FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

[弟とのエッチ体験談]女性下着フェチの弟と…

194: 名前:名無しさん@下着大好き! 投稿日:2010/10/12(火) 23:24
もちろん処女ではなかったけど、無理やりヤラレルのは好きじゃありません。
まあ、弟だし、大目に見てあげようと思っています。

195: 名前:194 投稿日:2010/10/14(木) 00:05
一昨日の夜中、酔っ払って家へ帰ってきたら、部屋でそのまま洋服を脱ぎ捨ててベッドに倒れこむように眠ってしまいました。
午前3時ごろ人の気配を感じて、突然目が覚めました。
 

【PR】結婚してるのに旦那とはセックスレス。だからここに登録しました

高校生の弟が私の足元でパンティを脱がせようとしていました。
驚いてその場にいた弟を蹴り飛ばそうと思いましたが、でもまだかなり酔っていたので、金縛りにあったみたいに体が言うことを利きませんでした。
「何やってるの?」と問い詰めようとしましたが、言葉まで呂律が廻りません。
弟は私にのしかかり、私の口を手で押さえ、「姉貴、怪我をしたくなかったら一回だけやらせて」と脅してきたのです。

197: 名前:194 投稿日:2010/10/14(木) 23:21
弟は私より6歳年下で、高校2年生です。
男子バレー部に所属していて、身長も180近くあり、姉の私から見ても顔もかわいい感じで、もてないわけがありません。
ただ6歳も離れていると弟の行動にはまったく興味もなく、家庭内でもほとんど口を聞くことはありませんでした。
私は短大を卒業して、地元企業のOLをしています。
高校生の時から続いている同級生の彼氏がいて、彼氏も地元勤めで、いつでも会えるのでエッチ関係については充実していました。
会社も実家から近くて、友達も周囲にいるので会社帰りに飲んで帰ることは珍しいことではなかったのです。

198: 名前:194 投稿日:2010/10/15(金) 00:03
翌日が休日だったので思わず飲みすぎてしまったのです。
でも弟が私に興味を持っていたなんて考えたこともなかったし、こんなことをするとは夢にも思っていなかったのです。
声を出そうにも弟に口は塞がれていたし、馬乗りになっていたので身動きが取れませんでした。
生まれて初めて弟の事を怖いと思いました。
「抵抗したら本当に切るよ」
そう言った弟の右手にはカッターナイフが握られていました。
私はただ弟の言葉に頷くしかありませんでした。

203: 名前:194 投稿日:2010/10/16(土) 23:48
>>196
>>199
>>200
>>兄さん
>>202

皆さん、こんばんは。応援ありがとうございます。
私にとっても残念ながらこの話は妄想ではありません。
ただ当時、かなり酔っていたため記憶も曖昧で自分の身に何が起きたのか、整理する意味で少しずつ書き綴っています。
性欲に負けて嫌々ながらも結局は弟を受け入れてしまった自分に嫌気がさしています。
カッターナイフで脅されていたのだから状況的に仕方がないで片付けてはいけない問題なのです。

204: 名前:194 投稿日:2010/10/17(日) 00:08
弟は私が騒がないことを確認すると、口から左手を離し、右手に持っているカッターナイフの刃を、肌を傷つけないようにブラの胸間つなぎ目部分に入れ、切断してしまったのでした。
ブラが開くようにずれて私の胸が弟の目の前にさらけ出されてしまったのです。
弟がすごく怖かった。
「やめて。何でこんなことするの?」
私は両手で胸を隠そうとしました。
恐怖のあまり涙目になっていた私の目で上から見下ろしている弟の事を睨みつけていました。
「姉貴の胸、前からはっきりと見たかったんだ。ブラジャー、切っちゃってごめんね」
しかし、弟は左手で私の胸をもんだり、乳首をイタズラし始めたのです。

206: 名前:194 投稿日:2010/10/17(日) 00:28
>>205
リレー小説のように続きを書いていただいたことは善意と受け取ってもよろしいのでしょうか?
でも私にもプライドがありますし、彼氏に対する申し訳ないという気持ちもあります。
ただ自分なりにきちんと決着をつけてみたい気もします。
遅筆ではありますが、これからも頑張りますので応援よろしくお願いします。

210: 名前:194 投稿日:2010/10/17(日) 22:43
弟はカッターナイフを横において、両手を使って懸命に私の胸をに愛撫していたようだけど、全然気持ちよくなかった。
彼氏のと比べれば、反対に気持ち悪いような感じ。
やっぱり弟だから?私は横を向き弟のほうを見ないで好きなようにさせていました。
「姉貴、気持ちいいだろ?」
「・・・そんなわけないじゃない」
弟のしている行為がすごく悲しかった。
無性に情けなかった。

211: 名前:194 投稿日:2010/10/17(日) 22:53
明らかにアダルトビデオの見過ぎです。
彼氏と一緒に見たことがあるレイプビデオと行為の順番がまったく同じでした。
「お姉ちゃん、そのくらいじゃ全然感じないよ。あんた童貞でしょ?」
「えっ、そんな事・・・」
弟の愛撫が一瞬止まりました。
「うるさい!姉貴、自分の立場がわかってないな」
と、逆切れした弟を見て、反対に私も覚悟を決めました。
酔っていたせいもあると思います。

213: 名前:194 投稿日:2010/10/18(月) 23:11
>>212
レスありがとう。
自分の文章力には反省すること然りです。すいません。
しかし、やっぱりそれでも弟が相手なんです。
よくわからないけど、途中でもう勝手にしてという気分になってしまったのも事実なんです。
私には彼氏がいてもちろん度々エッチはしているし、エッチが好きなことも認めます。

214: 名前:194 投稿日:2010/10/18(月) 23:51
弟も私の挑発によほど頭に来たのか、突然乳首を噛み始めました。
「痛いって」
しかし弟は無言のまま今度は舌で乳首を転がしていました。
パンティは私が寝ている間に既に下ろされていて、弟の手が少しずつその場所へ伸びていったのです。
恥丘って言うのかな?弟の手がそこに触れたとたん、もう本当に嫌で嫌で鳥肌が立ってしまったくらいでした。
弟がどんなに頑張って私を感じさせようとしても彼氏のテクニックには絶対に敵わないと思っていたし、もうこれ以上は耐えられません。
「ここでやめないと本当に悲鳴あげるよ。お父さんとお母さん、呼ぶからね。したいだけなら、さっさとやっちゃってよ。お姉ちゃん、あんたのやっていることを見ていると吐き気がするの」

215: 名前:194 投稿日:2010/10/19(火) 00:09
私の立場が優位になって立場が一瞬にして逆転したようでした。
弟が私から離れベッドの脇に立ちすくんでしまいました。
「するの?しないの?どっちなの?はっきりして!」
部屋が暗かったので弟の表情ははっきりとはわかりませんでしたが、かなり動揺していました。
私は足の先に引っかかっていたパンティを完全に脱いで、弟の目の前で両足を開き私の大切な部分を弟に見せつけてしまったのです。
この時、何故こんなことが出来たのか、後々考えると不思議でなりません。
「早く脱ぎなさいよ。あんたのおち○ん○んをここに入れればいいんだから」

220: 名前:194 投稿日:2010/10/19(火) 23:30
遅くなりました。ごめんなさい。
少し弁解させていただきますが、本当は>>218さんの言うとおり、お○ん○んと打ったのですが、オシシトウに勝手に変換されてしまいました。
それに彼氏とエッチする時だってあれの事を「お○ん○ん」と呼んでいますよ。
彼氏にそう言えと命令されています。

221: 名前:194 投稿日:2010/10/19(火) 23:44
「お姉ちゃん…」
弟はいつも私を呼ぶときは「姉貴」のはずだったのにこの時ばかりは違っていました。
「私もあんたに大事なところ見せたんだから、あんたも見せなさいよ。早く脱ぎなさい!」
弟は私に命令されてパジャマ代わりのTシャツとハーパン(膝丈まであるジャージのような半ズボン)を慌てて脱ぎ始めました。
弟の脱いだその姿を見て、私は驚いてしまったのです。
私がこの「下着大好き!BBS」に書き込むことにした一番の理由がここにあるのです。
私が目にした弟の姿は…。

222: 名前:194 投稿日:2010/10/20(水) 00:14
「嘘でしょ?」
私は驚くことしか出来ませんでした。
弟は胸に青色のブラジャー、その下にはセットのパンティを穿いて立っていたのでした。
しかもそのブラショーツは間違いなく私のものでした。
しかも私が昨日着用していたものだったのです。
洗濯には出したはずなので母が洗って干してあるものを弟は着用していたのです。
ブラはかなり窮屈そうに弟の胸を締め付けていて、パンティは無惨にも弟の巨体にあわせて伸びきっていました。
「…変態!」
酔いもさめてしまい、私の視線は弟の大きく膨れ上がったパンティのその部分だけに集中してしまいました。

225: 名前:194 投稿日:2010/10/21(木) 00:38
また飲んでたった今帰ってきました。
更新は明日必ずします。

226: 名前:194 投稿日:2010/10/21(木) 23:28
「あんた、なんで私のブラとショーツなんか、着けているのよ!?」
そう言えば、以前からこの部屋の私の下着収納ケースの中身が時々荒らされていることがありました。
母は私の洗濯物については化粧台の上にまとめて置いてくれているので、ケースの中身をいじることはないし不思議に思っていました。
「お姉ちゃんの事・・・」
「私の事がどうしたのよ?」
「お姉ちゃんの事をもっと」
「だから私たち血の繋がった実の姉弟なのよ」
「誰にも渡したくないんだ」
弟は私と彼氏との関係の事を言っているんだと思いました。

228: 名前:194 投稿日:2010/10/21(木) 23:41
彼氏も時々私のこの家へ遊びに来ることがあります。
実は先月、結婚云々は関係なしで、父に彼氏を会わせました。
その時弟の事も彼氏に紹介しようと思ったのですが、部屋に閉じこもって出てこなかったことがあるのです。
今私の目の前で弟は目を赤くして泣いていました。
180もある巨体の高校生の弟が無性にかわいく思えてしまったのです。
「馬鹿ね。こっちへいらっしゃいよ」
弟を私のいるベッドの上へ迎えました。
そして、やさしく抱きしめてあげたのです。
「私の下着を身に着けたのは、もっと私の事を身近に感じていたかったから?」
私の腕の中で弟はそっと頷きました。

236: 名前:194 投稿日:2010/10/23(土) 00:15
「ともかく気持ち悪いから、その着ている私の下着脱ぎなさい」
「うん」
弟は笑顔になって、素直に私の言うことを聞きました。
そして、直接生で見る弟のお○ん○ん。
先程のパンティの盛り上がり方でも大きいと思ったけど、彼氏のとは到底比較になりません。
しかし、エッチはあそこの大きさだけで決まるとは思っていないし、実際彼氏とのエッチにも充分満足していましたから。
私は弟が脱いだブラショーツを今度は自分が着けて、弟に見せてあげました。
「どう?」
「女の人が着けるとやっぱりセクシーだね」
弟は興奮しているらしく、お○ん○んはより生々しく、血管が浮きだって見えました。

238: 名前:194 投稿日:2010/10/23(土) 00:31
弟は私の体を食い入るように見ていました。。
「それじゃあ、今度はあなたの手でこの下着を脱がして頂戴。今度はカッターナイフで切り裂いたりしないでね」
何故私がこんな行動をとったのか、自分自身わかりません。
この時にはほとんど酔いは醒めていました。
しかも、この弟とエッチしてもいいかなという気持ちに変わっていました。
弟の息は荒く、不器用に私の下着を脱がしています。
私は仰向けになり、弟が下着を脱がせやすくするために体を微妙に動かして協力しました。
私は自然と弟のお○ん○んを手に取っていました。

239: 名前:194 投稿日:2010/10/23(土) 22:50
その瞬間、弟の体がびくんっと震えました。
「お姉ちゃん」
「触られると気持ちいい?」
「彼氏とどっちが大きい?」
「そんなことに答える義務はないでしょ。調子にのらないの」
優しく握って擦ってあげました。
弟は私の下着を脱がす手を止めて、喘いでいました。
「お姉ちゃん、お願いがあるんだ」
「何?いかせて欲しいの?」
「このお姉ちゃんの青いパンティを巻き付けて擦ってほしい」
「あんた、本当に下着が好きなのね」

240: 名前:194 投稿日:2010/10/23(土) 23:08
弟は私が今穿いていた青いパンティをようやく脱がし終わって、それを私に渡してきました。
さっきまで弟が着用していたものです。
全裸の弟を仰向けに寝かして、股間に割って入り、私は溜息をついてから、弟の言うとおりにしてあげました。
亀頭にかぶせてから、その上から握りなおし、最初はゆっくりと徐々にスピードを上げて上下運動をしてあげました。
「お姉ちゃん~!」
弟の喘ぎ声も激しくなり、顔も気持ちよさそうにゆがめていきました。
「お姉ちゃん・・・いく、僕いっちゃうよ」
「このパンティ、あんたにあげるわ。だから汚してもいいわよ。後で自分で洗いなさいね」
弟が顔をしかめると同時に、かぶせたパンティにじわーっと生温かいシミが広がっていきました。

242: 名前:194 投稿日:2010/10/23(土) 23:23
>>241
本当です。弟が射精したのはこの時が初めてなんですよ。
実はあとでわかるのですが、弟は私をだましていたんです。

243: 名前:名無しさん@下着大好き! 投稿日:2010/10/24(日) 23:35
「お姉ちゃん、すごく気持ちよかったよ」
私は弟の精液を一滴もこぼさないように、同じパンティの濡れていないところできれいに拭いてあげました。
拭き終わった後のパンティをきれいにたたんで、弟に手渡しました。
「満足した?」
私からの問いかけに弟は首を横に振りました。
私なりに射精したあとは弟も満足しただろうと言うことでこれで終わりだと思って安心しきっていたのです。
ところが弟のお○ん○んは私の目前ですぐに大きく戻っていたのですから。
私は目を疑ってしまいました。
私にとってこれだけ早い回復は見たことがありません。
そして、弟は私に嘘をついていました。
それがわかったときにはすべてが遅すぎました。

244: 名前:名無しさん@下着大好き! 投稿日:2010/10/24(日) 23:46
「お姉ちゃんと一つになりたい」
と言って、弟は突然襲い掛かってきました。
それがあまりにも自然に私に甘えるようにもたれかかってきたので、押しのける余裕もありませんでした。
「濡れてるね。入れるよ」
「えっ、待って!コンドームは?」
「大丈夫だよ。きちんと外に出すから」
不覚でした。
私のあそこは弟のお○ん○んを擦っている間に濡れてしまっていたのです。
あそこにあてがわれたと思っていたら、少しずつ私の中に入ってきたのです。
「えっ、なんでなんで?」
弟のあまりの手際のよさに私は慌てました。

245: 名前:名無しさん@下着大好き! 投稿日:2010/10/24(日) 23:55
弟の生挿入を許してしまった私。
弟のそれが奥まで達したと思ったら、私は彼氏のときとは違う何かを感じていました。
うまく言葉では説明できませんが、ここまで来たらもう弟のしたいようにさせてやろうと思ってしまいました。
弟はゆっくりと腰を降り始め、その度に体が反応していました。
「あんた、童貞じゃなかったの?」
「俺自分が童貞だなんて一言も言ってないよ」
だまされました。
今まで弟は童貞のフリをしていたのでした。

249: 名前:194 投稿日:2010/10/25(月) 23:36
>>247
>>248
昨日の日曜日、彼氏とデートしていつもみたいにラブホショートでエッチして夕方には家へ帰ってきました。
そして寝る前に更新しようと思って、昨夜は244~245をカキコしたのですが、UPしてすぐに弟が私の部屋を訪ねてきて、結局AM3時ごろまでしちゃいました。
今朝、眠気眼で会社へ出勤したのですが、休み明けと言うことで仕事も大変だったので、今夜はかなり疲れています。

251: 名前:194 投稿日:2010/10/26(火) 00:38
弟のお○ん○んの出し入れは不規則ながらもまるで女の体を知り尽くしているような動きをしていました。
深く激しく入れたと思ったら、抜けてしまうぎりぎりまで引き、浅くゆっくりと数回。
彼氏のは一定のリズムで突いてくるだけなので、いくら体位を変えてもそのリズムは変わらないので、彼氏のは自分だけが満足すればよいと言う自分本位(勝手?)なのかもしれません。
さらに弟のすごいところは正常位のままその腰の動きに衰えをまったく感じさせないと言うことでした。
本当のところ私は今している弟との行為が気持ちよくて知らず知らずに喘ぎ声が出そうになっていましたが、弟にいかされてしまいそうなのがとても悔しくて無理して声を押し殺していました。
弟の顔を見ているのか恥ずかしかったので、相変わらず私はそっぽを向いていました。
でもいつまで我慢できるのか自信がありません。
しかし弟のお○ん○んが出し入れされるたびに「にちゅっにちゅっ」と音がしていたので、弟には私がいきそうなのはわかっていたはずです。

252: 名前:194 投稿日:2010/10/26(火) 00:38
弟も私も汗だくになって感じまくっていました。
「お姉ちゃん、こっち向いてよ。キスしようぜ」
弟が私を呼ぶ時の「お姉ちゃん」という言い方は今では皮肉に聞こえていました。
まだ「姉貴」の方がましです。
「キスはいや」
「今さら何言ってるの?」
と弟は驚いた顔つきで言いました。
私は彼氏を愛しています。
性欲に負けて体は他人(弟ですが)に許したとしても、唇を許してしまうのはあまりにも彼氏に申し訳なくて。
ところが弟は力任せに私の顔の向きを変え、唇を奪い舌を口の中に入れようとしてきました。
「嫌だ、嫌だって言ってるでしょ」
舌を入れられないように口を強く結ぼうとしましたが、弟は絶妙に腰を激しく振り出して、私が我慢出来ずに声を上げそうになった一瞬の隙を狙って舌を絡めてきたのです。
「ずるいよ~」
私は再び泣きそうになってしまいました

253: 名前:194 投稿日:2010/10/26(火) 00:46
>>250
彼氏とする時は愛されている実感があるので。
弟の場合はただ性欲をむさぼるという感じなので。
今の私にはどちらがよいということは言えません。

267: 名前:194 投稿日:2010/10/27(水) 00:34
唇を奪われ、しかも舌を絡められたことで、私は完全に弟の所有物になっていました。
しかも自らの舌を弟の口膣内に忍ばせてしまいました。
舌を伝って弟は唾液を私の口へ流し込みます。
私はそれを弟の命令されるがままに飲み込みました。
いつの間にか私は弟の背中に腕を回し抱きしめていました。
弟のお○ん○んはこれでもかこれでもかと言わんばかりに私のあそこを突いてきています。
今までは懸命に声を押し殺していたつもりでしたが、もう我慢できなくなっていました。ついに私は思い切り弟の名前を叫び、歓喜の喘ぎ声を上げていました。
近親者である弟とのエッチがこんなにも気持ちのよいことだったなんて。
「ああ~っ、あああっ、いい~っ、だめだめ…、いっちゃう、いっちゃうよ~!」
「おねえちゃん、下(の階)にいる親父たちに聞こえちゃうよ。静かにして!」
弟は私の声に慌てたらしく、突然腰の動きを止め、お○ん○んをあそこから引き抜いてしまいました。

268: 名前:194 投稿日:2010/10/27(水) 00:36
「抜かないで!お願い!」
と私は必死に弟に訴えていました。
一度私側に立場は逆転したはずなのに、また弟のペースに戻っていました。
後から考えれば、これらはすべて弟の筋書き通りだったのに違いありません。
「静かにしないともうこれで終わりにするよ」
「わかった。わかったから…」
そう言った私に弟はいやらしく笑っていました。
私の視線は私から引き抜かれた弟のあそこに集中していました。
「お姉ちゃん、そんなにもの欲しそうな顔しないでよ。大丈夫だよ、静かにしてくれさえすれば、ちゃんと元通りにしてあげるから」
弟は私の片足を掴んで力ずくで私の体を引き寄せました。
「痛い!」
「今度は四つん這いになってよ」

269: 名前:194 投稿日:2010/10/27(水) 00:37
私は命令されるままに体の向きを変え、弟にお尻を差し出しました。
「お姉ちゃんのあそこ、ぐちゃぐちゃだね」
「そんな…、意地悪言わないで」
弟の体が私から離れただけなのに、体が切なくて仕方がありません。
「そうだ!あのパンティ、もう一度穿いてみてよ」
「えっ?」
あの青いパンティを弟は私に手渡しました。
弟の精液で汚された青いパンティ。
弱みを握られた私にとって、弟の命令は絶対です。
弟の目の前で仕方なくそのパンティを穿きました。
精液のシミが冷たくなっているのがお尻で感じました。
もう一度、弟の方へお尻を向けます。
「…早く。お願い」

284: 名前:194 投稿日:2010/10/28(木) 00:20
弟の精液がたっぷりと沁みたパンティを自らの意思で身に着けた私。
さっきのように私のあそこをお○ん○んで抜き差しして欲しくてそのパンティを穿いたお尻を弟の方へ向けて誘惑していました。
パンティ染み付いた精液の匂いが私の鼻をくすぐりました。
彼氏のとはまた違った匂いで、私にとっても嫌な香りではありませんでした。
「ねえ、あんたの言うとおりに穿いたわよ~。早く入れてったら!」
「やっぱりお姉ちゃんはかわいいなぁ。そんなに弟のちん○が欲しいのかい?しょうがないなぁ。まあ、僕も早く繋がりたいと思っていたしね」
弟は私のお尻の前で膝立ちをしてパンティの上からお○ん○んをあてがってきました。
「ナイロンやポリエステルの生地って肌触りが良くて好きなんだよなぁ…」
生地を通してお○ん○んが私のあそこにに触れているのがわかります。
刺激が伝わってくるたびに私のあそこがますます濡れてくるのがわかり、正直気が狂いそうでした。
そんな私をからかって弟は楽しんでいるのでしょう。
「なんだお姉ちゃん、さっき僕が汚してしまったシミとは別の場所にシミが出来てきているよ」

285: 名前:194 投稿日:2010/10/28(木) 00:24
「意地悪言わないで、早く入れて!」
「お願いします。入れてくださいだろ!」
「…お願い、入れてください」
弟の命令を聞かないと入れてもらえない、ここまできてしまった以上、それだけと絶対に嫌でした。
弟はパンティを脱がして入れてくるのかと思っていたら、パンティを穿いたままの状態でクロッチの部分をめくってお○ん○んを刺しいれて来たのです。
再び弟のお○ん○んが快感とともに私の中へ戻ってきたことを実感しました。
弟の脈拍が私の子宮を通じて今にも聞こえてきそうでした。
「くぅ…、お姉ちゃんの中、最高だよ。兄弟姉妹同士って性器の相性が赤の他人よりも抜群に良いらしくでセッ○スしたらもう離れられない位に気持ちいいってネットで読んだけど、本当だね」
私は弟の能書きに付き合っている、私には余裕はありませんでした。
私の中を弟のお○ん○んが擦れ、あふれ出てくる愛液が外へかき出されるたびに毎回襲って来る快感に酔いしれてしまい、声を押し殺すのに必死でしたから。
こうやってバックからすると、より深くに弟のお○ん○んが届いていました

286: 名前:194 投稿日:2010/10/28(木) 00:27
読み返してみると、思いのほか誤字脱字が多いですね。添削してからUPしないと。

299: 名前:194 投稿日:2010/10/29(金) 00:58
弟は叩きつけるように激しく突いてきました。
突かれるたびにどうにも声が出そうになるのですが、必死に我慢していました。
それでも声は漏れてしまいます。
「もっと鳴いていいよ、お姉ちゃん。鳴けば鳴くほど僕も頑張れるからね」
でも私は弟の命令でパンティを穿いたままだったので、それがクッションとなって弟がいくら腰を叩きつけてきてもあのこぎみのよい音はしませんでした。
彼氏とのエッチでバックでするときには必ずといっていいほど聞こえてきていたのに。
彼氏の腰が私のお尻に刻むパンパンパンと言うリズム。
しかし弟は私にパンティを脱がせようとはしませんでした。
後で弟から聞いた話なんですが、弟は幼い頃から相当の女性下着フェチだったらしく、身近な異性だった姉の私の下着にはかなり以前から興味があったそうです。
前にも書きましたが、私の部屋の衣装ケースの中の下着が収納したときと比べて少し位置が変わっていたりしていたことは知っていましたが、弟の女性遍歴はまさに下着と共にあったと言っても過言ではありませんでした。


300: 名前:194 投稿日:2010/10/29(金) 00:58
中学生のときに同級生の子としたのが初体験だったらしく、それから何度かエッチをしているうちに、最初から彼女の下着に興味を持っていた弟は、お互いの着ている下着や服を交換して着用してみたそうなのです。
お互いの性的役目を交換して弟は男だけど女として相手にパンティやブラを脱がされる自分に興奮してしまい、彼女にパンティを脱がされている途中で思わず自分勝手にいってしまったことも。
しばらくその後は彼女とはそんな変態エッチに嵌まってしまったり、一人で部屋にいるときも男の子なのに女性のかわいい下着を身に着けている自分を鏡で見ながら、夜な夜なオナニーにふけったときもあったらしいです。
もっとも弟にとってこの家にはすぐ手の届くところにいくらでも私の下着があったわけなのですから。
弟からしてみれば、同級生のものと比べても私の下着は大人っぽいそうです。
やがて彼女も弟の異常な性的嗜好にはついて行けずに結局一年くらいで相手に愛想をつかされて別れることになるのですが、その頃弟は成長期で身長も体格も男性的になり、姉の私から見てもイケメンと言うのには言い過ぎなのかもしれませんが、元々かわいい顔つきであったことは本当の事で特に高校入学してからはエッチ相手の女性にはまったく不自由しなかったそうです。

301: 名前:194 投稿日:2010/10/29(金) 00:59
そんな時期に弟のエッチのテクニックは自然と身に着いていったのでしょう。
「お姉ちゃん」
と弟が背後から囁いてきました。
それでも弟は腰を振ることをやめたりしません。
「ンッ…んっ、んっ…何?!」
「お姉ちゃんにとってセッ○スした男の人数は僕で何人目?」
「…5人目かな」
「あれっ?お姉ちゃん、今の彼氏とは高校生のときから付き合っていたよね?」
「ン…っ、うん…」
「僕の感だけど、おそらくお姉ちゃんの初めての人って、彼氏だよね」
「…そうだけど」
「彼氏、かわいそうだね~。おねえちゃんって僕が思っていた以上に淫乱だよね。しかも今夜は弟にまで寝取られているんだから」
私の腰骨の辺りを掴んで引き寄せながらお○ん○んが奥まで届くようにしたり、腰の動かすのが疲れてくると私の背中にのしかかってきて背後から腕を回して私の胸を揉んでみたり、執拗に私を攻めてきました。

311: 名前:194 投稿日:2010/10/29(金) 23:01
>>皆さん
応援や批評等本当にありがとうございます。
>>310さん
書いている私にしてみれば、創作やパクリのつもりは一切ありません。
弟が下着フェチなのも高校生なのに女性経験がやたらと豊富なのも、弟と私がエッチをしてしまったことも今さら曲げようも無い事実なのです。
>読んでて面白いと言ってるんだから、
そう言っていただけるだけでも嬉しいです。

312: 名前:194 投稿日:2010/10/29(金) 23:20
今までよりも弟のお○ん○ちんの抜き挿しが激しさを増し、弟がいきそうだと言うことを私は予感しました。
それでも弟は私の腰をしっかりと抑え、懸命に最後まで姉の私を楽しませてくれています。
私の場合、その間にも既に何度か、いかされていましたが。
「お姉ちゃん、そろそろいきそうなんだけど!」
ついにその瞬間が来たかと思いました。
「んっ…、あっあっあっあっ、あ~っ、外へ出して!約束したでしょ!」
弟はいきなり私のあそこに今までに経験のない深さまで挿しいれたと思ったら、今度は反対に一瞬で抜き去り、喘ぎ声を上げて大量の精液を放出しました。
射精した瞬間を見たわけではなかったのですが、私の背中に向けてすごい勢いで飛び出していったようです。
かけられた背中に生暖かいものを感じました。


313: 名前:194 投稿日:2010/10/29(金) 23:20
穿いていたパンティのヒップ部分に向けて外出ししたつもりだったらしく、また新しいシミで汚されてしまいました。
「お姉ちゃんのお○んこ、最高だよ。今までの女友達とは比べ物にならないよ」
弟は倒れるように横になり私と寄り添うように並びました。
そしてうつぶせになった私のお尻から背中に広がった精液をティッシュできれいに拭き取ってくれました。
私の愛液と弟の2回分の精液が染み付いたパンティも弟が脱がしてくれました。
「き…、気持ちよ…よかったよ」
何故かうまく呂律が廻りません。
私も弟とのエッチがこれほどまですごいとは思ってもいなかったのです。
弟は疲れきって動けない私の体を仰向けにして、両足を左右に開かせ、ぐしょぐしょになっていたあそこもきれいに拭いてくれました。

314: 名前:194 投稿日:2010/10/29(金) 23:21
「お姉ちゃん、体が震えているね」
数分経っても体が小刻みに痙攣していたのです。
「やだ、もう。こんなこと初めて」
全裸のままいつまでも震えている体を弟に見られて、突然恥ずかしくなってしまい、私は両手で顔を覆ってしまいました。
もちろん彼氏とのエッチでもここまでで興奮させられた経験はありません。
ただ実の弟と近親相姦してしまった私としては、少しだけ彼氏に申し訳ないという気持ちもありました。
今度彼氏に会ったらお口直しのエッチをしてもらおうと心に決めていました。
このまま就寝しようかと思った矢先でした。
余韻に浸っている時間は私にはありませんでした。
「もう一回したいな」
と弟が私を再び求めてきたのです。
弟は私の股間に触れて、あそこを広げたりして遊んでいました。

327: 名前:194 投稿日:2010/10/30(土) 21:15
すみません。194です。こんばんは。
携帯からの書き込みで申し訳ありませんが、今夜の更新をお休みさせてください。
彼氏と一緒に台風の中ドライブしています。
今夜はラブホお泊り確定です。

334: 名前:194 投稿日:2010/10/31(日) 11:11
おはようございます。さっき彼氏に送られて家に帰って来ました。朝帰りです。
弟はクラブ活動で学校へ行っているみたい。帰ってきたら何か言われるかな。
弟とのエッチは激しく一方的に犯され何度もいかされてしまうのですが、彼氏とのはお互いが楽しんでいるようで充実感いっぱいな癒やし系エッチです。どちらも悪くないなぁと思っています。
でもやっぱり彼氏のこと大好き。この人といるだけで、私幸せなんですよ。
私の書いたスレでなんだか揉め事みたいなことになっているみたいで、ゴメンナサイ。
みんなの気持ちを害してしまったとしたら、もう続きを書くのはやめにします。そのときは遠慮なく言ってくださいね。

344: 名前:194 投稿日:2010/10/31(日) 23:20
弟はまた私の両足を左右に広げて割って入り、顔をあそこに近付けました。
そして舌を這わせて舐め始めたのです。
「えっ、えっ、ちょっと~」
「毎週のように彼氏とやりまくっていて、しかも僕を含めて6人のちん○をくわえ込んでいるのに、お姉ちゃんのあそこ、すごくきれいだね」
「そんなトコ、舐めなくていいから~」
弟は私のクリを剥き、舌で刺激しています。
指で転がしたり、口に含み時々甘噛みしたりしてとても17歳の高校生のやることとは思えません。
「気持ちいいよ、すごく気持ちいいよ。だめ、そこはだめだったら~」
文字通り電流が走るってこのことですよね。
弟のされるままに私は感じまくっていました。
あそこがものすごく熱くなり、いつでも弟のお○ん○んをもう一度迎え入れる用意が出来ていました。
弟の顔を覗くと口の周囲が私の愛液で光っていました。


345: 名前:194 投稿日:2010/10/31(日) 23:21
「お姉ちゃん、フェ○してくれる?」
「…」
私は何も答えませんでしたが、弟は体を移動させて私の顔を跨いて有無を言わさずにお○ん○んを私の目前へ運んできました。
男性上位のシックスナインの体勢です。
先程お○ん○んをパンティで包んで手で掴んだ擦ってあげたときも思いましたが、確かに彼氏のと比べても大きいのです。
長さはあまり違いは無く少しだけ弟の方がありそうですが、それよりも太さが明らかに違い過ぎるのです。
「マジマジと見てないでさ、いいかげん口に入れてよ」
「わかったわよ!」
仕方なく私はぶら下がるように垂れてきているお○ん○んを口に含みました。
私はフェ○チオがあまり好きではありません。
彼氏のだって、あまりしたことが無く、命令されてもよほど気分が盛り上がらなければしてあげません。

346: 名前:194 投稿日:2010/10/31(日) 23:23
弟にしてみれば、私に フェ○チ○はよっぽどぎこちなく感じたに違いありません。
昔半ば強制的にさせられたことがあって(すみません。彼氏相手ではありません)、口内射精されてしまい喉の奥に出されて気持ち悪くなってしまったことがあるのです。
ところが今では何の因果か、血の繋がった実の弟のお○ん○んを口に咥えているのですから。
でも思ったほど、嫌ではありませんでした。
弟が私のあそこにしてくれたように舌で舐めてあげたり、子供の頃まで皮に隠れていたはずの部分にキスしたり、口に含んで吸い上げたりしました。
弟も私に負けず、指をあそこに入れたり、掻き混ぜたりしています。
でも身長の違いからか、私がお○ん○んを口に入れている間、弟は体勢を変える前にしていたようにあそこを舐めることが出来なくなっているようでした。
時々弟は気持ちよさそうにうめき声を上げていました。
それに味をしめてか、私の口にお○ん○んがあるのに弟は腰を少しずつ振り始めたのです。
彼氏が前に私に教えてくれたイマラチ○という行為を弟が私にさせようとしてきたのでした。

347: 名前:194 投稿日:2010/10/31(日) 23:24
私は慌てて口から出しました。
「やめてよ!私あまり好きじゃないの」
「ごめん」
「それに、あんた重いから上下入れ替わってよ」
「わかった」
弟は素直に私のいうことを聞きました。
今度は私が弟に跨る形となり、何回か手でお○ん○んを擦って刺激したあと完全に勃起したことを確認し、弟の顔の方へ向きを変えて腰を大きく立ち上がっているお○ん○んの上へ移動しました。
「入れたいから、入れるわよ」
「うん」
対面騎乗位になって、私は自分の手でお○ん○んを誘導しあてがい、静かに腰を沈めていきました。
バックでしたときもすごかったのですが、もっと深くまで突き刺さっている感じがしました。
私は自然に腰を振っていました。


348: 名前:194 投稿日:2010/10/31(日) 23:45
今夜は昨夜の分も一緒にUPさせていただきました。

あと皆さんのレスを読んでいて思ったのですが、私たち女性に対して変に高すぎる理想を持っている方が多いですね。
体験談の中にも書きましたが、私の男性経験は今までに弟を含めて6人です。
多いのか少ないのかは皆さんの判断にお任せしますが、今の彼氏に高校3年生のときに処女をあげたあと、彼氏と交際を続けていながら何度か他の男性とも経験しました。
ナンパされたときもあるし、無性に男が欲しくなってしまい出会い系サイトで知り合った男性とその場限りのエッチもしたことがあります。
女性側からだって男性を求めてしまうことがあるのです。
トイレに行けばうん○もするし、ショーツを穿けば、オリモノでクロッチが汚れるのです。
私たち女性をもう少し自然な目で見てください。

356: 名前:194 投稿日:2010/11/02(火) 23:05
私が弟に跨って、最初のうちは好きなように動いていました。
そのうち、弟も下から腰を振って突こうとしていたので、
「だ~め!あんたは動かないでいいから」
と、弟を叱りました。
「だって、お姉ちゃんと僕が繋がっているとこが見えて、お姉ちゃんが動くと、僕のちん○が中で擦れて出たり入ったりしているし、それにつられておっ○いが上下にぷるんぷるんと揺れるんだもん…」
「もういい加減に「お姉ちゃん」だとか「僕」とか自分をかわいこぶるのはやめなさいよ。あんたの正体は充分にわかったから」
二人とも喘ぎ声交じりです。
「姉貴、すげぇ、気持ちいいよ」
「あんた、姉である私の事が好き?」
「好きだよ」

357: 名前:194 投稿日:2010/11/02(火) 23:07
「酔っ払った私を無理やり犯そうとしたくらいなんだから、好きじゃなかったら出来ないわよねぇ」
「姉貴、愛してるよ~」
「ふんっ」
と、私は鼻で笑ってしまいました。
「愛しているのは私の体でしょ?それとも私の下着?」
「どっちも好き」
「変態弟!」
私は一度腰を上下に動かすのをやめ、そのまま前へ倒れて弟の体にもたれかかりました。
顔を弟の胸に寄せて、弟の乳首を嘗め回しました。
「姉貴…そんな」
そしてだんだんと肋骨、首、顎と舌を這わしていき、口の周囲を舐めて、最後に舌を弟の口の中に入れました。
舌を絡め、弟と今夜2度目のキス。
キスって、私たち女にとってすごく大切な行為と思っていたけど、今となってはエッチを盛り上げる単なる一つで手段でしかありません。


358: 名前:194 投稿日:2010/11/02(火) 23:08
長いキスのあと、口を離しました。
再び、腰を振り続けます。
ゆっくりと弟のお○ん○んを味わうように。
「あんたとのエッチ、悪くないわ」
「でも近親相姦だよ」
と、弟に言われて、改めて実の弟とセッ○スしていることを実感しました。
理解していたことなのですが、改めてこうやって弟と繋がってみると最初ほど嫌悪感はなく、快感ばかりが抜きん出ていました。
結局自ら弟を受け入れてしまった私ですから。
近親相姦でネットや体験談でよく言われる背徳感はまったくと言っていいほど感じていませんでした。
「オナニーや他の男と寝るより、あんたとした方がずっといいかもね」
と言った私の言葉に最初はびっくりしていた弟でした。
「やっぱり彼氏の事が一番好きだから、浮気はしたくないの」
「俺とすることは浮気じゃないの?」


359: 名前:194 投稿日:2010/11/02(火) 23:09
「単なる性欲解消。エッチの相性は最高みたいね。でもあんたはやっぱり弟だから。今後はあんたもオナニーの代わりに私とすればいいじゃない?」
「俺はオナペットかよ」
「私の下着、好きに使っていいから。文句ある?」
「姉貴~」
突然、弟は私のお尻を掴み、力任せに腰を振り始めたのです。
私は弟にもたれかかったまま、すべてを弟に委ねました。
私は弟のお○ん○んが私のあそこの中を擦れるたびに私は喘ぎ、数度となくいくことを繰り返していました。
「いっちゃう、ああ、いっちゃうよ~、ああ~」
「姉貴、姉貴、姉貴~」
弟の顔を上から覗くと気持ちよさそうに顔をしかめていて、それがとてもかわいかったです。
いつのまにか私は弟の首の下に両腕を潜らせて回し、しっかりと抱きしめていました。
そして肩にそっと噛み付き、歯形をつけてしまいました。

360: 名前:194 投稿日:2010/11/02(火) 23:12
「姉貴、そろそろいきそう」
「男でしょ!もう少し我慢しなさいよ」
「中でいっていいの?」
「だめに決まっているでしょ」
「そんなに簡単に妊娠なんかしないって。中でいっていい?」
「もう!」
弟は私と繋がったままの状態で正上位に戻り、最後に激しく数回私のあそこに腰を叩きつけたと思ったら次の瞬間に引き抜いて、私のお腹に大量の精液を放出しました。
私の全身はまた小刻みに震えてしまっていました。
私との約束どおり、きちんと膣外射精を実行してくれたのでした。
「危なかった~」
と、ほっと溜息をつく弟。
「あんた、高校生のくせにどんだけすごいのよ?」
「何が?」
「いく寸前に体位を変えて、それでも腰を打ち続けたあとに膣外射精なんて」
「彼氏には出来ないだろ?」
「うん…。あの人(彼氏)は絶対にコンドーム着用だから」
悔しいのですが、弟の言う通りでした。
「この歳でも経験だけはやたらと豊富ですから」
と、弟は自慢げに胸を張っています。
ちょっと頭にきて私は弟の頭を小突いてやりました。

361: 名前:194 投稿日:2010/11/02(火) 23:17
昨晩もUPするはずでしたが、ネットの調子が悪く繋がりませんでした。
だから今夜は昨晩の分も含めて更新します。
次回で一応、弟との初エッチは完結です。
いろいろとお騒がせしてすみませんでした。

365: 名前:194 投稿日:2010/11/03(水) 23:29
弟は私のお腹の上に出した精液をさっきと同じように丁寧に拭き取ってくれました。
「あんた、そういうところがまめだね」
「姉貴に嫌われたくないし、これっきりも嫌なんで」
正直な気持ち、わたしも弟との関係をこれで終わりにはしたくありませんでした。
「弟のあんたとこんなことしちゃうなんて、普通の人だったら後悔に打ちひしがれるでしょうね」
「姉貴、難しい言葉知ってるね。俺は全然平気だけどね」
「ホント能天気なんだから」
弟はベッドから降りて立ち上がり、先程まで着ていたTシャツとハーパンを着なおしていました。
私は何度もいかされてしまった事で疲労感に襲われ体が思うように動かなくなっていました。
全裸でベッドに寝そべったまま、弟の着替える姿を見ていました。
「あんたもさ、早く本命の彼女作りなよね。こんなことは彼女とすればいいじゃないの」
と言うと、弟は私のあそこをじっと見てから、いきなり恥丘に口付けをしてきたのです。
「ひゃんっ」
と、私は驚いて小さな悲鳴をあげてしまいました。

366: 名前:194 投稿日:2010/11/03(水) 23:30
「俺はさ、姉貴としたいの。というか、ホントに今までで姉貴のお○んこくらい俺のちん○との相性が良かったことは無かった。襲ったのは俺だけど、反対に誘われて吸い込ま
れたみたいだった」
「ばか。何言ってるのよ…」
と言った私の顔はまんざらでもなく、火照っていました。
「姉貴、風邪ひくよ。まあ、今夜も熱帯夜だけどさ」
「わかった。そこの衣装ケースの中からパンティとって。着替えるからさ。あんたが選んでいいよ」
弟はケースの中身のすべてを知り尽くしているかのように特に選択に悩む様子も無く黒の花刺繍模様のパンティを選んで私に手渡しました。
弟の前で生着替えでしたが、その間も弟の視線は私から離れませんでした。
「パジャマ着て、もう寝るわね」
時計を見ると弟とのエッチは2時間近くにわたって行われていました。
寝込みを襲われたこともあり、流石に疲れてもう眠りたかったです。
「姉貴」
「どうしたの?部屋に戻って寝なさいよ」
「もう一回したくなった」
私は弟に枕を投げつけて部屋から追い出してしまいました。

367: 名前:194 投稿日:2010/11/03(水) 23:31
不道徳だけど、ただひたすらに性欲の求めるがままにお互いの肉体を貪り合えた弟との近親相姦のあの夜から二日後の事でした。
女としても身勝手かもしれないけど、彼氏との関係を壊すことなく今後も弟との体の関係をずっと続けていきたいと心から思うようになっていました。
平日の夜、会社から帰宅して、夕食後部屋でくつろいでいた私の携帯に弟からのメールが入っていました。
もちろん待ちに待っていたエッチのお誘いメールでした。
「今夜、姉貴としたい」
「部屋で待ってる。親が寝静まったら来て。どんな下着を着ていればいい?リクエストに応じるよ」
と、すぐに返信しました。
「以前からしてみたい事があって。今夜一度だけでいいから俺の好きにさせてよ。だから姉貴はそのままでいて」
とのレス。
私はゆっくりとお風呂に入って、いつものパジャマを着て、部屋で弟が来るのを待っていました。
午前0時を廻った頃、ようやく弟が部屋を訪ねてきました。
弟はいつものTシャツとハーパン姿でしたが、大きな紙袋を手に提げていました。
「お待たせ~」
と、軽いノリの弟でしたが私は紙袋の中身が気になっていました。
「何が入っているの?痛いのは嫌よ」
一瞬SMの道具かと勘違いしてしまいましたが、やっぱり弟はかなりの女性下着フェチらしく、中身は当然女性下着でいっぱいでした。
「誰のよ?」
「俺のコレクション。これと姉貴の下着を合わせて、そのベッドの上に敷き詰めて下着の絨毯の上で姉貴としたいと思っていたんだ」
この後、私は今夜一度きりの約束で弟の我侭を叶えてやる事となり、彩り豊かな数多くのブラジャーとパンティ、キャミソール、ガードル等の下着の絨毯の上で、変態かつ異常なエッチを朝方まで繰り広げたのでした。
こんなのは今夜一度きりの約束で。

372: 名前:194 投稿日:2010/11/04(木) 22:01
挨拶が遅れてごめんなさい。
実はこの「下着大好き!BBS」に体験談を書き込むことにしたのは、この弟から教わったからなんです。
それまで、私はこのBBSの事をまったく知らなかったわけで、多分弟もどこかの常連として書き込んでいるんじゃないかな。
下着の絨毯は実際に弟がやったことなんです。弟の女性下着のコレクションはホントにすごい量でしたよ。
思わず、
「下着泥棒してるんじゃないでしょうね?」って疑ってしまったくらいです。
姉の私より数多いのですから。
よくよく聞いてみると、自分で購入したものもあるが、ほとんどが今まで付き合ったことのある女の子から貰ったものだそうです。
でも弟の歳と同じ位の女の子が、彼氏に下着をあげるかな~?
女の私から見て、やっぱり女性下着に執着がある男性って変だと思います。
弟も実際かなり異常だと思います。
好きな女の子が着ている下着にだけ興味があるのならまだ許せますが。
私の体験を創作と思われても結構です。
それでも私と弟との関係は今でも続いているわけだし、彼のことは大好きだし、もうここへは来ないと思います。
お世話になりました。読んでくれた皆にお礼が言いたくて。

395: 名前:194の弟 投稿日:2010/11/06(土) 19:56
どうも。姉貴がお世話になっていました。194の弟す。

他板では結構レスかきこしていたけど、ここでは初めてです。
おそらく、みんなの中には他板で俺と話したことがあるかもしれないやつがいるかもしれないけど、この板では194の弟ってことでよろしくです。

レス読んでとりあえず一言。
姉貴は正真正銘“女”です。下着女装趣味の男ではないっす。下着女装趣味は俺です。
姉貴とセクロス関係があるのは認めます。姉貴の体験談はほとんど事実です。
下着の絨毯の件はストーリーの完結の都合上多少脚色があったように思えますが、俺が言いだしっぺです。
それでは、また来ますね。

399: 名前:194の弟 投稿日:2010/11/07(日) 00:17
>>396
この板は何を書いても叩かれるってことで、そんな環境での質問ありがとうです。
弟の俺から見ても姉貴美人ですよw。小雪に似ていると俺の友達に言われたことがあります。
俺、身長180ありますが、姉貴も女としては高い方で170近くあります。それでいて細身です。

実はこのスレ、姉貴のノートPCから書いてます。つまり俺の横には裸の姉貴がいます。
今朝から親が一泊旅行に出かけていて、夕食後からずっとやりっぱなしです。
姉貴の彼氏は今日休日出勤だそうで、デートは明日に予定しているらしいです。デート=エッチでしょうけど。
前の晩に弟に抱かれた姉貴が、今度は彼氏に抱かれるというのは萌えてしまいます。
ちなみに下着を絡めたエッチはしていません。姉貴が嫌がるので。

>>398
つまらない男だね

404: 名前:194の弟 投稿日:2010/11/07(日) 22:27
こんばんわっす。
>>403
ご忠告どうも。俺も下着女装フェチなので、他人の事を色々言えないです。
俺としては下着女装フェチと言うことに皆が自信を持って欲しいと思います。ストレス性欲解消のための武器を我々は自分で見つけているんですから。

>>402
姉貴は彼氏とセクロスしているときは弟の俺の事は眼中にないそうです。姉貴がスレに書いたか書かなかったか忘れましたが、俺とのセクロスはオナニーみたいなもので、たまたま男と女がいたからセクロスしているのだそうですよ。
その方が後ろめたくなくて、あとくされもないだろうし。あれこれ、姉貴とはあれから10回以上体を重ねていますが、お互い楽しんでいるし、終わった後もさっぱりしています。
最近は姉貴が俺としているときに彼氏とのノロケを聞かされているんで困っています。どこどこに遊びに行ったとか、誕生日に何かのプレゼントをもらったとか。しかもあそこびっしょりと濡らして、喘ぎ声交じりにですよ。俺が懸命に腰振っているのに。
まじめにやれって言いたいです。

朝早くから朝風呂に入ってきれいに着飾っていそいそと彼氏とのデートに出かけたようです。10時ごろ表から車の音が聞こえましたから。

406: 名前:194の弟 投稿日:2010/11/07(日) 23:57
23時前に姉貴が帰ってきました。「やった?」と尋ねたら、「当然」とにっこり笑って答えていました。なんかすごく悔しいです。

彼氏とは一週間のうちに1~2回くらい会っている筈です。
俺とは週に2~3回くらい。流石に姉貴が生理のときはしませんが。
俺の方が多いのに、姉貴をイカせている数も多いはずなのに、なんかまだ彼氏に負けている気がします。
普段は姉貴としたくなったときは携帯メールで事前に連絡をとります。俺からも誘いますが、時々姉貴からの誘いもあります。だいたいセクロスするのは姉貴の部屋ですが、この前初めて俺の部屋でしました。
そのとき、姉貴が俺のオナニー用のパンティがベッドのマット下に隠してあるのを見つけてしまったのです。姉貴が身につけている下着以外は姉貴の目の届くところには置かないで欲しいと叱られました。その後二度と下着を使った遊びは出来なくなりました。
でも姉貴は俺とするときはいつも俺の好みのブラショーツをつけて待っていてくれています。

411: 名前:194の弟 投稿日:2010/11/09(火) 00:49
>>408
生挿入は姉貴と初めてしたときの一回きりで、その後はゴムでしっかりやっています。
姉貴が俺のために用意してくれました。生のままで ○オもしてくれますが、そのときに姉貴がかぶせてくれることもあります。
彼氏するときもゴムはしているそうで、そのあたりは意外にしっかりとしている姉貴です。

429: 名前:194の弟 投稿日:2010/11/13(土) 20:17
お久しぶりッす。弟です。
昨夜は姉貴とセクロスしましたw。
騎乗位で腰を振っている姉貴から「明日はデートなんだw」とかノロケを聞かされながら、朝方の3時まで頑張っちゃいましたよ。
俺は学期末テストが近いため、部活も休みで家で一応形だけのテスト勉強していたんですが、気分転換に姉貴としたいなぁと思っていたら、昨日は姉貴からセクロスお誘いメールが。「しよっか?」と超w短文メール。
さすが姉弟、気持ちが繋がってるのかな。エッチの周期が同じだからすごい。
だけど、案の定姉貴は今日お昼前にデートに出かけちゃって、俺にしてみれば俺の方が彼氏に姉貴を寝取られている気分です。多分今夜はお泊りで今頃彼氏と楽しくしている姉貴を思うと胸の辺りがもやもやしちゃって、勉強が手につかないw(してないけど)。
だって姉貴は彼氏とのセクロス中に「昨日は弟とエッチしたよ」なんて絶対にノロケないでしょ?

430: 名前:194の弟 投稿日:2010/11/14(日) 12:10
昨夜の書き込みではボヤキが入ってしまいました。すみませんw。
姉貴は出かけてから丸1日以上経っているのにまだ帰宅していません。
母親に話したら、「お姉ちゃんはもう大人だから何も心配しなくていいのよ」と言われちゃいました。
セクロスしても所詮は弟、いくら姉貴の事を想っても無駄なのはわかっているつもりですけど。
今、これを書いている最中に姉貴からメールが来ました。
「今、ロイホで朝食と昼食が一緒になっちゃった食事中(デコ絵)」だって。
むかつくw、帰ってきたらまた犯してやる。

431: 名前:194の弟 投稿日:2010/11/14(日) 12:14
「また襲っちゃうぞw」と返信したら、
「(にっこりマークデコ)キャー、犯して~」だってさ。
途中でゴム外して、妊娠させてしまおうかと悪いことを考えてしまう俺でした。

440: 名前:194の弟 投稿日:2010/11/17(水) 00:46
やっとテスト終わりましたw。テスト中も姉貴との(エッチな)事考えてしまっていたので、たぶん最悪ッす。
なんか姉貴とセクロスしてからと言うもの、やたらと姉貴のことが気になっちゃってどうしようもないです。
今夜もまた姉貴としたくなっちゃって、さっき家にいる姉貴にメールしたんですけど、「明日夜しよ!」ってレスきました。
「なんでだよ?テスト終わったんで、姉貴としたいんだよw」ってすぐレス。
「ここんところ、連続連夜なんで(照れデコ絵)」って・・・オイ。
チムポが立っちゃって仕方がないので、今夜は俺の上に跨って腰を振りながら、声を押し殺し喘いでる姉貴を思い出して一人寂しく下着女装オナニーでもします!

441: 名前:194の弟 投稿日:2010/11/18(木) 23:21
昨夜は姉貴とセクロスしちゃいました。6つも年上なのにすごくかわいい姉貴です。
俺が激しく腰を振るとかわいい喘ぎ声を出してテスト疲れの俺を癒してくれるのです。
している最中に「姉貴、愛してるw」と告ッたのですが、「あたしも愛してるよw、○○(彼氏の名前)」とまったく本気にしてもらえません。
俺のチ○ポが姉貴のマ○コに刺さっているいるときは間違いなく姉貴との繋がりを強く感じているのに何故か気持ちだけが繋がりません。
彼氏なんかより、俺の方が姉貴の事を何倍も愛しているのにw。

442: 名前:194の弟 投稿日:2010/11/21(日) 23:31
一昨日の夜も姉貴とエッチしちゃいました。姉貴にお願いして一度だけでいいから「中だしさせて」とお願いしてみました。
生挿入は一度だけ姉貴と初めてのときにしましたが、中だしはさせてもらってませんから。
もちろん答えはNoでしたw。
「明日(土曜日)、彼氏と会う約束なのにあんたの精子残っていたらまずいでしょ」だって。
彼氏にも中だしは安全日にもしてもらったことは少ないそうです(ないわけではない)。
ちょっと頭にきたんで、正常位でしているときに姉貴の首筋にキスマークつけてやりました。
ぷち復讐です(我ながらキモイな)。姉貴怒りましたけど。
それでも姉貴はいつもどおり昨日の昼前に彼氏が車で迎えに来て、さっき帰宅してきました。
もちろん彼氏とセクロス一晩かけて堪能してきたんでしょうね。
彼氏、キスマークら気付いたかな?

もっとエッチな体験談を探す   FC2 ブログランキング

「秘密のH体験談」では読者様のエロエロな体験談を募集しています。
読者様の体験談投稿、閲覧はこちらから
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。