FC2ブログ
年齢認証お願いします18歳以上

mixiで知り合った女に中出ししてた体験談

昔、ミクシィがまだ知り合いからの招待制で、人数も多くなかった頃、関西の女の子と仲良くなった。

東京に来たときに実際に会うことになって、携帯やプリクラで撮った写真は可愛かったけど、写りが良いやつを選んでるんだろうなって思っていたら、実際に会ってみたらそれ以上に可愛かった。


「泊まる所きめてるの?」って聞いたら
「まだ」って言うから、じゃあうちにおいでよ。
って言ったら着いてきた。


当然やることはやったんだけど、
「生で入れて良い?」って言ったら
「え~生はアカンて」って言いながらも、
実際に生で入れたら嫌がる気配もなく、あんあん言ってる。

ちょっとだけのつもりだったけど、抜いてゴムを付けるタイミングを逃しちゃって最後までやった。
出すときに「中に出したい」って言っても「中はあかんて」と、生で入れたときと同じ調子で言ってる。

文字だと伝わらないけど、misonoみたいな下品な関西弁じゃなくて、おっとりした感じで凄い可愛い。

凄くモテた貧乳の後輩の処女をいただいた体験談

大学の同サークルで2年後輩の萌(仮名)は目が大きく、口が小さい童顔。

身長は150cmぐらいで体も小さかったが、服を着ていてもAカップと分かる貧乳だった。(AAとかだったかも知れない)

つまり顔から体まで完全なロリ体系。

また、お嬢様っぽい雰囲気を持っていて、下ネタなどの話題になると嫌悪感を出す事もしばしば。

そんな雰囲気に加え、性格が良い・明るい・可愛い、と大人気の後輩だ。

「誰々が萌に告白した」
という類の話は日常的だった。


萌は俺のタイプだったが、俺には彼女がいたし、競争率が高すぎて最初から諦めていた。

そんな俺を安全と判断したためか、萌はよく色々な相談をしてきた。

そんな関係のまま、俺は社会人になった。

大学に入って3つ上の従姉と付き合い始めた体験談

私が大学に入学した時、東京に居た親戚は従姉妹のアキだけでした。
東京には兄貴も居たんですが、私と入れ替わりで卒業し、九州に就職しました。
兄貴が、家財道具を殆ど置いていってくれた部屋をそのまま借り受け、快適な学生生活が送れる気がしました。

大学にも少し慣れ、友達らしき者も出来、遊びも多少覚え始めた頃、或る土曜日に、アキから電話が掛かって来ました。

私のオフクロから連絡が有って、私の事を宜しく頼むと言われたとか言って来ました。実際はアキのオフクロさんと私のオフクロが話してる時に、話のついでに私が東京で1人なんで「アキちゃんにヒロシ(私)の事宜しく頼むって言っといてね。」なんて会話だったらしいんですが・・・

友達の彼氏に「好きだったんだよ」と言われて

今私は大学生です。
大学の同じクラスに1年ちょっと付き合ってるカップルがいます。
私は彼氏くんとも彼女さんとも友達でよく相談にのったりのろけ話を聞きます。

1年ちょっと付き合ってはいますが、彼女さんは今の彼氏くんが初めての彼氏で、純粋な子でエッチなんて論外なレベルです。
キスやボディータッチがやっとみたいです。

彼氏くんは浪人してるので年上でチャラいけど大人な感じです。

前置きが長くなりましたが本題です。


先日、私は彼氏くんの話を聞くために彼氏くんと私、2人で飲みに行きました。
初めはもちろん彼女さんの話やら共通の友達の話やら、たわいのない会話でした。

飲み放題でしたので私も彼氏くんもそれなりにお酒が入り、良い感じに酔っ払ってきました。


彼氏くんが少し乗り出して話ながら私の髪を触ったり、ほっぺをつねったりしてきました。
彼氏くんはクラスの飲み会とかでもだらし無いので特には気にせず、ただ彼女さんに悪いなーくらいでした。

我慢できずに義妹とセックスしちゃった体験談

弾みで義妹とやっちゃった。

深夜に帰宅し風呂に入り、台所に行くとパジャマ姿の嫁が洗い物をしてる。いつも通り、「ただいま」って後ろから抱きついたら、義妹だった。
遊びに来ていて、嫁のパジャマをきていたらしい。

いつもそんなことしてるんですかぁ、なんて白い目で見られつつ・・・

遊びに来てると言うか、嫁のつわりが酷くて手伝いに来てたわけで、おっぱいを揉んじゃって動転してる俺にビール出してくれて雑談するはめに。

大学生なので学校の話やバイトの話などなど・・・
っても、こっちは上の空なわけでして、それに気が付いた義妹は、
大丈夫だよ。姉さんには黙っとくからって笑いながら言いつつ、そんなに姉さんに似てる?って聞いてきた。

Q2で知り合った女子大生と疑似痴漢プレイの思い出

それはQ2絶頂期、社会的問題になり、公衆電話からかけられなくなりつつあった頃。
当時私が住んでいたアパートの向かいの公衆電話が、まだQ2に使えたこともあり、Q2カットしたにも関わらず、夜な夜な電話へ行っていました。

多分その番号はもう使われていないでしょう。
(番号も忘れたけど)フツーの伝言です。
男性のオープンにぶっこめる。
女性のオープンが聞ける。
プライベート・ボックスに相手からの伝言が入り、それを聞いてまた伝言をかえす。
もしくは直電番号を入れる。
今と変わりはありません。
私もフツーの伝言を入れていました。

旦那の単身赴任中につまみ食い

じゃあスペックからいってみましょうか。

私 32歳 女
黒髪、色白
152cm
Bカップ

見た目は国仲涼子に似てる。

現在、旦那が単身赴任中で、東京でのんびり自由な一人暮らしをエンジョイしている私。

ヒマを見つけては適当にいい男をつまみ食いして、思う存分に欲求を発散させている。

先日も出会い系サイトで見つけた男とセックスを楽しむべく、気分をワクワクさせていた。


約束の時間は深夜の2時だったんだけど、果たしてこんな時間に相手が現れるのだろうか、スッポカされたのかな、と少々不安な気持ちに駆られ始めた頃、少し遅れて待ち合わせ場所に車で男は現れた。

とりあえず冷やかしじゃなくてよかったw

涙を流しながらフルボッコ【寝取られ体験談】

遅れましたが投下させていただきます。

当時のスペック
俺人・自分
マキ・彼女仮名

俺めったにキャバとか行かないんだけど、付き合ってた子と別れたばっかりな上に当時クリスマスで寂しかったから、後輩連れて飲みにいったんだ。
後輩が「浜崎あゆみ」に似てる子いるっていうから見たくてね。

まあ、似てなかったんですよ。
そんなもんか?とか思ってた所に遅れて来たのがマキ。
初めキャバ嬢は髪の毛巻いてたり派手な化粧するイメージが勝手にあったもんだからマキを見て「えっ?」と思った。

行きずりの酔っ払いOLをお持ち帰りして中出しした体験談

昨日の話です。
仕事を終え、会社の先輩と晩飯がてら軽く飲み食いした後、近くを通りがかった友人A子を巻き込み、カラオケへ。
カラオケをひとしきり唄い終え、酔いも覚めたことから、友人A子のマンションまで車で送ることにしました。

その道中、ふと外に目をやると1人の女性が反対方向へ歩道を歩いていました。
夜中の3時です。
背が高く、髪はロング、まさに大人の女性の雰囲気をかもし出し、私の興味をひきました。

しかし、私は友人A子を家まで送る途中だったため、その興味を振り払い、A子を家に送り、また来た道を戻ることにしました。

高3の夏のこと…弟としちゃいました【近親相姦】

高3の真夏のことです。親が親戚の結婚式にいって、一晩だけ私と弟と二人で過ごしたとき、Hしちゃいました。

弟は高1で、高校になってからなんとなく、急に男っぽくなってきて、朝とかあそこがとがってるの見かけたりしてたので、私のほうがちょっと弟に興味ありありでした。

弟とは小学6年までお風呂にはいってたけど、ひさしぶりに入りたいなあ、って思って、軽い気持ちで「いっしょに入ろっか」って声をかけました。

弟も「いいよー」とかいって、さっそくお風呂わかして、二人で入ったんだけど、おたがいすぐにどきどきしてました。
弟は、私の胸(Dカップあった)気になってしょうがないし、私は、弟のがすごく大きくなってるのをちらって見ちゃったから・・。

ナンパしたお股のゆるいJCに中出し

少し前の話です、俺が大学生の頃。

大学生の頃は同年代よりJCやJKをよくナンパしてた、だって話し掛けやすかったから(笑)

ギャル風なのはNGで、普通な感じでミニスカの子を狙ってた。

取りあえず、その中でも印象に残った子との話を書いてみる。

大学生時代のとある夏の平日、ブラブラして女子中高生を物色してたらムチムチしたショートカットのミニスカ制服の子を発見! 即ナンパ(笑)

精子大好きな人妻の不倫中出し体験

お坊さん(彼の愛称)とセックスするようになってからもうすぐ4年。

飲み会の席で誘われ、なんとなく雰囲気で抱かれてしまって、その時だけの気の迷いで、お酒のせいもあって、主人に申し訳なくて、子供の目を見られなくて、とても後悔したんです。

抱かれた後で涙が溢れてきて本当に後悔して、もう二度とお坊さんとは逢わないって心に決めていたのに、本当はお坊さんからのメールを心待ちにしていた私・・・。

1週間程経過してから、突然電話が来て『逢いたい』って言われた時には、もう全然迷いもなく『私も逢いたかった』って速攻で応えていた。

下着フェチなお坊さんのために、セクシーな下着を買い揃え、念入りにシャワーを済ませて、待ち合わせのお店へ。

妻を寝取られさらに輪姦されてました

私の妻知子は先月35歳になったばかりの美人ではないけど、かわいい

感じのスラッとした、スタイルのいい女性です。

妻は私と結婚する前から、ある製薬会社で働いています。

私の職場でも妻の会社の医療機器を使っているため、消耗品等の部品を発注することがよくあり、世間で言うお得いさんになっています。

そのためか、うちの担当者から一泊での慰安旅行件忘年会に誘われました。

その担当は、私とそこで働いている妻が夫婦であることは知りませんでした。

つまり結婚した後に入社した新人さんがうちの担当だったためです。

私も妻の会社の社員旅行なんて行った事がなったので、楽しみにして

妻を驚かせようと、内緒にしていました。

えっちな人妻に童貞の僕はますます興奮

大学3年の時のこと。

研究室の事務員さんは、幾つ位年上だったのかなあ。

結局年は教えてくれなかったんだけど、たぶん20代後半くらいか30前半くらいだったかと

思う。もう結婚されてて、でも人妻って感じは全然しなくて。

同世代の学部生にはない落ち着きをもってる人だった。

よく研究室で飲んだりしてたのだけど、学生や教授たちと一緒に杯を重ねて、いい気分で

ほろ酔ってる姿もそれまでよく目にしていて。

無防備な近所の人妻を寝取ったエッチ体験

ある日、家の坂道を降りながら、おばさんの家の前を通りかかると、偶然おばさん出て来た。
「カズ君!今から何処行くの?」
久し振りに話しかけられて焦った俺は「ん~ちょっと」と答えた。
何度、このおばさんのマンコを思い出し抜いた事か分からない俺は、やはりおばさんの体を
舐める様に見てしまっていた。長いロングスカートの中が気になって仕方ない。
心臓がドキドキして破裂しそうになりながら、おばさんを目で追っていました。
「どうしたの?」
「ん~ちょっと・・・」
「カズ君も大きくなったわよね。昔はこんなに小さかったのに」
おばさんが近くに寄って来て、俺の隣に立ち背比べをしていた。

| ホーム | 次のページ>>
Page Top↑
▲ Page Top