FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

大学の親友に彼女を寝取られた現場を目撃したエッチ体験談

俺が大学生だった頃、ゆき(仮名)という娘と付き合っていた。

サークルで知り合って大学生にありがちなコンパで

酔った勢いで付き合うというパターンだった。

見た目はちょっと永作○美を色っぽくしたような感じで、

笑うと細くなる目と、白くてきれいな足が好きだった。

俺はちょっと変態で彼女が寝てしまったあと服をまさぐって

勝手に愛撫し始めるのが大好きだった。

「やめて~」という甘い声に萌え、

黙々と身体を触りまくっていると

眠そうな彼女の息がだんだん荒くなってくるのが最高に好きだった。

そのころ俺は深夜のコンビニでバイトをしていた。

彼女のアパートの合鍵を持っていた俺は深夜のバイトが終わる

明け方5時ごろ彼女の家にこっそり侵入しては

寝込みを襲うことに激しい興奮を感じていた。

貧乳の彼女より巨乳の先輩に惹かれてしまったエッチ体験談

僕が大学2年生の頃、

バイト先に胸がやたら大きい年上の先輩(亜紀さん)がいました。

年は25歳、顔は普通だけど

制服が溢れんばかりに盛り上がっているような状態で、

男であればどうしても目がいってしまう感じでした。

(後々聞いたところ、F~Gカップと判明)

亜紀さんは年下が好みだったらしく、

バイトに入った当初から何かとお世話になっていた先輩で、

僕に好意があることも何となくわかっていました。

しかし、巨乳の魅力に惹かれつつ、目がいきつつも、

当時は彼女(大学1年、A~Bカップ)がいたので、

特に何かをしようとは思っていませんでした。

そんなある日、

バイト後に飲みに誘われ、暇つぶし程度の気持ちで飲みに行きました。

その日の亜紀さんは、心なしかいつもより露出が激し目で、

ミニスカまではいかないまでもやや丈の短いスカートに

胸元がゆるい感じのTシャツを着ており、

飲んでる最中に何度も胸元に目がいってしまってました。

数時間飲んだ後に店を出ると、亜紀さんは

「これからどうしようかぁ~?」と言ってきたので、

「亜紀さんって家この辺でしたよね?」と聞くと、

「うん、10分位だよ。うちで飲みなおす?」と

冗談めいた感じで聞いてきました。

親が離婚して離れ離れになった高校生の姉とのエッチ体験談

今から数年前の、まだ中学生の頃の話。

うちは両親が離婚して、自分は父親に。

姉は母親にそれぞれ引き取られていた。

しかし 夕飯時から寝るまでは何故か、母と姉はうちに来て

父が帰ってくる前まで家にいた。

姉は当時高校2年生。

自分で言うのもなんだが姉はスタイルがいい。

ある日 父が出張。

母は親戚の家に泊まりで出かける。

そんなシチュエーションになりました。

隣の美人な奥さんとドライブに行くとノーブラだった不倫体験談

彼女と出会ったのは、転勤の為、

東京からある地方に赴任していた時の話です。

俺が引っ越したマンションは夫婦が多いマンションでした。

ある日、

空き部屋だった隣に、夫婦が引っ越してきたのだが、

冴えない旦那と、目鼻立ちのくっきりした美人系の奥さんが

挨拶に来たのが初めての出会いでした。

その時は、うらやましいとは思いながらも人妻に興味は無かった。

ある日、夕方間近の中心街からマンションに戻る近道でのこと。

結構細い道で対向をかわすのも一苦労するぐらい細い道で、

二台の車がすれ違おうとしたとき、一台が畦に脱輪。

対向車は素知らぬ顔で抜けて行った。

嫁は浮気なんてしてないと言ってたけど

私の妻とは高校生の時知り合った。
恵美子という名前だ。
妻は当時から巨乳で、今見ると、優香に似ているなと思う。
高校を卒業した後も私たちの交際は続き、私の就職とともに結婚した。
 
これまで順調に来たようだが、私たち2人にも危機が訪れたことがあった。
それは、つき合って1年くらい経ったころ
「私、別れたいな」
「なんだよ突然に」
「しばらく会わないようにしたいの」
妻は私を嫌いになったわけではなく、
高校を卒業したら私と結婚したいから
それまでの間に友達といろんな想い出を残したいし
あとで後悔しないために勉強もしておきたいと言う。

友人夫婦の奧さんとやってしまった

学生時代からの友人で、井村(仮称)夫婦とは月に1回のペース
で飲みに行ったり、自宅を訪ねて奥さんの手料理で飲む機会
がある、その時は彼女を連れて行くのだが、いつも井村夫婦
から「いつ、結婚するの!?」と言われたりする、俺や彼女が
見ても・・・とても幸せな夫婦に見えた。
ある時、いつもの通り飲みに行ったが、井村の奥さん・・・
仁美さん(仮称)、何か浮かない表\情を幾らか見た、仁美さん
がトイレに行った折、井村に聞いても何か要領を得ない返事
ばかり、これ以上は夫婦間の問題だからツッコミを入れるの
は野暮天と思い、その質問は止めた・・・彼女も仁美さんを
見て「大丈夫かな?」と耳元で囁いていた。

彼氏持ちのドMな女子大生を寝取って別れさせたエッチ体験談

昔からの友人Tは

「かならずヤレる女子」を合コンセッティングするという

稀有な才能の持ち主。

本当に不思議なのですが、彼が仕切った合コンで

私は8割ぐらいの確率で女の子を持ち帰ることに成功しています。

理由はよくわかりません。

他の合コンではサッパリなのに。

もちろん見た目はピンキリですが。

そんな中、一番興奮したのは、去年の夏のことです。

友人Tのマンションで花火見物&合コンを

しようということになりました。

25歳でアナル調教されていた同僚との出張浮気体験談

出張先での出来事。

うちの会社は出張が多いのですが、

男女ペアになることは滅多にない。

会社も気を使うのだと思います。

しかし、その時はスケジュールの都合で、

俺とM(女性)の2人で出張だった。

俺32歳既婚、M25歳独身。

俺とMは中途入社組で妙に馬が合い、

何人かの仲間でよく飲みに行く仲だった。

時にはY談もしたが、それは仲間内でのこと。

Mにも彼氏がいたし、恋愛感情などはなかった。

まあ美人だし、好みといえば好みなのだが

出張先で一日目の仕事が終わり、

一緒にホテルのレストランで食事をしてるとき、

いつものようにY談になった。

同棲中の彼氏がいたのですが、浮気をしてHを

同棲中の彼氏がいたのですが、浮気をしてHをしてしまいました。

相手は社員の宮田さんです。彼氏と大ゲンカした私は「相談したい」と一緒に飲みに行き、たくさん飲まされて、勢いで酔っ払い彼の部屋で介抱されることに・・・
宮田さんは水を持ってくる、と水をくれてから急にディープキスしてきました。
間接照明だけの薄暗い部屋のベットに押し倒されて、「だめ・・・ちょっ、・・ちょっと待ってください・・・わたしそんなつもりで部屋に来たんじゃ・・だ・・だめですよ・・・わたし同棲してる彼氏がいるんですから・・いやっ・・ホント・・だめ・・・ん・・・あ・・ん・・」
服の上から乳首を触られて、ブラを外されピンと立った乳首を舐められるとお腹がビクッビクッとなるくらい感じてしまいました・・・。

「あっ・・・だめですよ・・・わたし乳首・・・固くなっちゃってる・・・」ジーパンを脱がされて
「あっ下はいや・・だめですよ・・・シャワー浴びてないし臭いですよ・・・だめ・・はずかしい・・・」パンツの上から指で愛撫されてグチョグチョに・・・

骨折で入院中若い看護師さんに騎上位で逝かせてもらった体験談

昨年 事故のため両手と右足骨折で入院しました。

その時の出来事です。
 
バイクで事故をした私はとある病院に搬送されました。

そこは片田舎でそれほど大きな病院ではありませんでした。

先生2~3名 看護師5名くらいだったと思います。

入院してからのある夜 

私は尿意をもよおし 看護師さんに尿瓶でしてもらう。

36にもなって結構 情けない感じでしたが仕方ありませんでした。

まぁ大の方はオムツ・・・

そんな生活にも少しずつ慣れてきましたが、収まらないのが性欲。

私は個室だったので 彼女が来たとき

フェラとか手コキでたまに抜いてもらっていました。

しかし彼女の親戚の葬式があったので実家に帰るとのこと。

その間1週間くらい。

普段彼女とは半同棲状態で会えばほぼ毎回Hしているような状況で、

正直、この入院はかなりツラかった。

高校生の時にどうしても初めての相手にしたいと思った先生に告白した結果…

俺が高校2年生の時に新任教師としてやってきた国語の吉野先生(仮名)

バレーボールでインターハイに出たというスポーツ好きな

特別美人というわけじゃなかったけど素朴な感じの人でした。


年が5,6歳も上だし、そもそも先生なので付き合いたいとかいう感情は最初は無かったのね。


でも授業なんかで話してみると天然ボケで可愛らしいところが凄く魅力的で

初めての相手はこんな人だったらいいなってボーッと考えてました。


で、そんなこと考え始めちゃうと毎日変なことばかり考えるようになって

授業中も透けブラとか下着のラインとかそんなのばかり見てました。


もう居てもたってもいられなくなって退学覚悟で先生に告白を決意。

妹にJKを紹介してもらった

今まではどちらかというと自分と同じくらいの女性と遊ぶ事が多かったのです
が、先月、友人の紹介で女子高生と遊びました。何回かデートしてエッチした
のですが、今までの女性は何だったんだろう...と思うほどそのコののカラダ
に夢中になってしましました。挿入時の窮屈感だけではなく、抱き心地といい
ますか...すっぽりと腕の中に収まってしまう小さいカラダは一段と興奮を掻
き立ててくれました。
そのコとは自然消滅といいますか、連絡が取れなくなってしまったので新しい
女子高生と知り合いたい!という事で、妹の美香(17才)にお願いして紹介して
もらいました。
年上の彼氏が欲しい!というコが何人かいるという事で、写メを何枚か見せて
くれました。物色する感じでいいですね♪
美香が「このコ遊んでるけどいいコだよ~」という一押しがいたので、紹介し
てもらいました。名前は沙耶といいました。

友達の里美ちゃんの旦那の精子を注がれて

何年か前の話ですが、友達の里美ちゃん夫婦がアパートを引っ越ししたというので遊びに行きました。土曜の夜で3人で飲んだので、車で帰れず泊まることにしました。里美ちゃん夫婦は二人で寝室で寝て、わたしは一人で居間に布団を敷いて寝ることに。
夜中に(お酒でお腹がゆるくなり)お腹が痛くなってトイレに行き10分くらいしてトイレ(男女一緒の洋式トイレでした)を出ると、里美ちゃんの旦那のMくんも偶然トイレに起きてきてバッタリ会い、「わっ!」と私はびっくりして「(音とか聞かれてたら恥ずかしいな・・・)」と思い、「トイレねっ、ごめんなさい」と素早く居間に戻ろうとするとMくんが私の腕をつかんできてトイレの中に連れ込まれました。

「イヤっダメっ!」と私は抵抗しました。トイレの中で声が響いて、里美ちゃんに聞こえるとまずいのであまり大きな声は出せませんでした。私は洋式トイレのフタの閉まった状態の上で座らされ、トレーナーのズボンとパンツを下げられてクンニされました・・・。
Mくんはズボンを下げ、オチンチンを出しました。すごく亀頭のエラが張っていてワタシの旦那より全然太かったです。フェラさせられて、さっき一緒に3人で飲んでいたMくんとは人格が変わっていました。「ここはせまいから居間に行こうよ」とつれられて居間の布団へ。

私は小声で「となりの部屋で里美ちゃんが寝てるよ・・・口でガマンして・・」とお願いしましたが「道家ちゃんとこんな事できるチャンスないからダメだ」と押し倒されました。電気が小さいのだけついていて体を見られるのが恥ずかしかったです。

たまたま会った好きだった女の子と海に行って勢いで襲ってしまった

高校時代の夏休みの話。


俺の家は海が近い。

しかし夏休みになったら家族連れが大挙して

訪れるような大型ビーチはない。

が、50メートル前後だろうか、

そのぐらいの小さな砂浜があるのだ。

って言っても満潮時には

浜の両端が海水に満たされてしまうんだから認知度は極めて低く

殆ど真夏でも人は見かけたことがない。


比較的遠浅で遊泳にも適してると思うし俺的にはお気に入りなんだけどね。


だから本当に地元の連中しか知らない穴場のような地元民の

プライベートビーチみたいなもんだった。

高校の現国の先玲子生と付き合った話

141 名前: えっちな18禁さん [sage] 投稿日: 2009/02/03(火) 00:49:39 ID:iRTYOfUz0
高校3年で推薦入試で先に進学先が決まった俺は
気楽に、それでもちゃんと卒業まで学校へ通っていた。
卒業式の前、皆、受験でほとんど学校には来ていなくて
その日の教室は俺のほかに同じく進学先が決まっていた
4,5人だけだった。
副担任の玲子先生は大学を出て3年ほどの現国の先生で
大学に入ったら、どんなことをしたいetcの気楽な話をしていた。

142 名前: えっちな18禁さん [sage] 投稿日: 2009/02/03(火) 00:56:48 ID:iRTYOfUz0
そのうち、玲子先生の大学時代の話になり、
その頃から付き合い始めた彼氏がいたけど
1年程前に別れたことを教えてくれた。

玲子先生は細身で、どことなく今で言う菊川玲に似てた。
(もちろん東大出じゃなかった)
自習といっても勉強するはずもなく、そんな話ばかりで
午前中を終え、午後はツレと遊んでいた。
帰る頃になり、校門を出て駅のホームで電車を待っていると
「○本くん!」と声を掛けられ、振り返ると玲子先生だった。

結婚したばかりの嫁が、同期と浮気して子種まで

私には今年4月に結婚した女性がいます。
名前はユリといいます。
年齢はお互い24で会社の同期です。
出会って半年後に付き合いはじめ、私が去年の年末にプロポーズし結婚することになりました。
お互いの総意もあり、今は子づくりに励んでおります。今のところ彼女に妊娠の兆候はないようです。
当たり前ですが、私は彼女をとても愛しており、彼女も私のことを好きでいてくれているきがします。
それと私はとても嫉妬深く、彼女が同じ職場の男性と会話をしているのを見るだけで腹を立ててしまいます。以前それが原因でケンカになってしまい、表に感情を出すのを控えております。(内心は以前と変わりません)
  
ちなみに私は今まで女性経験はそんなに豊富ではないため、セックスは淡白だと自分でも感じており、少しコンプレックスでした。彼女は芸能人で言えば北野きいさんみたいな可愛らしいタイプで、異性からももてており、私と出会う前にも複数の男性と付き合っていたようです。
セックスをしていても長持ちせずに、私がすぐに射精に至って終わるのが常です。特に彼女が気にする様子はなかったので、得に改善しようとする努力はしませんでした。

入院したら、見習い看護婦と入淫した

278 名前: えっちな18禁さん [sage] 投稿日: 2009/02/14(土) 00:36:12 ID:aAkHC46I0
今はなくなってしまったが、豊○市の病院に俺が入院した時の話。
その病院には隣に寮があり、見習い看護婦さんが昼間は看護学校
夕方から病院で働くという感じだった。
俺は20才の大学生だったのだが、入院患者は若い男が少なかったこともあって
看護学生たちは個室の俺の部屋へ来て、いろんな話をしてくれた。

279 名前: えっちな18禁さん [sage] 投稿日: 2009/02/14(土) 00:40:08 ID:aAkHC46I0
最初、俺は重病患者だったからICUに入っていたのだが、
その時に歯磨きを手伝ってくれたり、タオルで体を拭いてもらって
個室へ移った時には、若い見習い看護婦さん達も気さくに話せる仲になった。
そのうちの一人、背が低くてものすごく子供っぽい見習い看護婦さんが
俺のことを気に入ってる、という話を別の見習い看護婦さんから聞いた。

欲求不満でオナニーしていた義姉とのエッチ体験

僕は今、兄夫婦と暮らしている。
両親が事故で他界してしまった為、アパート暮らしだった兄夫婦が実家に戻ってきているんだ。
経済的には家賃を払わなくてすむので楽になって、嫁さんとしては助かった様子。


でも兄貴的には一気に通勤時間が長くなってしまい、いつも疲れている感じ。
残業が長くなってしまう時なんか帰ってこない事もしばしば。
だから家の中には義姉と2人でいることが多く、テレビとか見ながら仲良くやっている。
義姉の由紀さんは25歳の平凡な人。
美人でも無くブサイクでもない普通な感じ。
気さくな性格なので友達みたいに接していたんだけど、この前見てしまったんだ。

泥酔した同僚で可愛い美容師をお持ち帰りでセックスしたった

男女4対4で飲み会した時の事です。


俺が勤めていた美容室のスタッフの子に飲み会を頼んで女を集めてもらいました。


そのスタッフの優子(仮名)、優子の友達麻美(仮名)、舞(仮名)、舞の友達の紗弥加(仮名)の4人が来ました。


麻美と舞は優子の友達ですが、面識はないらしく、初対面みたいでした。


また紗弥加は舞の友達で、紗弥加は優子も麻美も初対面という、なんだか寄せ集めみたいな飲み会でした。


野郎は全員俺の連れで変態のみ集め出動しました。





スペックは優子は細川ふみえ似のあまり可愛くない娘ですが乳は負けてません。

Eは確実にありそうです。


麻美は浜崎を少しケバくした感じ。

でも生唾ゴックンの爆乳です。

キャバ嬢。


舞は江角似の色気はないけどキリっとした顔立ちの娘でした。


そして紗弥加。

相川七瀬似の華奢なすごく可愛いおねぇ系の娘でした。

会社の後輩が、俺のせいで客先でやられた

綾がうちの課に来たのは、たまたま寿退社した子がいて、僕にとっては、素
晴らしき偶然以外の何ものでもありませんでした。
綾は、今年大学を卒業したばかりの22歳で、身長が155くらい。細めだ
が、胸は大きくて、髪が長く、小西真奈美に似た、(もう少し瞳が大きいか
な?)清楚な感じのする、可愛い女の子であった。あんな子は、10年に一
度、いや、会社発足以来…と言う者もいたぐらいである。
当然のように、綾を全ての独身男性社員が狙っていたのかもしれない。(独
身以外も、狙っていたかもしれない。)
そんな綾を、僕はうちの課で、一番のクライアントの担当にした。
そして、残暑厳しき9月、決算を前にしてその事件が起きてしまったのであ
る。僕らは、もう少し数字が欲しかった。社内的には、好成績であったが、
ダントツの結果が欲しかった。そのことは、うちの課の皆が知っていた。
「綾、いつもご苦労さんだけど、どうだろう、あのクライアントは前倒しで
契約してくれないだろうか?」
綾は、人一倍頑張り屋で、うちの課でも、トップクラスの営業成績だった。
「私も、頑張っているんですけど、いまひとつ押し切れなくて、どうしたら
いいか、困っているんです…。」
「状況によっては、接待費使ってもいいからさ…、なんとかならないか
な?・・、あそこの部長は、僕が最初に担当したクライアントなんだよ。」
「え?そうなんですか?…だから、私に?…」
「そう、へんなクライアントには、付けられないから…」

会社の母乳人妻と濃厚なエッチをした寝取り体験

ついにこの間浮気をしてしまいました。
妻のことは愛していますが、妻がいろんな男と浮気を繰り返すので、自分も浮気したくなったのです。
私は39歳、妻は36歳です。
浮気相手は、なんと同じ会社の女性です。彼女の名前は真美、28歳で人妻です。
最近、出産をして復帰しました。以前からエロっぽい体つきに私は時々興奮していましたが、出産を経てますますいやらしい体つき
になっていました。

バイト先のリーダー的な美人の先輩に家に誘われて…

俺が高校1年の夏の話。


俺は春から始めたバイトにやっと慣れバイト仲間とよく遊び始めた。


バイト仲間と遊ぶのは自分が一番年下ってこともありなんでも新鮮に見えた。


そんな頃夏休みに入り7月の給料日にまたみんなでカラオケに行くことになった。


カラオケ店に着くとみんな飲み物を注文した。

俺は未成年のくせにカクテルを注文した。


今思えば少しカッコ付けたかったんだと思う。


俺はバイトの先輩の誠治君に今度女の子呼ぶから一緒にカラオケ行こうと誘われて

やたら盛り上がっていた。




しばらくして歌い終わった美樹さんが俺の隣にやってきた。


「こらぁ、また未成年が酒飲んでる」

「酒っても、これジュースみたいなもんですよ」

「生意気いっちゃってー・・・・・・・・童貞のくせにぃ」

「夏休みの間には卒業しますって」

美樹さんは俺の5つ上で、大学の三年生。

6年ぶりに会った元カレに誘われるがままに食事に行って当然の如くセックスしてきました

週に1度のフラのレッスンを終えての帰り道、駅の雑踏の中で、不意に後ろからポンと肩をたたかれた。


「さわちゃんじゃないか」

振り返ると、それは裕二さんだった。


白状しますけど、裕二さんは結婚前私がまだOLをしていたころ同じ会社にいた方で、そのころ私と彼はお付き合いしていました。

もちろん肉体関係も何回かありました。

いわゆる元彼です。


「本当に久しぶりだね。

元気かい?」

「もう、6年になるわね。

今は?」

「今、アメリカ勤務なんだ。

これでもロス支店長だよ。

本社で会議があるんで帰って来たんだ」

「アラ、ウチのもアメリカ勤務よ。

今はオハイオにいるの」

「こりゃ、奇遇だ。

じゃ、オレとさわは、淋しい一人暮らしってわけだ。

ハ、ハ、ハ、、、」

「イヤねぇ、、、淋しいって、なんのことかしら」

とりとめのない話をして分かれた次の日、裕二さんから電話があり、食事でもしようということで、私は出掛けました。

着替えをするとき、私はタンスの奥から淡いピンクのセクシーな下着を取り出して身に着けました。

主人に対するうしろめたさと、これから起きるかもしれないアバンチュールへの期待が混じり合っていました。

化粧品売り場の新年会でクソエロい女をお持ち帰りした

先週土曜日1F化粧品売り場の新年会に呼ばれた。

香水ぷんぷんの新年会

化粧もギンギン

服もエロエロ

総勢12人の匂いプンプン女

その中の男好きそうなエロエロ女が

俺の横で触りまくってくる

掘りごたつの中には、ミニスカから出てる太ももがムチムチ

太ももに手を突っ込みたい衝動に駆られながらも抑えつつ

盛り上がりまくって二次会へ

案の定、二次会も俺の横

横でカクテル飲みまくって泥酔状態

気持ちが悪いと言い出して、俺が洗面所へ連れて行く

大丈夫かと洋式トイレで背中をさすってやるとゲロ吐きまくり

妊娠した後輩との一度限りのエッチな思い出

可愛がってる会社の後輩が、彼氏の子供ができたと言ってきた。

「お前と一回やりたかったのにな」なんて笑いながら話してたら、「それ、結構本気でしょ?」なんて見透かされてた。



「…うん」と答え、しばしの沈黙。

「こないだの飲み会の時だったら、ラブホ行っても良かったのに」なんて、笑いながら言ってくる。

冗談なのか本気なのか女はわかんねえな、と困惑してる俺。



話題を変え、式は挙げるのか?病院は何処に決めた?と先輩らしくアドバイスに徹する俺。



突然、思い出したように

「ホントに、しても良かったんですよ」と言ってくる。

男女ペアで既婚の先輩と行った出張先での出来事

もう時効だと思うのでカキコさせてもらいます。


正確には職場といえるかどうか。

出張先での出来事。

うちの会社は出張が多いの

ですが、男女ペアになることはめったにない。

会社も気を使うのだと思います。


しかしその時はスケジュールの都合で、俺とMの2人で出張だった。

俺32歳既婚

M25歳独身♀。

俺とMは中途入社組で妙に馬が合い、何人かの仲間でよく飲みに

行く仲だった。

時にはY談もしたが、それは仲間内でのこと。


Mにも彼氏がいたし、恋愛感情などはなかった。

まあ美人だし好みといえば好みなのだが




出張先で一日目の仕事がおわり、一緒にホテルのレストランで食事をしてるとき

いつものようにY談になった。

ただ2人だけというのがいつもと違った。

夜のプールで出会った高校生と水着でエッチしたった

家から歩いて2分くらいの場所にプールがあるんだ。


市営プールなんだけど辺りに民家は少なく,センターの管理人も夜8:00頃には帰っちゃう。


毎年7月に入るとプールの大掃除があるんだけど,プールに僕の家が近いということもあって毎年参加している。

いつも掃除にくるのは年配の方ばかりだったけど去年は違った。


その日は暑かった。

サンダルにハーフパンツ,Tシャツ,首にタオルをかけて出かけたんだ。


そしてその女の子に会ったんだ。


僕が着いた時には7レーンある25mプールの水はほとんどなかった。

中では12〜13人ほどの人が棒ずりを持って壁面や床を磨いていた。

大学4年のとき、性欲に負けてJKとヤった

当時、僕(22歳、大学4年生)にはバイト先で知り合った彼女(17歳、高2)がいました。


彼女は149cmと小柄でロリ系・Cカップでバイト先では一番かわいかったのですが、女子高だったせいかそれまで付き合った経験がなく、処女の子でした。


22歳でまさか女子高生と付き合うことになるとは思ってもみませんでしたが、元来制服&かわいい系が好きな僕にとってはたまらない彼女でした。


そんなある夏休みの夜、家族とのヨーロッパ旅行を断ってまで家に残ることにした僕は、ここぞとばかりに彼女を呼びました。

制服をリクエストして…。

ミニスカエプロンの似合う兄貴の嫁さん

22歳で専業主婦をしている兄貴の嫁さんは何故かいつも黒いエプロンをしている。
それにミニスカートが好きなもんだから細身の体とあいまってエロイ事この上ない。
大学への推薦入学も決まり暇をもてあましている童貞野郎のオレには目の毒でしかない。
義理姉の美香さんは色白美人で身長が高く、スタイルがとてもいい。
ミニスカートから伸びる長い足、形のいいヒップ…
キッチンで料理をしているうしろ姿を見ながら、いつもいけない妄想ばかりしていた。

義弟のオナニーを見てしまい

主人は、九州出身で男ばかりの3人兄弟です。
去年の冬、主人の一番下の弟が大学受験のために、京都に住む私たちのところへ1ヶ月ほど泊まりに来ることになりました。
弟は、主人よりハンサムでしたが、私も結婚して2年目になったばかりなので、彼を男性として意識したりはしていませんでした。何より、まだ高校生の彼が子供に見えたし。
彼が来てから1週間ぐらい経った時、主人が入れ替わりに、東京に3日間の出張をすることになりました。

| ホーム | 次のページ>>
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。