FC2ブログ
.
.
.
.
.

妻の友人としました

2ちゃんねるなど、ネットに投稿されたエッチ体験談まとめブログ。姉・妹との近親相姦体験、不倫・浮気でのエッチ、人妻とのSEX(セックス)、ナースとのエロ体験、乱交etc、エロい体験談満載です。
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
2013/11/14(木)
2/11から私と妻と妻の友人夫妻と那須の方の温泉に2泊してきた
時のことを書きます。

妻の友人の旦那運転の車で4人で乗って行くことになりました。
 
宿についてお互い別々の部屋に荷物を置いて私は妻と一緒に
夕食前に温泉に行くことにしました。

そこの温泉は混浴もあったのでせっかくだからと思い入って
見ましたがおじさんとおばさんばっかり。(やっぱりな~と
おもいました。)
*仕方がなく温泉をあがって部屋に戻り、夕食を食べに食堂へ4人
でいくことにしました。そこはいろりを囲んでの食事だったた
め雰囲気もよくみんなお酒もかなり進んでしまいました。

ほろよい気分の4人はもう少し飲もうということになり、
また部屋で4人で飲むことにしましたが、ずっと運転をしてい
た妻の友人の旦那が一番最初に爆睡してしまいました。

その後は3人で飲んでいたんですが、妻の友人が温泉に入ってく
る~といって出て行ってしまったので妻と二人でしばらく飲ん
でいたのですが、妻も眠ってしまたったため、俺も温泉に入り
に行くことにしました。

そのとき妻の友人が温泉に入り終わったららしく、あるいて
きたので自然の流れで、せっかくだから一緒に温泉入りませ
んか?

ってきいたら「いーよー」とOKの返事。
さそく昼間妻と一緒に入った混浴にまた行って見ましたが、
夜遅かったためおばさんおじさんはいなくカップルが結構入
っていました。

お互いに最初はちょっと離れて体が触れない程度の距離に
いたのですが、せっかくだからくっついてみたいな~とおもい
手のマッサージをしてあげるよといって彼女の体に触れてそこ
から方のマッサージのあといたずらっぽく胸もさわっちゃい
ました。

それからは酔いにまかせて彼女の体をさわさわしているうちにお互いさわりっこ見たいな状態にまりました。

ただそうしているうちに温泉に長く入っていたせいか彼女は
かなりのぼせてきたらしく上がることになってしまいました。

更衣室は男女別々だったため先に着替えて彼女が出てくるのを
待っていました。しばらくして彼女が浴衣を着て出てきたので
部屋にかえりましたが妻と妻の友人の旦那はまだぐっすりねて
いたので、温泉の続きを寝ている二人がいる部屋で続けました。
(というか私がもう我慢できなくなってしまったためなんですが。)

彼女は最初はダメってこばんだんですが、キスをしたとたん
全身の力が抜けてしまい俺の言うとおりになってくれました。
ただ声は押し殺していましたが。

部屋を暖かくしてから浴衣を脱がして胸をモミモミしながら
彼女の下の口を手でやさしく愛撫しました。
どんどん彼女もぬれてきたので、私のジュニアを彼女の口で
たっぷりかわいがってもらいました。

お互いに気持ちがだいぶ盛り上がってきたので、騎上位で
はめました。妻の友人はアパレル関係のためやせているんですが、
意外と胸もあり背も160cmくらいあるためすごく抱き心地
が良かったのと、妻の前で妻の友人を抱いているとおもうと
それだけで気持ちよさが倍増ですぐに出そうになったため、
体位をかえてバックにしましたが腰のくびれがたまらず
そのままバックで果ててしまいました。

中出しはまずいとおもって抜いたんですが、少し中に出て
しまったようなきがします。(多分大丈夫だとおもうけど。)

終わったあと、彼女は自分の部屋に帰り旦那を私の部屋
に置き去りにして戻っていきました。

翌朝4人で朝ごはんを食べ終わり部屋に帰る途中、彼女から
昨日のこと内緒だよっ!っていわれました。

2泊だったため、その日の夜、4人で混浴に入ったとき、
妻と妻の友人の旦那の目を一瞬だけ盗んでおっぱいをさわ
わせてもらいました。彼女はも僕のジュニアを触ってくれ
ました。

その夜はなにもなかったのですが、この分ならまた平日の
夜など会えそうな気がしたので今後がちょっと楽しみです。
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://htaiken7.blog.fc2.com/tb.php/2297-7bdc088b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
.
.
.
.
.

 | Copyright © 秘密のH体験談 ネットだから話せるエッチ体験告白ブログ All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
.
.
.
.
.