FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

【読者様投稿体験談】大学1年生の処女をもらった。その一

2014年一発目の投稿頂きました!!

jin様ありがとうございます!!!

この体験談は読者様のご好意で「秘密のH体験談」に直接投稿していただいたものです。
他サイトへの転載はご遠慮下さい。

【PR】結婚してるのに旦那とはセックスレス。だからここに登録しました

俺が(当時26歳)スーパーの社員だった時、勤めていた店の近くに
大学が3つあり、アルバイトも大学生が多かった。
春に大学生になったばかりのナミがアルバイトに入ってきた。
150センチぐらいで、色白のかわいい子でしたが、非常に幼い感じだったので、
特に意識することもなく、かるく世間話をするぐらいでした。
夏休みに入ってから、仕事中に話していたら、
ナミ「海で泳いだことが無いの、行きたい、連れてってください」と言われました。
さっそく、休みを合わせ千葉へ海水浴に行きました。
行く途中の車の中でいろいろ話をしました。
近隣の大学ではなく、東京〇語大の1年生で、店の近くに親と住んでいる。
親の仕事の都合で中学ぐらいまでバーレーンにいたこと。
英検1級を持っていること。
高校時代からつき合っている彼がいるが、
彼が浪人中で現在ほとんど会っていないことなど。
海にいる間は手をつなぐぐらいでエッチなことは全くしませんでした。
帰るときシャワーを浴びずに急いで帰ってきたので途中のモーテルに
寄ってシャワーを浴びようと言いました。
迷っているようでしたが、砂だらけで気持ち悪いのかついてきました。
俺が先にシャワーを浴びに浴室へ入り速攻で出てきました。
俺はバスタオルを腰に巻いただけでベッドにすわり、
ナミにシャワーをすすめました。
ナミがシャワーから出てきてからベッドにならんですわり、
横から抱くようにしてキスをしました。
ナミ「彼に悪いから」とすこし抵抗されましたが、
強引にキスをしていたらあきらめたようで、そのまま舌を絡め出しました。
キスをしながらシャツの下から手を入れ胸に触りました。
そこでも抵抗されましたが、かまわずブラの上から触り、
そしてブラのホックをはずし胸をを優しくつかみました。
予想通り非常に大きな胸でしたが、マシュマロのように柔らかいものを
想像していましたが、意外と弾力があって硬かった。
その後、どうしても見たくなったので、シャツを脱がしブラをとりました。
ナミ「恥ずかしい、男の人に見られるのって初めて」
俺 「彼に見せたこと無いの?」
ナミ「彼とはキスまでの関係で、裸を見せたことはないの」
俺 「処女?」
ナミは恥ずかしそうにうなずきました。
俺は処女とは経験がなかったので、大興奮してしまいました。
キスをしながらベッドに押し倒し、ズボンとパンティを脱がしました。
ナミは腰を浮かして協力してくれました。
その後、膝を少し立たせて、ナミの股間に顔をうずめようしました。
「えっ、俺さん、だめ、はずかしいですっ」と抵抗されました。
そこで、クンニはあきらめ、中指でクリを押え、
ゆっくりと円を描くように撫でていきました。
すると「んん、あっ、ぁぁっ」と小さな喘ぎ声を出し始めました。
足の力が抜け、あそこがビショビショになったので、挿入することにしました。
あそこに俺のものをあてがい、ゆっくりすすめましたが、
痛がってずり上がり、挿入できません。
そこで両肘で肩を押え、キスをしながら先端を強く入れました。
ナミは「キャッ」と一言 声を出しましたが何とか先っぽが挿入できました。
ナミは「うっ、ううう~んっ」と痛がっていましたので、
一旦挿入を停止してそのままじっとしていました。
痛みが和らいできたみたいでしたので、ゆっくりと挿入していきました。
イメージとしては細い紙の袋に太い棒を押し込んで、
「メリッメリッ」と破れるという感じです。
奥まで挿入したところで感想を聞いたら
「痛いけど不思議な気持ち」ナミの中はとてもあたたかく、
そしてきつくて、強く動いたら壊れてしまいそうです。
とりあえず早く終わるために、いくことに集中しました。
最後はおなかの上に出しました。(生でやっていた)
俺のものを見ると、赤い血が縦に2本ついていました。
腰の下に敷いていたバスタオルも赤くなっていた。
ナミは間違いなく「処女」でした。
ちょっと残念だったのは、処女膜を見れなかったこと。(破ってから見た)
それから俺たちはつき合うことになりました。彼と別れるように言うと、
ナミ「別れようなんてかわいそうで言えない」
そこで「大学が決まるまで会わないようにする」と言ったそうです。
ナミとはそれから8ヶ月ほどつき合いました。
ナミのあそこはかなりきついのですが、挿入しても気持ちよくない。
(太すぎる棒をつかむとき力が入らないように)
挿入しているうちにゴムが伸びたようになって、きついのに締め付けない。
セックスの相性はよくないと感じていました。
春になって、元彼から連絡があったそうで、
「大学合格したので、会いたい」と言ってきたそうです。
「もう、処女でないので悪くて会えない」
俺はナミを彼に返してあげようと思いました。
「処女かどうかは黙っていれば童貞にはわからない」
「自分からなにもしないで、相手のされるがままになっていれば大丈夫」
「血は初めてでも出ないことがあるから」
俺はひとつ注意点を話しました。
「童貞は穴の位置がよくわからないので、少し上の位置をついてしまう
 そのとき手でつかんで穴にあてがわないように」
俺が初めての時、おしっこの穴あたりをついていて、
彼女に無言でチ○コをつかまれて穴にあてがわれ、
かなりへこんだ思い出がありました。
「痛い、痛いと言いながら、上にずれて穴の位置を自然に合わせて」
とにかく主導権を持たずに受け身でいるように言いました。
ナミと別れる事になり残念だったのは、つき合いだして1カ月ほどしてから、
硬かった胸が、本当にふわふわと柔らかくなって、気持ちよくなってきていた。
この胸にさわれなくなることでした。
今日が最後なのでセックスしようと言い、
最後のセックスは中出ししました。
こうして処女だったナミとは別れました。
昨日、以前結婚を考えていた(相手の親の大反対で別れた)元カノのナオが店に来て、
「誰かつき合っている人いるの?」などと言ってきましたので、
「ナオと別れてから誰ともつき合っていない」と言っておきました。
ナオは嬉しそうに
「また、私がつき合ってあげる」
明日はナオに会って抱くつもりです。
1か月後、ナミに電話したところ、彼とうまくつき合っているそうです。
彼はナミを処女と信じていて、まったくばれなかったそうです。
最初の時、穴の位置がわからず暴発してしまったそうで、
2回目にうまく位置を誘導でき、結ばれたそうです。
挿入されても痛くないので「気持ちよかった」
彼女曰く「大きさがピッタリ」
ナミの幸せそうな声を聞いて、俺は身を引いて良かった思いました。

その二へ

もっとエッチな体験談を探す   FC2 ブログランキング

「秘密のH体験談」では読者様のエロエロな体験談を募集しています。
読者様の体験談投稿、閲覧はこちらから
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。