FC2ブログ

浮気を見てしまった俺を慰めてくれた女と来月結婚します

もう2年半前の話。




当時、俺26歳、亜貴子26歳。

(いわゆる幼馴染)



幼稚園→小→中と一緒で、高校は別。




亜貴子は頭良かったから地元でも有数の進学校へ。




俺は不良の道まっしぐらで工業高校へ。




それでも亜貴子とは、良く飲んだり遊びに行ったりしてたな。




当然2人きりとかじゃなくて、他の友達も一緒になんだけど。




亜貴子にも俺にも、彼氏、彼女が居た。

初めて会ったことその日限りのセックスを楽しんできたエロ話

今から7,8年前の夏の話。




友人にキャンプに誘われた。




男3人、女3人、友人達は恋人同士で、俺とA子がほぼ初対面。

(向こうは俺の事を知っていた)



A子のスペックは、背は低いがスタイルは悪くなく、顔は可愛い系で80点以上。






昼に遊んで、夜は飲みながらバーベキュー。




皆遊び疲れと酒で眠くなってきたので、バンガローで寝る事に。

乙葉似の巨乳な22歳後輩との一夜のセックス体験談

当時、オレは勤めていた広告関係の会社を独立のため退社、



その後フリーランスとしてその会社に出入りしてました。




そんな気楽な立場ゆえ、かつての後輩社員達とやたら飲みに行くようになり、



中でもYというアルバイトの子にメチャクチャ懐かれたんですよ。




慕われる、ではなく懐かれる、ですけどね。




Yは22歳、小柄で親しみやすい甘えん坊というか、末っ子的な性格?





(だから懐かれるままにしていたってのもある)



で、見た目は乙葉をちょっとクールというかアート系にズラした感じ。




もちろん巨乳。

幼なじみのバキュームフェラにハマりすぎてセフレになっている

去年の今頃、幼馴染とセフレみたいな感じだった。




お互い彼氏彼女はいたけど。




幼馴染(以下N)の兄と俺は仲良くて、小さい頃よく3人で遊んでたんだ。




高校卒業してからは遊んだりはなかったけど、連絡はたまに取ってて、ある日Nから



『○○君って知ってる?』



とメールが来た。




その人は俺の兄貴の同級生で俺もよく知ってる人だった。




『知ってるよー!兄貴の同級生だよ!』



と送ったら



『そうなんだー。

最近お店に来てくれてて仲良くなったんだー』





って返信が来た。

(ちなみにNは飲み屋さんで働いてた)

そんな感じでメールしてて、久しぶりに飲もうって話になった。

皆さんもイベントコンパニオンを利用してHなことするのはどうですか?

私の会社や取引先などは、近くにI温泉がある事もあり、温泉ホテルに泊まりで忘年会というのがよくあります。




そしてほとんどの場合、コンパニオンを頼みます。




私の同期の忘年会でも毎年お願いしますが、リクエストは20代後半から30代前半にしています。




忘年会時期は大学生もコンパニオンのバイトに多くなりますが、年齢高めの方がサービスに期待が持てるからです。




今回来たのは29歳の同級生3人組でした。




なかなか見た目もよく、楽しく1次会を過ごせたので、延長して部屋で2次会をする事になりました。




ホテルの部屋って異常に暑いですよね。




3人も上着を脱いでいました。






Iちゃんが美巨乳である事がすぐに分かり、



「おっきいねぇ、脱いで見せてよ」

と言うと、

「何で?」

と言いつつ上半身裸になりました。


本当に美巨乳で乳首も綺麗なピンク。


すかさず、同期のIとMが揉みます。


「超やわらけー」

と興奮気味に言うと、更にNとAも揉みしだきます。


私達は6人でした。


私は他のコンパニオン二人にも

「脱いじゃいなよ」

と声を掛けました。

営業先の女性と意気投合してセックスするようになったH体験談

とある仕事で、ホテルで営業の方と会う事になっていた時のことです。




そこで会った営業の女性、年は31歳、小柄で綺麗な黒髪の人だった。




初めまして、とお決まりの挨拶を済ませ仕事の話をしていた。




最近女性とSEXしたのもご無沙汰ということもあり、ラウンジで話をしている時も少し開いたブラウスの胸元が気になって仕方なかった。




そして仕事の話も終わり、ロビーまで一緒に歩いて来た時に凄くニコニコしていて、雑談なんかも少しして中々その場所をお互い離れなかった。






そこで俺が思い切って



「今日はこれからまだ仕事なんですか?」



「今日はもう直帰ですよ。

すごく疲れました~」



「あの~、良かったら今から仕事抜きにして少し飲みません?」

「え、はい。

別にいいですよ」

そのホテルとは別のホテルのラウンジで飲みなおすことになった。

ピンサロ嬢の連絡先聞いてプライベートでその友だちともHな関係になった

営業の途中で昼からピンサロに行った。




この地方では、ピンサロと言ってもボックスシートではなく、低い壁に仕切られた小さい部屋になってる。




女の子が入ってきた。




少しぽっちゃり。




少し落胆して少しヤケクソ気味に



「携帯のアドレス教えて」



と言ってみた。






「ダメですよ」



「分かった。

店出る頃には教えたくなるようにしてやる」



と根拠のない啖呵を切った。

<<前のページ | ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top