FC2ブログ

職場の38歳子供二人持ち人妻とのエッチ体験談

職場の38歳子供二人持ちを食べました。

旦那単身赴任中とのことで、夕食を誘ったところ、近くの実家からお祖母さんが子供の面倒をみてくれる日を指定されて、すんなりOK。

近くにある隠れ家風の個室居酒屋に入る。

最近は半個室~完全個室まで細かく仕切った居酒屋が多いので、込み入った話も周りに聞かれることも無くこういう場合にはお勧めです。

徐々にエロ話に持ち込むと案の定食いついてきた。

浮気にも興味アリで男性経験的には結婚まであまり遊ばなかったのと、多少のアブノーマル話は主婦仲間からいつも興味津々で話を聞いているようで色々質問されました。
(ちなみに自分はスカ以外はそこそこ経験済なので、そういう体験談を色々話した)

オールナイトで入ったマンキツでのエッチ体験談

こないだオールナイトで入ったマンキツで
俺のブースの隣の隣のブースが女の子だった

俺とその女の子以外周りに人が入っているブースはなかった
 
 
本棚のとこでチラっと見かけたけど身長は高いけど胸が大きい女の子
顔はビーバー系だったな、ブスではない感じ

青のタイトなミニスカートに生足、胸元が大きく開いたTシャツみたいの着てて胸がめっちゃ強調されていた

俺は凄く彼女の事が気になっちゃってさ、寝れずに起きてたんだけど
暫くするとスースーって寝息のような音が聞こえたんだ

カミさんの妹と・・

カミさんが子供産んで実家に帰ってる時、
カミさんの妹と・・・・した事は有る。
俺にとっては良い想い出だけど。


結婚して2年目に妻(留美子)が妊娠した。
無事に男の子が産まれ、1週間後退院し、そのまま実家に帰った。
留美子の実家は、俺の住んでるF市から車で2時間くらいかかる所にある。
だから最初の日は泊まったが、仕事を休む訳にもいかず、自宅で独身生活を始めた。

独身生活は久し振りだったが、別に不自由も感じなかった。
10日くらいしてかなぁ、留美子の妹の紀子から電話がかかって来た。
紀子は留美子の3つ下、23になるOL。

出会った頃は人妻だった

俺は、地方都市の工場で働く22歳だ。
田舎なので、社員寮の周辺にはパチンコ屋ぐらいしかなく、普段の休みはゲーム三昧。
今日は(気分転換のつもりで)寮の最寄駅に車を停め、電車とバスを乗り継いで、
とあるショッピングセンターにあるシネマコンプレックスに映画を見に行くところだ。

営業や配達で毎日のように車に乗っているので、今日ぐらいは運転から解放されたい。
郊外ショッピングセンターへは、ターミナル駅からバスに乗り、40分。
iPodのイヤホンを耳に挿し、発車を待っているとスタイルがよく、上品な女性が乗り込んできた。

職場のバイトの女子○生とのエッチ体験談

俺 168 60 33歳 会社員 妻子あり TOKIOの山口達也似
相手 160 40くらい? 18歳 女子高生

最近残業が多くて嫁ともケンカが多くなりついつい出会い系に… そこで同じ市内の18歳の若い子に「一緒に食事でもどうですか?」と送ってみた。
返事はちょっとしてから返ってきて食事だけならOKとのこと。
それから会社の愚痴や女の子の学校のことのやり取りをして次の日仕事が休みだったので食事に行くことに。

事前に俺の写メは送っていたけど女の子の写メは拒否されちゃいました(-д-;)
そして待ち合わせ場所に時間通りに到着。女の子はまだ来てません。
10分くらい待ってると向こうから見慣れた顔の制服姿の子が… 俺が店長しているファミレスのバイトの女子高生が近付いてきたのです!

大学時代の友人に妻を

俺24歳 嫁28歳です。私はいわゆる寝取られスキー・・・
っていうのか寝取られ想像好きいうか、このスレは良く覗いて
はいたんですが、まさか自分がこんな状況におかれるとは思っ
ても見なかったです。
 
 
 事が起こったのは先週金曜。大学時代の友人二人と飲みに行っ
た帰りにどうしてもというので家に寄った時の話です。
他人を家に上げる事を極端に嫌う嫁(家の両親すら上げたがらない)は飲
み屋からの俺のTELに案の定大反対であったが、何とかお願いし
て了解してもらった。

大抵、一度家に上げてしまえば何とか機嫌よくは接してくれる。
まあ、帰ったあとは怖い訳だが・・(笑)事情があり結婚式を内輪だけで行ったたため、
高校・大学の友人連中は俺の嫁に非常に興味を持っているらしい。
 で、俺の寝たうちに・・・始めて、気が付いた俺が大立ち回りで
なくて・・・・チキンぶりを発揮するという話なんですが聞きたいですか?

女友達となりゆきでコスプレセックス

ある日コンビニの前で女友人とカラオケへ行く為待ち合わせをしていた所友人から『30分遅れますごめんなさい』とメールが入った。

その友人は32歳で中学の同級生。まだ独身でOLをしている。

頻繁に会って遊ぶのだが身体の関係はなく、本当に仲の良い異性の友達と言う感じ。

何で時間を潰すかと考えていると、通りを挟んだ向い側にゲームセンターがあった。

ちょうどいい暇つぶしだと思い中に入ってみると景品がとれるキャッチャー系のやつがたくさんあったからやってみる事にした。

そしたら取れる取れる!自分にそんな才能があったのかと思わず嬉しくなって、がんがんお金を使ってしまった。

欲しくない物が大半だったが、取れるものだからどんどん取っていった。

ロリ系なアルバイト女子大生とのエッチ体験談

僕が働いてる会社ではアルバイトで大学生を雇っているのですが、その中で一際胸のでかいロリな子(18歳、大学1年)がいます。

その子は自分の武器をしっかり理解できてるようで、いつも胸元が開き気味のワンピースやブラが見え気味のゆるいTシャツといった格好でした。

そんな服装ということもあって、社内ではエロい目線で見られており、飲み会などでは必ず話が出てきてました。

もちろん僕も例外ではなく、その子を見る度に「エロい身体してるな…」「こんな子抱きたい…」と思ってました。

そしてある週末、ダメ元で食事に誘うと、予想外に「いいんですか?誘ってくれて嬉しいです♪」と好反応。

そして、食事からの帰り道にお酒の勢いで告白すると、「私なんかでよければ喜んで♪」と言われ、有頂天なまま一緒に自宅へ…。

娘の友達のお母さんとのエッチ体験談

先週、娘の通う保育園の父母会の懇親会がありました。
いつもは妻が行くんだけど、急遽都合で行けなくなったので、私が行くことになりました。
飲み会が始まって1時間を過ぎたあたりからみんな席をよく変わるようになり、
私もそれに乗じて、前から目をつけていた母親の横に座りました。
その人(K子さん)は娘と同じクラスの子の母親です。

K子さんは、背はあまり高くないが、スリムなうえに胸が大きく、顔は岡江久美子に似た感じです。
今まで挨拶程度しか話したことがなかったのですが、話してみると結構ノリがよく、
もしかすると下ネタいけるかもと思い、夫婦生活の話になったとき、
「いやーうちはレスだから」と話を振ると、「うちもなんですよねぇ」と話に乗って来ました。
これはいけると確信し、少しづつソフトな下ネタワールドを展開すると、どんどん乗って来ます。

彼女の妹の彼氏と計画して

私と私の彼女の有香は大学が同じで、2人とも今年で20歳です。

有香は童顔で身長も小さく155cmで、胸もまあ、許せるくらいでしょうか。

彼女には1つ下の妹、有希がおります。

有希は165cmくらいでスーとした綺麗系のかおです。

有希には21歳の彼がおり、彼の家に同棲しております。

先日、その彼の家におじゃまし、夜遅くまで、酒を飲みつつだべってました。

その彼とも親しく話すようになり。

酒が切れたときその時の雰囲気でなぜかその彼と買物に行くことになりました。

流されやすい俺

俺がまだ大学生だった時の話。アルバイト先に森という後輩がいた。
彼は俺より学年は2年下(俺は浪人しているので年齢だと3つ下か)。
大学は違えど、バイト先で意気投合、妙に気が合った。明るくイイ奴だった。
彼とは住んでるアパートが近かったのもあり、よく互いの部屋を行き来して安酒かっくらってたっけ。

当時の俺の彼女・美喜も上戸だったんで、三人で飲むって事も多かった。
そんな森に彼女が出来たのは、彼が大学2年の初めの頃。
森の所属するサークルの新入生で、男どもの人気を独占していた子だったそうな。
そいつらとの争奪戦の末、森が彼女の心を射止めたのだ。

森にとっては生まれて初めて出来た彼女だったらしく、付き合う前から俺は何かと相談を受け、
アドバイスを求められたし、付き合い出してからはいろいろと惚気られた。
まあ、嬉しそうに彼女の話をする森が微笑ましかったよ。
俺と美喜で、「早く俺たちに彼女紹介しろよ。四人で飲もうぜ。」
ってよく森にからかい半分に催促したもんだった。
その森の彼女、沙希を直接紹介されたのは夏頃だった。

ほんのちょっとの勘違いから

始まりは、ほんのちょっとの勘違いからだった…
「家庭を壊さない程度の付き合い」その言葉の意味を、お互いが取り違えた。
職場の忘年会で二次会のカラオケが終わり、そろそろお開きか?そんな空気が流れていた。
飲み散らかしたグラスを集めたり、本を揃えたりと、カラオケルームの片付けをしていた私は、
いつの間にか置いてきぼりをくっていた。気が付くと、コートを着かけている彼と二人きり…。
ちょっぴりどぎまぎして、そそくさとその場を去ろうとした。

リモコンを手に持ち、視線を落として、さりげなく彼のわきを通り過ぎる…はずだった。
足元の視界に、前から誰かの足が近づいてきた。
そう認識した瞬間、私の唇がすくい上げられるように唇で持ち上げられた。彼の唇で…。
『!』体が凍りついたようにこわばる。

旦那の弟との不倫エッチ体験談

28歳、結婚3年目の主婦です。
去年の秋に夫が突然の転勤で仙台に転勤になりました。
子供もまだなので一緒に行こうとも思ったのですが新居を建てたばかりなのと、
転勤といっても1年間の研修みたいなものだからということで夫は単身赴任することになりました。

私たちは自分で言うのも何ですが仲が良く、旅立つときにはお互いつらくて泣いてしまったくらいです。
やさしい夫は、なるべくたくさん帰るからということで、最初のうちは頻繁に帰っていたのですが、
やっぱり無理があったようでひと月半ほどで過労でダウンしてしまいました。
そんなことがあってから私も責任を感じて「私の方は大丈夫だから、気を遣わなくていいよ。」
と帰ることを断るようになりました。

職場の同僚人妻と濃厚エッチ体験談

ひょんなことから職場の同僚の女性とメール交換が始まった。
30代前半にしてバツイチになってしまった俺は、女性不信に陥っていてやけっぱちな状態で、このメール交換が後々まで続く関係になるとは思ってなかった。彼女は既婚で子梨、数年前から知ってはいたが、職場の華みたいな女性で正直俺なんかには目もくれないだろうって思っていた。
趣味の話や他愛もない話から、だんだんお互いの身の上話になり、勿論自分の離婚の話とかもした。
以前は正直性格がきついのではないかと変に誤解していたが、なかなかとうして素敵な女性だなと思い始めた。
ただ、このときはまだのメル友だと思っていた。

メール交換してるうちにお互いに好意を持ってるということは伝え合った。
でもなかなかそこから進展しなかった。
数ヶ月そういう状態が続いたが、向こうからデートしたいと言ってきた。
さすがに相手は人妻だし どうしようかと思案したが、離婚してしばらく女から遠ざかってた俺に断る理由なんかなかった。

酔って会社の先輩に

女ですが、書いても良いですか?

一月前くらいに、彼以外の人にされてしまいました。
彼と私は職場の同僚で、された人は彼と私の先輩です。
一緒に仕事もしてます。 私が酔いつぶれたときに、お持ち帰りされたというか、、、
そんな感じです。
 
 
彼にはまだ言ってませんけど、別のところからバレるくらいなら、
言ったほうが、、、って思って悩んでます。

言ったら、どういう風になるのか教えてください。
殴られたりしますか?

彼氏持ちの巨乳のアルバイトちゃんと中出しエッチ体験談

当時、オレは勤めていた広告関係の会社を独立のため退社、その後フリーランスとしてその会社に出入りしてました。

あ、三年ほど前のお話ね。そんな気楽な立場ゆえ、かつての後輩社員たちとやたら飲みに行くようになり、中でもYというアルバイトのコにメチャクチャ懐かれたんですよ。

慕われる、ではなく懐かれる、ですけどね^^;

Yは22歳、小柄で親しみやすい甘えん坊というか、末っ子的な性格?

(だから懐かれるままにしていたってのもある)

で、見た目は乙葉をちょっとクールというかアート系にズラした感じ。

ナンパされてエッチから始まった恋愛

今から二年程まえの話。
その頃の私は、旦那とうまくいかず、だが、経済的理由もありなかなか、離婚に踏み切れないでいた。

もう、修正のきかない関係とわかっていたのに…
パートもわざわざ日曜に入れたりして旦那とも顔をあわせないようにしていた。
毎日、家に帰りたくなかった。毎日あてもなく、街をぶらついて時間をつぶした。
そんな時、出会った人が彼だった…。

当時、家に帰るのが嫌で毎晩のように寄り道していました。友達を誘ってご飯を食べたり。
でも毎日とはいかず、一人で時間つぶすコトが多くなりました。

私はお酒があまり飲めないので、パチンコ屋に寄ったり、カフェで時間をつぶしたり、たまにはナンパされてついて行ってしまうこともありました。
正直一人で間が持たなくてというのもあり、また半分ヤケで何かで気を紛らわしたかったのかもしれません。

そんな時、街で偶然、声をかけてきたのが彼でした。
「ねぇ、一人なら一緒に飲みに行こうか?」
歳はたぶん、私より少し若いかな。
詳しい歳はあまり若くないので勘弁してください。三十路とだけ言っておきます。

婚約者がいるのに他の男性と生でエッチ

友達のTちゃんと彼氏K君は付き合っていて、最近仲がうまくいっていないと聞きK君の相談に乗ってあげました。
私自身も婚約者がいて、今は式の打ち合わせなど準備で忙しいのですが、平日の夜だったら時間があったので話を聞くことにしました。
どっちが悪いとも言えない感じで、ずーっと話を聞いてました。

バーのようなところでお酒も飲み、終電の時間に間に合わなくなってしまいました。
タクシーでは遠すぎるし、どうしようと話しているとK君が「ホテルで泊まるか・・・」
「えぇっ!?私、婚約してる人いるし、K君もTちゃんがいるじゃん」と答えると「何もしないからさ」
お酒に相当酔っていた私はK君に寄りかかりながら
歩いていたくらいで、早く横になりたい気持ちでいっぱいだったのは事実です。

彼女の浮気DVD

自分(27歳)には美佳(20歳)という彼女がいました。
飲み屋で働いていた際、美佳がお客さんとして来たのがきっかけで知り合い、
付き合うことになりました。

美佳はよく親友の優ちゃん(20歳)と一緒に自分の店に遊びに来ていました。
美佳は身長160cm胸はDカップ、細身の色白で結構カワイイと思います。
優ちゃんは美佳より身長は低く細身な感じ、結構モテるコでしたが彼氏はいませんでした。
美佳はもちろんですが、2人ともすごくいいコでいつも自分の前で楽しそうに笑っていました。

妹と無計画な旅行に

「どこか遠くに行こう!」
免許を取ったばかりの妹がこんな事を言ってきたのは、連休初日の事だった。

妹は19歳の学生でつい先月の夏休みに運転免許を取得した。
俺は23歳で社会人1年生、これまでの貯金を頭金に今月ようやく車を購入した。
といっても中古の軽なのだが、5年落ちだがオプションフル装備でETCもついている。

軽なんてって思っていたが、なかなか愛い奴。そんな宝物が心無いモンスターに狙われていた。
妹とは普段から仲が良かったが、連休一緒に旅行するなんて事はしたことがない。
それなのに「何で突然?」と聞いてみると大学の友人は帰省してしまったし、
高校の時の級友たちも各々予定が入っている。そこにきて格好の獲物が目の前に…という事だ。

別れ話のあとのSEXが最高に気持ちよかった

別れ話をした日、彼の所に泊まる予定になっていたので、そのまま同じ布団で寝た。

夜中、多分3時頃だったと思うけど、彼が私の下着の上から手を触れてきた。
別れ話をした事もあって私は眠りが浅かった為に、すぐ気が付いた。
ドキドキしてる私にキス。彼が舌を入れてきた。
私も舌を絡ませる。

そして彼の手は私の胸に。乳首をつままれ、すぐに声が出てしまった。
私が乳首に弱いことを知っているので、 いつも乳首は念入りに愛撫してくれた。

この日も乳首を痛いくらいに抓まれたり、 指の腹でさすられたり…。
自分でもどんどん下半身が濡れてくるのを感じていた。
彼の唇は私の首筋を通って胸に降りてくる。

彼の唇が乳首に触れた途端、もう他には何も考えられなくなった。
乳房全体を手で揉みながら、歯を使って噛みながら乳首を吸われる。
もう片方の乳首も手でコリコリされ、その度に下半身が疼く。

童貞の俺が彼氏持ちの女を寝取った話

俺はずいぶん遅くて26歳の時が初めてだった。
それまで付き合った女や微妙な関係になった女はいたが、
超奥手だったりちょっとヤンデレみたいな感じな風変わりな女だったりしたので、
リアルで出会う女には縁が無かった。

そんな中、もう10年以上前の話で今もあるかどうか分からないけど、
某メジャーなWebチャットで知り合った女がいた。
5~6コ下の女でほぼ毎晩チャットで話をしてたけど、
暫くして連絡先を交換するまでの仲になった。
チャットでも話してたけど電話も頻繁にする様になって色々話を聞いた所によると、
彼女は一人暮らしで、どうやら彼氏がいるらしい。
でも何だかうまくいってないとの話だった・・・。

それから1~2ヶ月くらい連絡を取り合ってて、
彼氏いるしやっぱちょっと疎遠になりつつあるかな?と思ったけど、
その彼女がどうも俺との連絡を断ちたくないらしい事に気付いてからは心理的に急激に近付いた。

教師志望の女子大生とのHな体験談

あれは去年の今頃の出来事。大学に入ったばかりの俺は、先輩に紹介された
塾で講師のバイトをすることになった。待ちに待った大学生活!ということで俺は
浮かれ気分で、塾講師のバイトも大いにはりきっていた。

その塾には正講師になるための研修期間があり、研修生同士で授業のやり方や
黒板の書き方を練習し合っていた。俺は板書が下手だったので授業後にひとりで
板書の練習にあけくれていた。

そんなある日のこと、いつものように練習していると、
「あれ、O君まだやってるの? 」と後ろから明るい声が。
チョークの手を止め振り返ると、小野真弓似のSさんがいた。

Sさんとは挨拶くらいしかしたことがなかったので、話しかけられて俺はびっくり。
話をしていくうちにSさんが ふたつ年上で教師志望の大学生であることなどを知
った。それがきっかけで話すようになり、挨拶プラスアルファ程度の話はするよう
になっていた。

Dカップ園児のママと朝までエッチ体験談

当時、20代最後の夏を謳歌したい欲求不満気味だった俺は、生命保険の出入りの兄ちゃんに、合コンセッティングをお願いしまくっていた。
 この兄ちゃん(仮にN君)には、何度も合コンを過去にお願いしており、その都度、期待を大幅に裏切られていたわけだが、それでもN君に再びお願いしてしまうあたりに、俺のルックスの限界が分かるってもんだ。

 数日後、N君から吉報が。
 どうやら、数少ないコネから合コン相手をなんとか確保したようだ。
 聞くと、相手は主婦とのこと。オッケー、オッケー。全然オッケーよ。
 でも、一応年齢を確認すると、連絡をとったのは30代後半らしいが、連れはもうちょい、若い女性が来るかも、と。
 で、問題になるのが、人選。
 N君曰く「5人くらいかな?」などとアバウトな返事。
 とりあえず、うちの上司T部長(30代中頃)、同僚M(30歳)、俺、N君、N君の上司(推定30代中頃)の5人で出撃することに決定。
 土曜日の夜、神奈川県の某駅前に向かった。

<<前のページ | ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top