FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

【エッチ体験談】部下OLと出張に行き誘惑されたのでむちゃくちゃセックスしました

自分(35歳:妻子あり)、今年春に入ってきた新卒(短大卒)のコ(22)を出張に連れて行った時の話。




帯同させた理由は、様々な経験をさせて社員育成をするという名目。




(このコは○HKのアナウンサー、神田○花にスタイル顔とも似ているので、仮に"神田"とします)



出張先での仕事も無事に終わり、宿泊先のホテルにチェックイン。




もちろん会社の出張だから、別々の部屋を取っている。




「後で一緒に食事でもしよう」



と言い、それぞれの部屋に入った。




約束の時間にロビーで待ち合わせ、近くの焼肉店で食事。




次の日が休みという事もあり、2人ともビールなどを飲んだ。




食事が終わって店の外に出たのだが、何となく飲み足りない。





「もう少し飲もうと思うが付き合わないか」

と言うと

「私ももう少し飲みたいです」

と言うのでそのまま近くのバーに入った。

【エッチ体験談】高校時代にヤリマン女のクラスメートに中出しセックスを強要されてやりまくった

俺は今年19歳になるフリーターだが、高校2年の頃に好きな子がいた。




クラスでは3本の指に入る可愛い子だ



名前は美樹、胸は結構大きくDカップくらいはあったと思う。




スカートは膝上10cmくらいまで短めにしていて、髪の毛は栗色だった。




夏の放課後の帰り際に教室に行くと、美樹ともう1人いて話をしているようだった。




俺が帰ろうとした時に美樹達の方をチラッと見て驚いた。






美樹が脚を少し開いていて、水色のパンティが見えていたからだ。




俺は家に帰って早速美樹のパンティを思い出して2回シコッた。




次の日の放課後に美樹に呼ばれ、屋上に行くと美樹は既に待っていた。

【エッチ体験談】中3のとき友だちのお姉さんのエロい格好に興奮してそのままHしてもらった

中3の夏休みのある日、俺は親友(卓也)の家に遊びに行った。




すると卓也の姉から



「家の用事で卓也は出かけてる」



と言われた。




卓也の姉はナルミといい、大学1年で胸は大きく、可愛い感じの女性だ。




俺が帰ろうとしたらナルミさんが



「その内帰ってくるから待ってたら?」



と言って家に上げてくれた。






俺は家に上がって卓也の部屋で卓也の帰りを待つ事にした。




しばらくしてナルミさんがジュースを持ってきてくれた。




そのまましばらくナルミさんと色々な話をしていた。




ナルミさんはタンクトップに股下10cm程度のミニスカを穿いていて、座り直す度にパンティが見えそうでドキドキした。

【エッチ体験談】中学生の時親戚の女子大生のお姉さんに誘われてセックスした話を語ります

去年の夏休みに、父と母と3泊4日で親戚の家に行った。




僕は中学3年で、名前は純。




親戚の家には明美という年上のお姉さん(大学1年)がいる。




親戚の家も、ウチと同じで明美と両親の3人家族だった。




事件は2日目に起きた。




父達は釣りに行き、母達はショッピングに出かけて行った。




家には僕と明美の2人だけだった。




本を読んでいると明美が



「何してるん?」



と言って僕の近くにきた。





僕は

「漫画読んでる」

と言うと明美は

「ちょっと話あるから2階に来て」

と言うので、言われた通り2階に上がり、明美の部屋に入った。

50代とは思えない義母のマ◯コの締まり具合にはまっています

1ヵ月程前、私は遂に超えてはいけない一線を越えてしまいました。




その一線を越えるキッカケになったのが、義母の裸体を見た事に始まります。




私は交代勤務の仕事柄、平日休みも多く、日中義母と一緒に過ごす時間が多かったんです。




その日は雪が大量に降り、朝から義母と私は庭の雪かきをして汗をかいていました。




一足早く家に入った義母を横目に、私は最後の仕上げ作業をしていました。




雪かきは物凄い肉体労働で、寒かった筈がいつの間にか体中から湯気が出る程暑くなります。




下着まで濡れ、早く着替えようと脱衣場へ向かうと扉が開いていました。




中を覗くと、義母が全裸で着替えている所だったんです。

【エッチ体験談】菊◯怜似の新人OLと出張旅行で3PHしたエロ話

社員旅行で女子社員と4月の上旬に社員旅行がありました。




その時の美味しいハプニング話をしてみたいと思います。




うちの会社は、毎年4月上旬の金・土にかけて社員旅行が行われます。




研修を終えた新入社員も合流し、お偉いさんの長い話を聞かされた後の夜に宴会が行われる、ありきたりのつまらない旅行です。




2人ずつの相部屋になるのですが、自分の営業所の人とペアになれなかった私は、どういうわけか堅い事で有名な本社の経理部の課長と同室でした。

大学時代の後輩に脅されて童貞を奪われそのまま結婚したので初夜を語ります

大学2年の春の時の話です。




私は関東地方にある大学の体育会のサッカー部に所属しており、関東リーグやインカレ、大学選手権などにちょこちょこと出る選手でした。




大学にはサッカー推薦で入りましたが、特待生で入ったわけではないので学費や生活費がかかり、家は裕福ではなかったので深夜のコンビニでバイトしていました。




当時のサッカー部は、部内の約束事でバイト禁止が絶対で周りもしておらず、見つかった場合は退部か出場停止となるので、大学からかなり離れた所でビクビクしながらバイトをしていました。




そんな時の事です。




バイトに入ろうと夕方勤務の方達と交代した時、見た事がない女性スタッフがいました。




彼女の名前は相川さんといい、高校3年生の子でした。




今考えるととても美人で透明感のある、THE清純という感じの娘でした。






その時の私は、全く女性というものを考えた事がなく、サッカーと勉強と生活の事しか考えた事がありませんでした。



童貞で風俗も未経験、キスもなく、異性を意識して触った事もありませんでした。


中学の時からお手紙や告白など頂いたりはしてきたのですが、サッカーが大事なので全て断っていました。


今思えば異常な思春期でした。


女性の裸よりもサッカーだったので。


話が脱線しましたが、そんな美人な相川さんにも例外なくお疲れ様と挨拶するだけの日々でした。


恋心はありません。

コンビニでアルバイトしてたマユと初めての食事で即セックスした話

当時僕は、小作にある会社で設計の仕事をしていました。




小作は一応東京にも関わらず、駅周辺から少し歩くとすぐに田んぼだらけの田舎でした。




駅の周辺もそこまで発展しているわけではなく、毎朝通勤時には決まったコンビニで飲み物等の買い物をしてから、20分程歩いて工場へと通っていました。




コンビ二でのバイト経験があった僕は、毎朝飲み物を買う時にバーコードを上に向けて商品を差し出す癖がついていました。




小作での勤務が始まってから3ヶ月くらいが経ったある日の朝、いつもの様に飲み物とガムと雑誌を買うと、顔も知らない女の子が、



「いつもありがとうございます」



と言ってきた。






一瞬お決まりの店員の挨拶のようにも聞こえたが、空気がおかしいのでレジの子の顔を見ると、ずっと僕の顔を見ていた。




少し考え、いつもバーコードを上に向けている事に対してのお礼だという事に気づいた。

友だちに約束をスッポカサれたらしいJKに声をかけてお家でHした体験談

俺は25歳のフリーター。




去年の暮れの日曜日、夕方バイトからの帰り道、女の子が1人立っていたので近付いて話しかけてみた。




友達と待ち合わせしてたらしいが、どうやらスッポカされ、しかも"夕方に友達と遊んで来る"と言って家を出てきたから直ぐに家に帰らず時間を潰してたらしい。




寒い中あまり厚着してなくてミニスカートを履いていた。




自分のアパートまで歩いて15分程度の距離だったから、女の子に



「俺んち近いから、寒いしまだ家に帰らないのなら暖まってく?」



と言うと女の子は



「いいんですか?」



と聞いてきたので



「いいよ」



と言い、話しながら歩き始めた。





女の子は、名前は亜由美で、高校生(17歳)という事が分かった。


しばらくしてアパートに到着し、部屋に入って暖房をつけた。

お隣の旦那さんの転勤が決まり私は奥さんとセックスに励む

同じアパートに住んでる尚子さんと関係した。




同じアパートの階で、3年前に尚子さんが越してきた。




37歳で4つ上だが、ちょいポチゃでセミロングの綺麗な奥さんだった。




歳が近いからか話も合うし、料理をくれたり、こちらも田舎から来た荷物をあげたりしていた。






でも、旦那さんがまた転勤になった様子だった。




「せっかく親しくなれたのに…」



と言われ、寂しがる尚子さん。




3月末には引っ越すと言われた。




この前、3連休に入る前の日に夜にチャイムが鳴った。

隣から喘ぎ声が聞こえテスト勉強どころではなくなったのでやっぱりHしちゃったエロ体験談

テスト期間中なのですが、先日とても美味しい思いをしました。




同じ科目を選択している女友達(ヒトミ)から電話があって、



「全然分かんないよー。

一緒に勉強しよ?」



との事。




1時間後の19時頃、家にヒトミが来ました。




それから炬燵に座って、真面目に勉強してたんですが、23時頃になって隣から



「あんっあんっっ」



と、女性の喘ぎ声が聞こえてきました。




うちの家は壁が薄いのか隣の声が筒抜けなのです。






「隣はお盛んだねー。

こっちは必死こいて勉強してるってのにさ」



とか言って、何とか勉強に集中しようとしてたんだけど、やっぱり駄目。

【エッチ体験談】勃起してるのが先輩にバレた

大学の先輩にしてもらった。

オレは19、彼女は25の大学院生。

同じ学部学科専攻だったのだが、1年生と院生はあまり接点が無いとのことで、お近づきの飲み会をすることになった。

その時オレの隣に座ったのが彼女だった。

髪はショート、身長はオレより少し高い(オレは165しかない…)。

男っぽい性格で、それが災いしてか今のところ彼氏はいないらしい。

酒もかなり強いらしく、泡盛を(大学絞られるな…)ロックで飲みまくる。

オレはあまり酒を飲めない体質なのだが、女に負けるのがいやで、同じペースで飲みまくった。

飲会が終わり、皆は2次会に向かっている。

社内OL3人と温泉旅行。手コキから始まった乱行エッチ体験

私は32歳の会社員。

一応役職は部長、私の職場には男性10人女性50人と結構おいしい環境です。

仕事が終わればしょっゆう飲みにも連れて行き、エロ話し有りで結構仲良くやっていました。

先月1泊でテニスに行く事になり私と女性社員3人、計4人で温泉のある旅館を取って行ってきました。

昼はテニスで盛り上がり、夜はおいしい料理とお酒で結構イイ感じに盛り上がってきました。

女の子の3人のうち1人はお酒が飲めない為、1人シラフでこう言いました。

「ここの旅館は、この時間から露天風呂は混浴になるらしいからみんなで入りませんか?」

私「じゃあみんなで行っておいでよ、俺はあとで入るから」と言うと

「せっかくだから4人で入りましょうよ」と言われ「メチャおいしいじゃねぇか」と心の中でつぶやきました。

ちなみに今回連れて来た3人は歳は24・24・27歳で顔も社内では中の上クラス。

絶対に嫌だと頑なだった彼女とア◯ルセックスに挑戦したエッチ体験談

彼女とは既に付き合って5年になるけど、最初の頃は普通のセックスしかしてなかった。




まぁ彼女は付き合う事自体が初めてだったし、そこまで性的なものに興味もなかったみたいだったし。




ただ俺は性的嗜好が元々腐ってたから、最初からそういう事をしたいとは思ってた。




元々女性が恥ずかしがっている姿を見るのがとても興奮するタイプの人間だったんで、付き合った最初の頃は、恥ずかしがる姿を見るのがとても興奮してたんですよ。




でも付き合って2年くらい経つと、段々と恥ずかしがる姿を見る方が珍しくなる。




何とかそういう姿を見たいと思ったのがキッカケだった。




でも、アナルセックスがしたいなんて言えないし、どうやって話を持っていこうかなぁなんて考えていた。




ある日、バックからセックスをしている時にアヌスが見えたんでちょっとイジってみようかと。



「触らないで」

とか拒否されるかなと思ったけど、思い切って少し触ってみたら、ちょっとだけ膣の締まりが良くなった気がして小さな声で

「…ダメ」

とか言うわけですよ。

一見真面目そうな女も出会い系で会ったらただの淫乱スケベ娘でした

今から数年前の話だ。




当時20代後半で特に彼女はいなかったが、SNSで知り合って仲良くなる事が自分の中でのブームだった。




いつものように気が合いそうな子を探しメアドをゲットして、なんとか会うところまで漕ぎ着けた。




ここまでは今までも何度もあった。




1回目は普通に食事に行ってそこらへんをブラブラ。




本当に普通のデートというかありきたりな光景。

淫乱痴女な人妻が集う乱交パーティーに参加してきたエッチ体験談

GWの初日を使い私は痴女牧場に行ってきました。




痴女牧場とは、私の風俗仲間の宮間さんが開催しているパーティーの名称です。




寝取り大好き宮間さんは、表の仕事とは別に性に関するイベントを行うのが趣味です。




宮間さんは大変な資産家であり、郊外に立派な豪邸を持っています。




周囲を高い塀で囲まれた庭園では時々仲間を呼んでパーティーをしたりします。






現在、宮間さんには6人の中心的な使用人がおり、彼女達の事を『コレクション』と呼んでカテゴライズしています。




ルックス、性癖共に宮間さんの超お気に入りの女性で構成しています。




以前掲示板で書き込んだ由奈という女性は、先月よりコレクションに加わりました。

合コン中にくっそ美人な子がエロくてそのまま非常階段でやっちゃったエッチ体験談

20対20ぐらいの合コンをした時の話。




年齢層は25-30歳ぐらいまでで集まるんだよ。




まぁそれだけ人が集まればさ、可愛い子も可愛くない子もいたわけだよ。




俺はその中で、それなりに可愛い子に目をつけて近くに座ったんだ。




年齢は29歳だけど北川景子似の美女だった。




お酒を飲むのが好きらしくてさ、日本酒だのワインだのドンドン飲むわけよ。




俺にも



「飲みなよ~」



とか言って日本酒をガンガン注いでくる。

40手前のキレイ目熟女の白肌を堪能したエッチ体験談

連休初日に友人と飲みに出掛けた。




居酒屋で飲んで、店を出たら市街地の繁華街で長い髪の女性が2人歩いていたので、可愛いかもと思い友人と2人で声を掛けた。




綺麗な2人で、最初はなかなか食いつかなかったが、カラオケに行く事になった。




2人で似てるので兄弟かと思ったらなんと親子だった。




しかも短めのスカートを穿いてたのが母親で、娘がここに住んでるから母親が遊びに来たのだとか。




「おばさんでガッカリしたでしょ?」



なんて言われながらカラオケを2時間。






隣に母親(理恵)が来て話したりしてました。




年齢は話さなかったが



「まだギリ30代」



と話してたので8か9か。

私を優しく抱いてくれた先生とのエッチ体験談

私が高校2年だった時の夏に、先生とエッチしました。




ある日、友達4人と遊んでいた時の事です。




その内2人がカップルで、私と彼はフリー。




突然、カップル2人が



「ホテルへ行く」



と言いだし、私達は2人になってしまいました。




彼が家に来るかと誘ってきたので、何も考えずに行ってしまいました。




家に入ってしばらくすると彼は態度が急に変わり、襲われてそのまま処女を奪われてしまいました。

フェラをしないのは悪いといわれてなぜかHまでさせられた俺の彼女の寝取られ体験談

彼女も俺も社会人。




彼女は、有名人で言うと、木佐彩子みたいな感じ。




結構可愛いと俺は思う。




彼女は平日休みが多く、俺は普通に土日休み。




付き合い始めて3ヶ月ぐらい経って、彼女が休みの日の前の晩、仕事帰りに友達と飲みに行く予定がある、と言っていた。




その時は女しかいないもんだと思ってた。




(彼女の職場は女だらけなので)



俺はその日は普通に仕事、翌日も仕事。




特に気に留めてなかった。

【エッチ体験談】旦那以外を求めてしまう人妻の着衣エッチ

子犬みたいに背中を丸め、パンティーだけにされた私はベットにうずくまっていました。

そんな私の前で彼は来ている服を脱ぎトランクスも脱ぎ捨て裸で私の横に来ました。

「マキさん恥ずかしいの、こっち向きなよ」

私の肩に触れる彼の手。

「いや、やめるたっぱりだめ帰りたい、むこう向いて服着る」

「何言ってるの、ここまで来ておいて」

固まってる私を力づくで自分の方に向けて、胸を隠している手を無理やり力づくで引き離してきた。

一瞬のすきに、彼は私の胸に顔を埋めると私の乳首に吸いつき始めて、舌で乳首を転がすように愛撫してきた。

「だめ離してだめやめてお願いー」

そんな私の声を無視して、片方の乳首を吸い片方のオッパイと乳首を愛撫してくる彼。

押しに弱い人妻にお願いして生本番エッチ体験談

俺は実家を離れ、ある県で1人暮らしをしている。


ある連休の最中、地元の高校時代から友達であるN美から連絡があった。


旦那の実家が俺の住まいと隣県なので、旦那家を訪問後に久しぶりに会おうとの事。


彼女は既に2人の子持ちだったので

「旦那と子供はどうするの?」

と聞いた。


すると旦那は仕事で先に帰り、子供は春休み中ずっと旦那の実家に預ける事になったそうだ。


「昼過ぎにはそっち行くから、ガイドをよろしく」

と言われたので、合流する駅を決めて彼女の到着を待った。


3日ほどこっちに泊まる予定なので、のんびり出来るそうだ。


予定通りの時間に駅で合流し、「久しぶり」とお決まりの会話をしてから観光に出かけた。


N美は相変わらずのほほんとした可愛らしい雰囲気で、ママになった事を感じさせなかった。




ちなみに俺とN美は25歳である。

【エッチ体験談】病みつきになった不倫エッチ

何年も前のことですが、私の会社には広岡さんと言う当時33歳の人妻の事務員さんがいました。

とても明るく、可愛らしい女性で、すぐに仲良くなりました。

やがて、相談事などを聞くようになり、居酒屋に行ったりもしました。

家庭でかなり悩み事があるようで、旦那さんから暴力も振るわれたりしているようでした。

日増しに親密になり、肉体関係を持つのも時間の問題のように思われました。

もちろんいけない事だとは分かっていましたが、朝、彼女が掃除をしている時にこちらに突き出したGパンのお尻や、ペットショップに行った時に、私の目の前で、犬を撫でながらスカートでしゃがみ込み白いパンティーが見たりすると、広岡さんの裸を見たいと思うようになりました。

【エッチ体験談】会社の先輩と旅行中にエッチ

会社の慰安旅行での話です。

当時私が働いていた会社は小さな会社はおじさん、おばさんが多く、若い人と言えば私(20歳)とSさん(27歳)くらいであとは30代後半の人と言う感じでした。

慰安旅行はあんまり行く気しないなーと思いながら、上司に若い人がいないと面白くない、などと言われとりあえず行こうと思い行ったんですが。

私はバスにすぐ酔うので朝から酔い止めを飲んでいたんですが、バスに乗ってるとだんだんと酔ってきて目的地に着く頃にはもうフラフラで観光も何を見たのかよく覚えてないくらい。

旅館に着いて温泉に入った後に大広間で宴会だったんですがバス酔いした後のせいか、ビールを1杯飲んだだけで気分が悪くなってしまったのでご飯を少しだけ食べてパートのおばさんに少し横になります、と言って部屋に戻りました。

布団で横になってるとすぐに眠ってしまい、30分くらい経った頃に何だか人の気配がある事に気づきました。

パートのおばさん戻って来たのかな?と顔を向けるとSさんでした。

「大丈夫?」と言ってお茶を持って来てくれたので体を起こしお茶を飲むと急いで飲んだせいかお茶がつまり咳き込んでしまいSさんは背中をさすってくれました。

何だか恥ずかしくて照れ隠しにまたお茶を飲むと更に喉につまり咳き込む私。

入った場所が悪くて苦しくて座ったまま両手を前について咳き込んでいるとSさんはまた背中をさすってくれたんだけど左手は背中をさすってるんだけど右手が腰の辺りに。

でも苦しくて咳き込んでたので気にならなかったんですがその手がだんだん上に。

胸を触ってきたので「ヤだ」と言って体を起こすと、Sさんは私の浴衣に手をかけていたらしく私が急に起き上がったので片方のおっぱいが丸出しに。

(気分が悪かったので部屋に戻ってからブラはずしてたんです)

【人妻エッチ体験談】乳首がエロく乳輪大きめ

俺は某有名企業の大型倉庫で社員として働いてる。

とにかく、社員やら契約社員やらパートが多く、女性も10代からおばちゃんまで様々働いてる。

応、管理や教育をやってるが、俺はかなりガタイの良い肉食系の38歳の既婚。

運送系の仕事に多いんだけど、綺麗なんだけどキツめでサバサバした女性が多い。

俺は元DQNだけど(笑)人当たりが良くて柔らかいし(そう言われた)、良く動くから、そのタイプの人に頼られる。

前置きが長くなったが、今までで一番良かった話をしたいと思います。

今から10年ぐらい前のまだ未婚の頃、もの凄くタイプの人が派遣で来た。

柴咲コウみたいな感じの人妻で、歳は30歳。

スタイルもかなり良い。

色々と仕事を教えて、プライベートの話も結構する様になった。

【エッチ体験談】妻の親友(金持ちで巨乳)と浮気エッチ

結婚式で妻の同級生が大勢出席していて、その時に眼に入ったのが、妻の親友。

大宮のデパートを経営する大金持ちの娘でした。

その子は物凄い巨乳で、真っ白い胸がドレスから零れ落ちるほどでした。

その時に最初に気に入りました。

ハワイに新婚旅行に行ったのですが、飛行機の中でその子のことを聞きました。

新婦は多分変な夫だと思ったでしょう。

その後彼女も結婚して、大宮に住んでいまして、妻と僕は子供をつれて、新居を訪ねました。

同僚との宿直からのHが久しぶりでめちゃくちゃやりまくったエッチ体験談

20代後半の前々職のとき、度々「宿直」があった。




社内には宿直用の部屋と、狭いながらもシャワールームもあり、休憩室には冷蔵庫や電気コンロもあるので、宿直の時は社内を1人で自由に過ごせた。




同僚は



「大変だねぇ」



と言う(実際手当ても何もない)が、宿直中の仕事も夜中の見回り程度なので楽だった。




同僚はほとんど女性で、20代中頃の人が多かった。




その中でも割と仲良くしていた人がいて、休みの日は一緒に出かけたり、仕事帰りにドライブ行ったり、付き合ってるわけではないけど、何かそういう感じもする、微妙な関係の人がいた。




その彼女が、宿直のある日に聞いてきた。




「今日泊まりでしょ?夜、来てもいい?」



「あぁ、いいよ。

オレ1人しかいないから」



「じゃ、1回帰ってまた来るね」



「わかった」





仕事が終わり、社員が帰宅して2時間後、彼女が来た。

去年の忘年会で人妻とのエッチな体験談

去年の会社の忘年会でした。

今夜こそ、狙っている由美を何とかしようと考えていました。

まずは場所取り、彼女をはじに座らせそして僕はその隣に由美は人妻で、ご主人は趣味で空手をしているそうです。

髪は肩までかかるくらいの長さのストレート制服の時はベストと上着を着ています。

今夜はモヘアのセーターです。意外と大きい!!

その時点で僕の股間はもうギンギン宴会の最中は彼女を飽きさせないように精一杯盛り上げました。

27歳人妻との濃厚エッチ体験談

その時、偶然に出会ったのが27才の人妻。

小学/生と保育園の子供が二人居て現在旦那とは別居中って言ってた。

最初は年齢も離れてるし、子供も二人居るって言ってたから逢う気なかったんだけど

何回かやり取りしてるうちに向こうから

『子供と遊んでやってよ。』

て言われて次の休みの日に逢うことになった。

デリヘル嬢をしている人妻が感じている姿に興奮します

その女性は今年の春先に堕としました。




デリヘルの店長と仲の良い私は、店長にお勧めの女性を聞きました。




すると、21歳の若妻が入店したという話を受けました。




どうやら、旦那が失職し、生活難でスカウトに引っ掛かったみたいです。




ルックスは申し分なしと太鼓判を押していました。




今日から体験入店との事でしたので、早速、1番初めの客になるべく呼ぶ事にしました。




平日の昼下がり、チャイムが鳴ります。




ちなみに私の仕事は詳しくは言えませんが、収入は他の人よりあるかと思います。




ドアを開けるとショートカットで茶色のコートの女の子が立っていました。




栗色に染められた髪、適度な化粧は派手ではなく控えめ、そして細身。




背は155くらい。




瞳はぱっちり。




やはり、店長は私の好みを理解してます。

| ホーム | 次のページ>>
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。