FC2ブログ
.
.
.
.
.

SNSで知り合った短大生の子がいつの間にか保険屋になった

2ちゃんねるなど、ネットに投稿されたエッチ体験談まとめブログ。姉・妹との近親相姦体験、不倫・浮気でのエッチ、人妻とのSEX(セックス)、ナースとのエロ体験、乱交etc、エロい体験談満載です。
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
2013/11/12(火)
SNSで知り合った短大生の子がいつの間にか保険屋になった。
研修期間は商品説明の練習相手にはなっていたが、いざ研修期間が終わったら色々と大変らしいので話聞いてくれってきた。
これはチャンスと捉えるべきか?
ただし、当方37妻子もちで相手は25彼氏アリ。
*― 数日後 ―
文才ないのでダイジェストで。

1.メシも兼ねた飲み
時間は18時から20時くらいまで。
この時は完全に聞き役に徹しました。

2.カラオケへ移動
話を聞いたからか、だいぶすっきりしたようでカラオケでは隣に座ってくる。
ここから手を触ったり、ももに手を置いてみたり。
次第に触れる頻度を増す→向こうもまんざらではない。

そして1時ちょっとしたところでいよいよ肩に手を回す。(カラオケは2時間で入りました)
しかしそれ以上の行動はせずに割と楽しい雰囲気でカラオケ継続。
数曲歌い、もうすぐで退室ってところで顔を近づけたら拒否る様子がなかったのでそのままキス。
それからは退室までの数分間はずっとキスでした。
目がトローンとしたのを確認し、耳元で次いこっかと言うと返事は「うん」のみ。

3.ホテルへ移動
部屋へ入るなりキスをしまくりました。
どれだけ唾液を交換したのかわかりませんが多分500mlくらい?ってくらいキスをしました。

服を脱がし、スレンダーな体をまさぐったところで「お風呂行こー?」ってことで一緒に浴室へ移動。
浴室内で会話しながらちんこ押しつけてみたら
「奥さんだけだよね?じゃあ病気はないよね?w」って確認されてそのまま生外出しで1回。
彼氏とは生でしているようなのでピル服用してるとのこと。

しかし生中は気が引けるので外に出しました…ヘタレですみませんorz
ベットへ戻りひたすらクンニで2回連続逝かせました。
その後再度挿入して2回目の外出し。
ここで私の体力が尽きましたorz

それからはしばらくイチャイチャとうたた寝をし、お互い始発で帰りました。
保険に入るつもりはありませんでしたが、ついピロートークで
「安いのでよければ入るよーw」なんて言ってしまいましたorz
来月から3千円程の掛け捨て医療保険へw
今は10回払うまでに何回できるかなーなんて思ってます。


― 補足 ―
会う事になったのは、商品説明の練習(気づいたらアドバイス)や、同年代の彼氏も当然働いているので愚痴を言うと「お前のやり方が悪い」と説教されてケンカになるとのこと。
仕事の事や彼氏への不満を延々と聞いていました。

カラオケでは2時間で入り、肩に手を回したのは1時間が経過した辺りから。
最後の10回払うまでに何回できるかなーって思ったのは、単純に10回の保険料のトータルを風俗1回分の金額として考え、元を取るどころかプラスにしておきたいなとw


性描写がないので特に必要としないと思いますが、一応スペック。

俺:170-66 小柄な昔なつかしK-1佐竹orz(前歯はちゃんとあります)
保険子:160くらい?体重不明 スレンダーな方だと思う。疲れ果てた小嶋陽菜って感じです。
      胸はC-75でした(ブラで確認済)

      ベットの上では割とマグロ。ポジティブに考えると、身を委ねてる?
      下は濡れ方ハンパない。
      毛は多め。満州少々。
      フェラは舌使いがよろしくないのでこれから期待。


幕引きについては、そもそも毎回忘れた頃に連絡してくる子でした。
こちらは今の仕事(保険)が長続きしないのではと踏んでおり、辞めたら音沙汰なくなると思います。

今のところは問題なさそうですが、保険に入る=こちらの住所、家族構成、嫁、子供の名前まで詳細に把握されてるので、注意点としてはいかに自然にフェードアウトできるかってところでしょうか。
これから保険屋さんとチョメチョメしてやろうと思ってる妻子持ちの方がいらっしゃいましたら気をつけて下さいね。
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://htaiken7.blog.fc2.com/tb.php/2279-8d675939
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
.
.
.
.
.

 | Copyright © 秘密のH体験談 ネットだから話せるエッチ体験告白ブログ All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
.
.
.
.
.