン。
20そこそこの子の肌は張りがよく,乳首も小さくってピンクです
そしてあそこの毛も薄くって陰部が透けて見える感じです
っていうか陰部に吸い込まれている僕のモノがみえます(笑
若いっていいですよねー

ホントはピンクの乳首を吸いまくりたてたまらないのですが、
口を離すとまた絶叫!なのでずっと口をつけながら腰を振ってました・・・
いつもはちろうなんですがこの日ばかりはシチュエーションに負けたのか
すぐに逝きそうになります。
っていうか逝きました・・・中出し・・・

ゴ○キはこっちが逝ったのも気づかずに、自分から腰を振り続けています

が,一回逝ったおれは冷静になり、
「このままし続けていたら残り2名が帰ってくるかもしれない」
「けどこのまま帰るのはもったいない・・・」
「よし!写真とって帰ろう!」

とりあえずもうひとがんばりしてゴ○キを逝かせると,
彼女は裸のまますやすや...
なんども声をかけてみましたが返事はなく,
すやすや寝息が聞こえます

「撮ってもいいってことですよね」
考えられる全てのアングルで写真を撮りまくった後
おれは部屋を後にしました...
「なかだししちゃったなぁーまぁいいかー写真いっぱい撮ったし」
気が付けばもう4時過ぎでした。後の2名は結局帰ってきませんでした。

もっとエッチな体験談を探す   FC2 ブログランキング

「秘密のH体験談」では読者様のエロエロな体験談を募集しています。
読者様の体験談投稿、閲覧はこちらから
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。